就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

大学生活、教育問題

メルカリで読書感想文が販売?教育や宿題への需要は驚くほど少ないということ

>8月24日にメルカリで確認したところ、『エミリーへの手紙』(キャムロン・ライト=著)の読書感想文が500円で出品され、すでに購入されていた。400字詰め原稿用紙5枚分で、中高生向けだという。 この出品者は、他にも『羅生門』(芥川龍之介=著)や『小公…

学校や会社で何度も遅刻すると何で怒られる?遅刻が当たり前の前提で行動した方が賢い?

学校は遅刻してはいけない。というのは、なんとなく私たちの頭に刷り込まれているもので、遅刻をすると怒られるみたいなことがあるわけですけど、なんで怒られるんですかね?私は高校生の頃に何回か遅刻したことがあって、朝礼が終わるまで教室の外で待たさ…

学力低下の何が悪い?何が問題?実態は問題視する風潮ばかりだがプラスの要素もある

親の年収が高いほど子供の学力は伸びやすいというようなことが言われています。これは事実なのか?というと、データ上は事実だと思います。データ上はということは、因果関係はよく分かっていない可能性があるということです。つまり、たまたまそうなってい…

道徳はなんのために?答えのない問いの議論はやる意味あるのか?役に立たないという声もあるが

日本における道徳の授業の重要性を訴える人たちもいるが、同時に道徳はなんのためにやるのか?と疑問に感じている人もいるでしょう。道徳の授業っていうのは答えがない問いについて考える授業だという。それはそうなんだろうけど、私は最近疑問に思っている…

2017年以降の難関私立大学は合格者減少の措置により、合格の難易度がぐんと上がってしまう

2017年の大学受験も終わって、いよいよ来年へのスタートの時期になってきたのかもしれませんが、今年の大学入試は私立大学ですごい騒動があったみたいですね。それは何か?っていうと、一部の大学で合格者数が前年までと比べて一気に減少したという現象…

奨学金はなぜ返せない?どうして返せない?よりもなぜ借りる?を学生自身に認識させることが重要

奨学金を借りたが返せないという学生が多く出ているということはニュースなどで知っている人も多いでしょう。奨学金をなぜ返せないか?という答えは簡単で、以前別の記事を書いたのだが、そりゃ返ってこない確率が高い相手に貸しているから。に他ならない。…

中学校の英語教師にTOEICで730とる実力なんて本当に必要なのか?

京都府の中学の英語教師にTOEICを受けさせたところ、中学校で英語を教えるのに必要とされている730点に届かなかった人が続出したらしい。これはひどい!というのが世間の反応らしいが、私はいろいろな意味でいたって冷静だ。それはマズイの?くらいの感覚…

知識偏重の入試で何が悪い?常識を捨てなければ知識偏重の教育からは抜け出せない!

センター試験は2020年で終了し、それ以降は新たな大学入試の試験が導入されるらしいが、その頃には全問マークはやめて知識偏重から抜け出すための仕組みに変わるとされている。とはいっても、とりあえず記述問題が出るのは国語と数学のみらしい。その後…

「いじめられる方も悪い」と答えた小中学生が3割いたという事実に正当性はあるか?

いじめはいじめられる方も悪いと回答した小中学生が約3割いたということが話題になっています。それに関してネット上でも話題になっていたが、「いじめ」という言葉は非常に問題を含んだ用語で、そこから正す必要があるのではないか?という気もしないでも…

天然パーマを禁止する校則に反論するときの根拠として適当なものを紹介したい

天然パーマに悩んでいる人は多いという。天然パーマというのは本人の意思とは関係ない要素によって生まれたというのは事実だろう。しかし、学校の校則などではパーマが禁止されていることから、そういった髪型は禁止の対象になり、改善を要求されるという。…

皆勤賞は何がすごいのか?意味ない、価値観として問題と考えている人は多い

皆勤賞という賞がある。大人の世界では皆勤だからといって表彰されたりすることは少ないかもしれないが、子供の世界ではそういったことが表彰の対象になることがある。皆勤賞って私が子供の頃にもあったし、幼稚園か、小学校か忘れたけど、私も貰った記憶が…

謝る意味がないと多くが認識しているのに、謝罪を強要する文化の謎とそれが生まれる理由

世の中には謝罪を要求する謎とも言える文化が定着していると思う。客観的(多数から)に見て悪いことをしたとされるときには、謝るのが当然という風潮がまずある。しかし、その中で謝らない人もいる。それはおかしいことだろうか?というと、私はおかしくな…

奨学金を借りてまで大学に行く必要性や理由、進学する意義はあるのか?←それがあるんですよ

今日、NHKで奨学金の返済問題に関する内容が扱われていて、その中で識者などが意見を交し合っていたようだが、この番組の中で、一般の視聴者と思われる人から「(奨学金を借りてまで)大学に行く意味ってあるのでしょうか?」みたいな質問が寄せられていた。…

日本の教育はおかしい?特徴や問題点はどこ?洗脳や腐っている点は個人的には校則の部分

日本の教育はおかしいと感じている人も多いのかもしれないが、やはりそれは個人的にも否めないです。日本の教育は腐っていると言う人もいます。なぜ日本の教育はおかしいと考えるか?ここで言う教育というのは学校で学ぶこと全般にわたっての話ではない。一…

林修氏が浪人制度を否定し、廃止した方が良いと言っているが何のメリットがあるの?

大学受験は現役で入る者とそうじゃない者に分かれる。いわゆる浪人をして大学に入る人間が入るわけだが、ちょっと前の記事になるけど、林修氏が以前番組で浪人制度を否定する発言をして話題になった。それが「林修氏が大学受験における浪人制度を否定 必要な…

親の経済力や学歴が子の教育格差や子の学力、収入格差を生んでいるのか?

親の経済力と子の学力は関係があるということが以前から言われています。これはデータがあって、相関関係自体は見出せるんですよ。因果関係はないみたいだが、東大の学生の多くは親が年収1000万円以上というデータを持って来て、西村博之氏は暗に親の方…

留年は本当にマイナスか?失敗は誰でもするという京都大学のメッセージが熱い!

大学とか、高校とかでは留年をする人がいますよね。留年をする人は珍しいのか?珍しくないのか?は分からないが、世間的にはどういう扱いになっているのか?は気になるところですね。留年というのは社会の中ではあまり良いイメージを持たれていません。恐ら…

息苦しい社会の同調圧力が嫌い、気持ち悪い、ウザいとする原因は出る杭を打つ教育にある

日本は同調圧力がとても強い国だと言われています。同調圧力自体は別に他の国でもあるんだろうけど、この同調圧力は息苦しい世の中を作っている所以だとされている。同調圧力って、基本的にその圧力をかけること自体に何かメリットが存在するものではないで…

親が給食費を払わないことで給食が食べられない子どもが可哀相とは限らない

給食費未納問題で給食を取り上げられる子どもがいることが問題視されるような記事をまた最近も見たのだが、同じようなことを思っている人もいるかもしれないけど、給食ってあまり好きじゃない。だから、私の場合には取り上げられてくれた方が良かったという…

挨拶はして当然?挨拶をしない人、できない人の少数派の気持ちが尊重されない社会

イケダハヤト氏のブログに「「挨拶ができない」ことに悩む必要などない。 : まだ東京で消耗してるの?」というエントリーがあったから、それについて自分でも考えてみたのだが、挨拶って何なんですかね?挨拶の意義っていうのは、恐らくお互いが気持ちよく過…

塾や予備校って受験に必要?そのうち需要がなくなって廃れる未来が見える気がする

大学受験のための予備校などはなんのために行くのか?というと、合格率が上がるから。ということになるだろうが、本当に合格率が上がるとしても、いずれはオワコンになるかもしれない。現代の予備校には行く必要性があるでしょうか?予備校というあり方が非…

部活はなんのために?部活のメリットとデメリットを理解し入りたくない子が入らない選択ができるような教育を

部活動の顧問に勤しむ先生の手当てが2割増しになるということで、給料が増えるよりも休みをやるべき!という声が挙がっているが、当の顧問をやっている先生がどう考えているのか?分からないが、私が教師だったら、給料よりも休みが欲しいだろうなと思う。…

指定校推薦は不公平で嫌われる?使えない学生が増えたら消える制度かもね

指定校推薦という入試形態は世間的に評判があまりよくない。私も高校生の頃は指定校推薦を含めて、推薦入試というのはせこい感覚を持っていたが、今はあまりないですね。せこいっていうのもよく分からない感情で、せこいって何だ?自問自答しても回答が返っ…

連帯責任は理不尽な悪習?メリットはあるが根拠が意味不明でおかしいと思う点がある

昨日、高校野球の出場辞退のニュースをめぐって、「連帯責任」についての話をしたのだが、この連帯責任という慣習は今に始まったことではないけれども、やはり個人的には理不尽さを覚える。やはり連帯責任はおかしいと思える点がある。とはいっても、連帯責…

PC作成の履歴書や推薦入試は手抜き、楽をしている、せこいという謎の風潮のおかしさ

効率化と手抜きって言葉は似て非なるものなのかもしれないが、区別が難しい。手抜きは否定され、効率化は賞賛される風潮にあるが、その境界線は一体どこにあるのか?の議論はほとんどされない。基本的にそれぞれが主観で考えているからだ。したがって、私は…

読書感想文はなんのために?やる意味ない?何を書けばいいのか?悩む時点で、洗脳と目的は同じで無意味だと思う

小学校や中学校であるのかな?読書感想文って。読書感想文の目的って何なのか?やる意味あるのか?読書感想文はなんのために?と思いながらやっている人は多くいると思う。読書感想文は、私は高校のときに経験したが、読みたくもない本を読まされて感想を書…

若者が奨学金は返せない理由と返せない場合はどうなる?自己責任や甘えが正論なら貸す方も同罪だと思う

奨学金を返せない若者が増加してきているということに関しては、散々ニュースで見てきたが、その話題に関して、タレントの神田うのさんの発言が波紋を呼んでいるらしい。この人は奨学金を返せない若者に対して自己責任論を突き通したようだが、それについて…

指定校推薦はせこい、バカが増える以前に存在するおかしい仕組み!廃止や改良を望む

大学に入るための手段として指定校推薦が利用されている例がたくさんあると思いますけど、この指定校推薦は批判に晒されることもしばしばあります。それは指定校推薦はバカばかり生み出すシステムだということもあればせこいという感情的な意見もある。自分…

学生服や会社でのスーツなどの制服の必要性って?いらない!必要ない!と思う理由

学校や会社で制服はなぜ必要なのでしょうか?必要ないという意見もあります。私は会社員のスーツなどの制服や学校の学生服はいらない、必要ないと感じてします。それは論理的な理屈で、制服や学生服の必要性を説明できないからです。学校や会社ではみんな制…

子どもが親の手伝いをしないのが当たり前!お小遣いなしの無償労働が肯定される謎

少し前に専業主婦の年収はいくらが妥当か?という問題が世間に少し賑わせたが、私にはそんな問題よりももっと気になる家庭での問題がある。それが子どもの手伝いです。風潮になっているのか?分からないけど、子どもは親の手伝いをするのが当たり前みたいに…