就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

公務員試験

国税専門官の人事院面接に受かるには?落ちる人の特徴は?

国税専門官の面接は毎年非常に大変みたいです。ここは他の試験種と比べてストレス耐性がよく見られていると聞きます。それが合否を分ける1つの基準にはなりそうです。つまり、ストレス耐性がないと思われた、ストレスを溜め込みやすいとか、ストレスに負け…

公務員試験の面接対策をどれだけやっても運次第は避けられない

公務員試験の面接対策は非常に難解です。難解というのは、民間企業の面接もそうですけど、なかなか正解がないということですよ。面接っていうのは基本的にそういうものですけど、一部客観的に見て、「この人はどこでも受かりそうだな・・・」って思えるような…

公務員試験で「気になるニュースは?」←聞くのやめないか?

公務員試験、または就職活動において「最近、気になったニュースは?」や「最近、関心のある話題は?」と聞かれることもあるでしょう。これは悩むんじゃないですか?どういう回答が望ましいのか?どういう回答をすると評価してもらえるのか?結構難しいとこ…

公務員試験の志望動機が少子化対策や子育てな受験生の懸念点

公務員試験を受けて、これから面接を受ける人もいるかもしれません。公務員になりたい動機は人それぞれだろうし、当然そこは面接でも聞かれるポイントだと思います。だから、誰もが公務員になりたいと思った理由は考えてくるはずです。中でも、少子化とか、…

問題持ち帰り不可の地方上級や国立大学法人で過去問が存在する謎

公務員試験にはいろいろあ試験種があるのだけど、その中でも特に地方公務員の試験を受けたことのある人なら1度くらい疑問に思ったことがあるかもしれません。それは実は筆記試験の問題用紙は持って帰ることができないのです。これは正直言って衝撃でした。…

公務員試験は結果的に高学歴の受験生の方が多く合格している

公務員試験と学歴は関係ない!とよく言われるほうが多いと思いますけど、これはどうなんでしょうかね?各試験種の合格者、採用者を見てみると、コネ採用を除けば、やはり高学歴、有名大学卒業の人が多くの人数を占めているようなんです。特に私立大学で言え…

公務員試験の面接でよく聞かれる、頻出だけど謎の質問

公務員試験の面接では、よく聞かれることも多く、頻出と言えるような代表的な質問も置くあります。実にいろいろな質問をされると思うのだけど、中にはこれ聞いてどうするの?と思えてしまう質問もあるのです。それを聞く意図っていうのは、面接官に言わせれ…

公務員試験は面接官の好み、コミュ力の有無のせいで落ちる?

公務員試験の面接官って、コミュニケーション能力あるのでしょうかね?いきなり唐突に凄いことを言い出しましたけど(笑)民間企業の面接官も含めて、面接官はコミュニケーション能力を見る人間なわけですが、その面接官にそもそもコミュニケーション能力は…

公務員はどうやって選ばれる?「公務員試験のカラクリ」を読んでみた

公務員試験に関するコラム的な書籍というのは、なかなか見当たらない。というか、出す人がなかなかいない。公務員試験関連の書籍で賑わうのは、受験生に向けた参考書やアドバイスを謳った本であって、就職活動でいうところの「就活のバカヤロー」という過激…

国家公務員の採用試験の難易度を簡単に比較してみました

公務員試験は国家公務員と地方公務員に主に分かれています。国家公務員の方は、なんとなく難しいイメージがあるかもしれません。ただ、地方公務員は地方公務員で難しい面があると思います。それは人物重視の傾向が強いということです。地方公務員は筆記試験…

公務員試験の面接で受かる人、落ちる人を分ける意外な質問

公務員試験の面接では、実は面接官がする何気ない質問で合否が一気に分かれてしまうことがあります。それは「予備校には通っていますか?」というものです。え?これの何が合否を分けるの?と思った方もいるかもしれません。確かに普通にありそうな質問です…

国税専門官で最終合格後、内定なし、採用漏れの可能性は?

国税専門官は人事院面接で合格しても、まだどの国税局等で働くか?それを決める採用面接を受けないといけないことになっています。最終合格をしているので、後は採用漏れを心配するということになりますけど、採用漏れというのは、理論上はありえるのだけど…

公務員試験の市役所の志望動機の書き方の例

時期的には公務員試験の今年のメジャーどころは多くが終焉を迎えていますけど、小さい市役所なんかは今も採用試験が行われている、またはこれから行われるところがあると思います。市役所を受けるときには、面接まで行くと当然志望動機を考えないといけませ…

特別区を最終合格後、区面接で採用漏れを回避するには?

特別区Ⅰ類の試験種は特に採用漏れのリスクが叫ばれています。厳密にいうと、公務員試験の全ての試験種で採用漏れのリスクはあると思うのですが、特別区の場合は採用予定者数に比して、かなり多くの人を最終合格させるため、その中の一握りの人たちは最終的に…

公務員試験が人物重視なのは結構だが、評価の仕方が大問題

人物重視となっている近年の公務員試験の面接で、志望動機を聞くのはもはや当たり前です。志望動機は、主に「公務員を目指した志望動機」と「個別の試験種や自治体を受けた志望動機」の両方聞かれるケースが多いです。志望動機を聞く理由というのは、受験生…

公務員試験で圧迫面接を行う意味不明さ、必要性の乏しさ

公務員試験でも圧迫面接という形態の面接は行われるらしい。民間企業と同様の圧迫面接は受験生からもちょっと批判に晒されることも多いやり方です。その圧迫面接に関して、特に国家公務員の圧迫面接を非難しているのが「就活生に甘える社会人」というブログ…

人物重視の傾向が強い近年の公務員試験の難易度

公務員試験の難易度ってどれくらいなんでしょうかね?今は公務員人気が非常に高いみたいで、どちらかというと民間企業でサラリーマンをやるよりは公務員を目指して、公務員になりたいって人が多いかもしれません。実際、その中から本気で受験のために勉強な…

公務員試験の中で、難易度が1番易しいのは特別区?

あわせて読みたい記事→配点が物凄く大きい特別区Ⅰ類の教養論文の対策、勉強法 - 就職しないで、ブロガーになった人のBlog 公務員試験をこれから考えている方には、是非受験先の候補にしてほしいと思うのが特別区です。特別区Ⅰ類の試験は毎年5月の第1日曜日…

市役所試験の筆記試験当日の服装、持ち物は?

これから公務員試験は市役所B日程、さらにはC日程といういよいよ今年の公務員試験もいよいよ終焉のときが近いのかな?という気がしてきました。面接試験の方は今も続いてはいますけど、筆記試験はだいたいこのあたりしかほぼ残っていません。ですから、この…

面接試験の倍率が低い筆記重視の公務員試験の試験種とは?

面接試験というのが、公務員試験に限らず就職試験ではカギになってくると思います。公務員試験は近年、特に人物重視の傾向が強まっていて、面接の配点がバカでかくなってきているようです。私は面接で分かることはそんなにないと思っていますし、面接官が分…

公務員試験では、市役所B日程、C日程の難易度はめちゃ高い

公務員試験を受けると、1つ驚かされたことがあります。それは聞いたことのないような市役所の採用試験の倍率がとんでもなく高いことです。50倍、100倍とかが普通にあります。就職活動を経験すると、大企業の方が倍率は多分高い。大企業は募集人数もそ…

国家一般職の人事院面接は各省庁の優秀な人材確保を阻害してる

公務員試験では、そろそろ面接試験の季節にさしかかるところだと思います。そして、昨日、今年の国会一般職の一次試験が行われたようで、サッカーワールドカップの日本対コートジボワール戦と重なって不運でしたが、それに屈せず頑張って試験を受けてきた受…

公務員試験の志望動機の例で、「安定」が非難されるおかしさ

よく公務員は安定していると言われます。そして、それが理由で公務員を目指す人も少なくないでしょう。特にサラリーマンの地位が不安定になりつつある現代では、そういう動機で公務員を目指す人がいても不思議ではありません。面接では、それを口にしないの…