就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活で使う履歴書は手書き?パソコン印刷はなぜ認めない?

【スポンサードリンク】

日本で就職活動、転職活動をする場合には、主に履歴書は手書きにするのがベスト。というのが多くの人の共通認識のようです。ネットで検索してみると、多くのページで手書きで履歴書を書いておいた方が無難という記述が見られます。それだけ手書きが良いと思っている人が多いのか?パソコンなどで作成して、それを印刷して持っていくのはタブー視する傾向にあるのです。実際、手書きの履歴書以外は評価を下げると明言している人もいて、私に言わせりゃ「いつまで昭和脳なんだよ・・・」と思ってしまうくらいの、伝統をとにかく良しとする風潮は、いい加減にウザいばかりです。実際、手書きの履歴書を課すことに意味があるならば、それを尊重しても良いかもしれませんが、私はほぼ皆無だと思います。

 

アメリカなどでは逆に手書きの履歴書は、即アウトになる風潮らしく、日本とは全く逆の状態です。日本ではどうして、手書きの履歴書が礼賛されるのでしょうか?手書きの履歴書を肯定する人の言い分を聞くと、「手書きの履歴書を見ると、人柄が分かる」と言います。うーん・・・それを信じろと言うんですかね?(笑)私にはとてもじゃないけど、無理です。人柄が分かる。具体的にどういう文字を書いている人が、どういう人柄なのか?という説明は全くなく、おそらく文字の見た目とかで適当に脳内会議で判断していると思われます。要するに、「手書きの履歴書を見れば、人柄が分かる」というのは、あんただけがそう思っているだけ、という思い込みとしか思えません。

 

普通に考えて、文字を見て人柄が分かるといわれても、それを信じる人の方が少ないと思うんですが。そもそも、面接官は何を根拠にそういうことを言うのでしょうか?おそらく「長年の経験」とか、そういう曖昧なものじゃないか?と思います。長年の経験があることは確かかもしれませんが、それが人柄を見極めるのに役立つとか、実際に見極められていることの根拠にも、証拠にもならないでしょう。また、履歴書やエントリーシートの文字を見て、人柄が分かるのに、その後に面接を馬鹿みたいに多く繰り返すのは何故でしょうか?面接って、結局は人柄を見ているとおもうのですが、履歴書等の文字を見て人柄が分かるのなら、その後に面接を多く繰り返す必要性がないと思うのですが?

 

逆に言うと、履歴書では確実に分からないから、その後に面接で確かめる、中には5回も6回も繰り返すことがあるようですが、それくらい何回も何回もやらないと確証が持てないくらいに履歴書で分かる人柄なんて乏しいということ。それを選考をしている面接官自らが証明してしまっているのです。最近は面接以外にもグループディスカッション(集団討論)、グループワークなど、さらに受験者の適正や人柄を見極める試験を導入しており、結局履歴書やエントリーシートは足きり以外にほとんど使ってないでしょ?としか思えない状況が如実に発生しているのです。

 

こうした状況を見ると、いくら文字を見て人柄が分かると豪語する面接官がいても、それを自らが否定しているに等しいと思います。私自身はいい加減に手書きの履歴書を礼賛する社会の風潮は淘汰されるべきだと思います。文字が見たいなら、面接中に直接受験生に自分の名前でも書かせた方がよっぽど良い。履歴書やエントリーシートは、代筆が可能なわけですから、偽ることも可能なのです。しかし、その場で書かせれば代筆は不可能だし、確実に受験生の書いた文字を見ることができます。文字が見たいならわざわざ履歴書を通してみる必要はない。

 

企業にとっても、就活生にとっても、もっと簡単な方法がある。それをやらないで、あえて履歴書等を通して受験者の文字を見るという方法を続けるのは、あまりにも非合理的であり、就活生に対する嫌がらせとしか思えません。私はエントリーシートはともかく、履歴書なんてものはそもそも要らないと思っています。最近はエントリーシートと履歴書を2つとも提出させる企業が多いと思います。面接の前に足きりとして利用するためならば、質問項目が半分くらい被っているのだから、企業が独自に質問を課すエントリーシートだけで良い。同じような質問項目に記入させる手間があまりにも無駄すぎる。

 

履歴書は学生が勝手にフォーマット、用紙を選んで提出できるのですから、別に記入させる内容なんてどうでも良いってことでしょう。その項目の大半はエントリーシートと被っているのだから、じゃあ、エントリーシートにひとまとめにしろ。ということです。2つともあると、被っている質問項目に対して、学生は全く同じコトを書いて良いのか?ちょっと変えた方が良いのか?とか、悩むわけですよ。結論として、履歴書なんかでは人柄が分かるとは思えず、そもそも履歴書なんていらないしょ!ということです。企業は無駄を削減するために必死に動いているはずですが、学生に無駄を課すのは好きなのでしょうか?

 

 

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事