就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

第二新卒で就職を目指す人は、自己PRはしょぼくても良い

【スポンサードリンク】

今は新卒、既卒、または中途採用という区別以外で、「第二新卒」という言葉が流行してきました。世間一般への定着度はまだまだかもしれませんが、この第二新卒という枠で就職活動をしている人たちのことを言います。第二新卒というのは、定義は微妙に異なるというか、明確なものはないようですが、1度正社員として勤めて退職した人のことで、大学卒業から数年以内しか経っていない人のことを指しているみたいです。ですから、大学をとっくに卒業しているので、新卒ではないですが、就業経験があるので、既卒ともまた違ったタイプといえると思います。短期職歴という表現もできるかもしれませんが、こういった人たちが今は増えているということです。入社後数年以内に辞めてしまう人が多いので、第二新卒にあてはまる人は意外に多いのかな?と思います。

 

企業によっては新卒でもなく、中途採用でもなく、この第二新卒という形で採用活動を行っているところもあります。新卒の持っている若々しさと中途採用の持っている経験などをそれぞれ中途半端に持ち合わせている存在ともいえますが、メリットもそれなりにあるために企業としては積極的に雇用しているのでしょう。さて、この第二新卒の人も就職活動をする場合には面接で自分をアピールしていかないといけません。自己PRは何ですか?という質問も当然されるでしょう。そういった質問にはどういう風に答えていけば良いのでしょうか?基本的に新卒は大学生時代のこと、中途採用は前職でのことをそれぞれ自己PRとして話して、企業にアピールしていくでしょう。じゃあ、その中間に位置する第二新卒はどうするのか?というと、基本的には前職でのことを話せば良いと思います。

 

前職をどれくらいの期間勤めたのか?にもよりますけど、極端に短くなければ、1年以内とかじゃなければ、少なからず仕事を通じて得たものがあるはずですし、その中で自分が会社に生かせることがあると思うのです。ただ、前職で経験したものなら何でも良いというものでもないと思います。できるだけ今度入社したいと思っている会社との事業の共通項を見つけましょう。前職と転職希望先の企業の事業の共通項、自分の経験を生かせると思う点を見つけたら、それをつなげるのが自己PRになるのです。例えば受付業務の職種に応募しようと思ったら、過去にアルバイト経験などで接客業務を経験していれば、実際に受付として働いたときに、なんとなく過去の仕事の経験が十分生きそうな気がしますよね。そういう感じで、些細なことでも良いので、とにかく共通項を見つけて、自己PRで橋渡しをしてあげる。なお、自慢できるような具体的な成果をあげていれば、なお良いと思います。

 

新卒よりは多少年齢が上だけど、新卒よりは実際の就業経験を生かせる。ということで、そこを絶対にアピールをしていくべきだと思います。就業経験が短い人が多いと思うので、大したアピールができないと悩んでいる方もいるかもしれませんが、そこは問題ないです。というか、大したアピールにならないようなエピソードであっても構わないと思います。というのも、第二新卒というのは、それだけ経験はあるけど、乏しい人たちなのですから、それは面接官だって分かっていますよ。第二新卒は新卒とそこまで年齢は変わりません。新卒の場合は基本的には就業経験0で、未知数の中採用しないといけない。学生時代の実績でほぼ評価するしかない。そこが一種の賭けになってしまう部分なのです。

 

しかし、第二新卒の場合は就業経験は一応あります。わずかな期間かもしれませんが、採用する側からしてみれば学生時代の実績と、実際に仕事をしていたときの実績では当然後者の方が信頼はできるはずです。些細な違いのように見えて、そこが実は大きな違いになると思います。仕事をしていたといっても、確かにそれは些細な仕事だったかもしれない。しかし、学生時代の話は仕事と直結しづらい部分が大きいですが、仕事の話は仕事と直結するので、採用担当者としても信用がおけるというのはあると思います。ですから、自分が前職でしてきた仕事の内容が大したことないとか、そういうことはあまり思う必要はないと思います。第二新卒という枠組みでは、それが当たり前だと思いますし、面接官も分かっていると思うので。少なくとも、実際い正社員として働いた実績があるということは、新卒の学生とは明らかな違いになりますから。そこは自信を持っていきましょう。

 

第二新卒既卒等で就職活動をするなら「いい就職.com」は非常におすすめ!基本的には新卒以外の人たち向けの求人を多く掲載していますけど、当サイトでは求職者のためのセミナーやガイダンス、不安を抱えながら就職活動をしている第二新卒既卒の方にはアドバイザーによる相談会を実施、そして、経験豊富なアドバイザーによる模擬面接大会への参加、アドバイザーによる個別の非公開求人の提供など、1人で黙々と進めていてはまず経験できないような、貴重な機会によって、内定へと近づくことができると思います。

 

それでも就職したいあなたに―既卒、フリーター、第二新卒の大逆転内定獲得術

それでも就職したいあなたに―既卒、フリーター、第二新卒の大逆転内定獲得術