就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

アフィリエイト初心者が成功するための3つの秘訣を解説

【スポンサードリンク】

アフィリエイトをやる場合、基本的にすぐ成果として現れることはなかなかありません。アフィリエイトで成功するための1番の秘訣といっても良いものは、努力をコツコツと積み重ねること。これ以外にはなかなかありません。といっても、売り上げが始めてから何ヶ月もあがらないと、モチベーションの低下にもつながると思います。私もそういうモチベーションの低下というのに悩まされたときもありました。ただ、なんとか上手く感情をコントロールしてやっていくことは可能です。要はアフィリエイトで成功するにはステップがあるわけです。そのステップを順々に踏んでいけていれば、やり方としては問題があるというわけではないですし、いずれは目に見えた成果が出てくるでしょう。じゃあ、そのステップとは何か?これはアフィリエイトで売り上げが生まれる。ということを最終ゴール地点とするなら、そこから逆算してみるのです。

 

アフィリエイト広告からアクションを起こしてもらう

これは最終段階、ゴール地点です。これをより達成するためには、そのページに辿りついた人から見て、これは良い!と思ってもらえるもの、魅力的に映るもの、そういったものを扱っている広告を選ばないといけません。ちょっと抽象的な話になってしまいましたが、どういうことか?というと、同じジャンルの他の広告にはない魅力がある。差別化されている。そういう要素を持った広告を選ぶと良いと思います。例えば、私はアルバイト求人サイトの広告を扱ったことがあり、それは「面接なしで採用してもらえる求人を多く載せているサイト」でした。面接なしでアルバイトとして採用してもらえる求人なんて、あまり聞かないですよね。そういう珍しいサイトは間違いなく、人によっては魅力的に映る部分があるんじゃないか?と思います。面接苦手な人が多いでしょうから、面接しないで良いなら、アルバイト受かる可能性が上がるんじゃないか!?ということです。

 

アルバイトの求人サイトなんていくらでもあります。アルバイトに関して何か情報を探しているという方は、おそらくすでに何個か求人サイトを登録しているでしょう。そのときに誰もが知っている超メジャーなサイトの広告を貼り付けても、惹かれないですよね。もう登録している人が大勢いると思うので、そういう広告は確かに魅力やメリットはたくさん詰まっているかもしれないけど、見向きもされない可能性が高いと思います。したがって、有名どころの広告を載せても、必ずしも売り上げにつながりづらい面もあると思います。要はすでに利用者が一定数いると思われるものを紹介するのではなく、まだ世間の中では認知度がそれほど高くない、そのジャンルの中では、相対的にマイナーな広告を選ぶと、まだ利用していない人が多いので、潜在的な利用者になってくれる可能性が高いのです。そういう広告を探してきて、その広告の魅力的な部分、同じジャンルの他のサイトにはないような特徴など、自分なりに感じたメリットを紹介していくと良いと思います。

 

アフィリエイト広告をクリックしてもらう

これがアフィリエイト広告から売り上げが発生するゴール地点の1個まえの段階です。広告をクリックしてもらって、あとはそこから商品を買ってもらったり、会員登録などをしてもらったりすると、一定の報酬が貰えます。つまり、クリックしてもらえるような広告か?どうかというのが大切になってくるのです。それは広告自体の魅力度なども重要ですが、そもそもその広告が載っているページのコンテンツとのマッチ度合いなども重要です。アフィリエイトに関するコンテンツが記載されている記事には、当然アフィリエイトに関する広告を載せるべきです。ただ、これは多くの方が実践できているのではないか?と思います。問題は次です。その広告をクリックしたくなるような文言が添えられているか?これは重要だと思います。これは広告が貼り付けられている直前に書かれている文章で、いかにその下にある広告を魅力的に見せるか?要はその広告のリンク先にどういうページがあるのか?簡単な説明を最後に書いておいた方が良いのです。

 

例えば、転職関連の記事を書いて、最後に転職のためのエージェントサイトへの会員登録を促す広告を載せるとします。そのときに広告だけを載せるのではなく、その広告の真上にそのエージェントサイトはどういうサイトなのか?どういう利用方法ができるのか?利用者にとってのメリットは何か?他のサイトと何が違うのか?といったことを簡潔にでも良いので、添えてもらうと、広告の魅力がより読者に伝わりますね。すると、広告のクリック率も上がると思います。広告自体に魅力がある場合もありますが、バナー広告にしろ、テキスト広告にしろ、そこに描ける文字の多さには限界があり、または使われている表現で魅力が十分には伝わらない可能性があります。すると、興味を持たれないまま終わってしまうので、それを避けるためには、記事を書いた本人がその広告に代わって、自分の文章で広告のリンク先のページの簡単な紹介をして、興味を持ってもらいやすくするのです。

 

・記事の内容に頷けるポイントがある

これが逆算した場合の1番最初の関門になります。要は広告を載せている記事がどういう内容か?どれくらい説得力があるか?といったことがポイントになります。勿論、記事の内容と広告のジャンルがある程度一致していることも重要ですが、記事下に広告を貼るとすると、そこに至るまで何を書くか?ということが重要になるのです。例えば、ニキビを治す洗顔料の広告を載せるとしたら、記事にはどんなことを書くでしょうか?その商品について紹介するような記事をドストレートに書いても構いませんが、個人的におすすめしたいのは、この場合はニキビの洗顔料の選び方です。どういう特徴の商品がニキビをより治しやすいのか?それを詳しく書いていきます。ニキビを治すには、どういう成分が入ったものが良いのか?何がニキビを治していくのか?そういったニキビで悩む人が「へー」って思えるような情報を書いていきます。

 

そして、記事でニキビに有効な洗顔料とはどういうものなのか?どういう商品を買えば良いのか?伝えたところで、実は「こんなおすすめな洗顔料があるんですよ?」と、記事の最後に広告を貼ると、読者からすれば惹き付けられると思います。この記事を読んで、納得してくれれば、その読者はそこからその条件に当てはまる洗顔料を探すことになるでしょう。しかし、そこで同時に商品も紹介していると、とりあえず広告はクリックしてくれると思います。結果的に購入してくれる可能性はそんなに高くないです。ただ、クリックしてもらうことがまず大切なのです。すると、商品の具体的な詳細ページにいくでしょう。そこで、より詳しい情報や体験談などを読むと、さらに惹き付けられるということです。実際の商品販売ページ以上の詳しい内容はブログの記事内には書けないので、まずはクリック率を上げる、より商品にちょっとでも良いから興味を持ってもらうように誘導する。それができれば、後はより詳しい情報が載っている商品の販売ページに一任するような感じです。最終的に購入に至るには、その販売ページが自分で見てもちゃんとした作りになっている。自分の悩みを解決したい商品を探している人から見て、親切な作りになっている。ということが大切ですから、そこら辺も自分の目で確かめて判断していきましょう。

 

じゃあ、実際に読者にとって魅力的な、読者がまさに探し求めている商品の広告を載せるために、アフィリエイターに是非おすすめしたいASP会社が「アフィリエイトB」です。この会社はアフィリエイターにとっては大変貴重ともいえるASPになります。というのも、特に始めたばかりの方にとっては収益を伸ばしていくために欠かせないからです。アフィリエイトでは売れる商品の広告を選ぶことが非常に大切ですが、アフィリエイトBでは、自分の運営しているブログ、ホームページ等にとって、最も適切な広告、売り上げを伸ばせる広告を会社の経験豊かな人間が相談に乗ってくれ、選んでくれます。また、こんな広告があったら良いな!と思えるものを希望すると、それを用意するように尽力してくれるのです!まさに経験の浅いアフィリエイターにとっては、収益を最大限に伸ばすために力になってくれる、至れり尽くせりのASPなのです!

 

アフィリエイトB

 

3行で儲かるアフィリエイト

3行で儲かるアフィリエイト