就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

内定式や内定者懇親会を欠席したい、行かない理由は何でも良い

【スポンサードリンク】

10月1日になると、全国の企業で内定式が行なわれると思います。この内定式は内定者の人からしたら、期待と不安が両方入り混じった感じではないでしょうか?ただ、楽しみという人もいる中で、あまり出たくないという人もいるのではないでしょうか?内定式を辞退、欠席する場合にはどれだけの理由が必要なんでしょうか?世間一般的にいえば、よほどの事情がなければ出るべきという声が多そうですけど、私はそうは思わない、はっきり言ってしまえば、何を理由にしたか?本当のところは誰も分からないのだから、別に大した理由じゃなくても良いと思います。というのも、内定式なんてのは内定者にとっては、参加するメリットがほとんどなく、そのほぼ全部が企業側の都合で行われているからです。では、内定式って、一体何のためにやるのでしょうか?それは内定者の士気や忠誠心を高めるため?社会人としての自覚を持ってもらうため?会社の人間や他の内定者と親しくなるきっかけを作るため?それらもあるかもしれませんけど、1番の理由は「この時期以降に内定辞退をさせないため」です。

 

実はこれが大きいとされています。本当に社員同士の親睦を高めるためが理由ならば、わざわざこんな時期にやらないでしょう。もっと後でいいじゃないですか?最終的に全員が自社に入社するい氏を固めた後、つまり誰が入社するか?完全に決まった後で良いと思うのです。そうなると時期的に入社式とかぶりますが、入社式で同様のことをやれば良いと思うのです。その前に研修とかがあるので、その場で親睦を深めればいいじゃないですか?ある程度速めに内定式を開催するということは、その時期に開催して、まだ就職活動を続けている内定者がいれば、自社への入社意欲を高めてもらって、他社に内定を貰っていても、もしくは今後さらに別の会社に貰ったとしても、自社に入社してもらうように仕向けるっていうんですかね?そういう狙いがなければ、こんな時期にやらないと思うんですよね。明らかに就活を続けている学生やまだ迷っている学生にしてみたら、この時期は迷惑だと思うんですよ。企業からしてみれば、10月1日以降に内定辞退をされると、困る企業が多いのかもしれませんが、それを未然に防ぐために内定式というもっともらしい式を開催して、入社意欲を高めてもらうと同時に、就職活動をそこでストップしてもらう意味が大きいのです。

 

法律上は内定辞退は入社前の2週間前までOKとされています。この時期までは学生が就職活動をすることを法律が認めており、この時期までは常に内定辞退をされるリスクを企業側は抱えているということになります。でも、入社直前までいかなくても、ある程度の時期を過ぎると、内定辞退をされることは非常に困るんでしょうね。内定辞退が多くなると、二次募集とかもしないといけなくなるし、また採用活動の手間とお金がかかってしまう。他にも入社するまでにいろいろと備品なども用意しないといけないけど、内定辞退をされると、そのお金がムダになってしまうなど、企業にもいろいろ事情はあるんでしょうけど、理論上3月の中旬くらいまでは内定辞退がありえるんだから、それを想定して内定者を決定するなどを本来はすべきなんです。例えば、内定辞退が3月になってからされたら、再度欠員を募集するのも大変となれば、内定辞退をされないような学生を採用すべきでしょう。

 

大企業ならともかく、中小零細企業が、いわゆる優秀な学生を採用しても、そういう人は他からも内定を貰える可能性があるし、複数内定を得た場合には自分のところにきますか?客観的に見て蹴られる可能性がそれなりにあると思います。要は他から内定が1つも獲れなそうな学生、最初から蹴られる可能性のある人を優先的に採用すれば、そもそも内定辞退をされるリスクは格段に減少します。それか、採用活動を行う時期をもっと遅くするとかね。そうすれば、その時期に内定を与えた学生は自社に入社する可能性は高まると思います。っていうか、本来はそんなことをしなくても、内定辞退を見越して多少多めに採るんでしょうから、結果的に計算が多少狂うことはあっても、内定辞退をされることでそんなに慌てふためく会社はないと思うんですがね。慌てふためかないように努めるのが人事担当者の仕事でしょうけど、それでも慌てふためくような会社は人事担当者がちょっとアレなのか、会社の組織に問題があるのか?のどちらかじゃないでしょうか?ただ、その努め方というのが、今では内定式の実施とか、内定者旅行の実施とか、内定者の食事会の実施とか、学生側に一定の負担をかけるものであることが多いです。そして、心理的に内定辞退をさせづらくするもの、さらには入社2週間前まで就職活動をする自由を妨げる結果を生んでしまっているのです。

 

こういうやり方が功を奏しているから、ずっと続いてきているのかもしれませんが、内定式とかって、どちらかというと学生側は迷惑ですよ、あと、大学の教授も内定式に出席するために学生がゼミなどを欠席する。内定式は平日に堂々と行われることが多いので、迷惑すぎる。といった不満がよく聞かれています。内定辞退を防ぐ努力、または内定辞退をされても、問題を最小限に食い止める努力というのは必要でしょうけど、それは自社内で完結するものにしてほしいです。学生側や大学側に負担を課すものであっては本来はいけないものでしょう。内定式なんて、本来は別になくても良いんですから。内定式をやらない企業だって、探してみれば世の中にはたくさんあります。そういう企業は、もしかしたら学生のことを考慮してくれた結果かもしれません。学生が自分が働く企業を選ぶというのは、下手すれば人生を決めることだし、そのための就職活動や内定辞退は自由にやらせてあげたい。それが本当は当たり前でないといけないと思うのですが、そういう就活生の自由を保護できるように徹底している企業というのも、中にはあると思います。

 

つまり、学生側は本音としてどう思っているか?分かりませんけど、内定式の真の意味みたいなものは企業側が内定辞退されるのを防ぐ儀式以外の何物でもないと思います。ですから、学生の立場からすると、特別出ないと何かまずいことがあるわけではないと思います。入社式と入社後の研修でほとんど代替できてしまうことしか、ほとんど行われていないのですから。学生が参加するメリットは実はほぼないのではないか?こういうイベントが好きな学生にとっては楽しい時間を過ごせるかもしれませんけど、そうじゃない学生にとっては、退屈とか、つまらないとか、早く終わらないかなー?と思えるだけのイベントになってしまう可能性があるのです。それどころか、苦痛すら感じる可能性もあると思います。そうなると、あえて参加する気が起きないというのも、しょうがない気がします。

 

一応、入社する(かもしれない)会社ですから、会社が催すイベントは一応出ておいた方が良い。特にこれといった用事がないなら。それは多分間違っていないでしょう。入社する意思がかなりあるなら尚更ね。ただ、内定式の時点でまだ入社する意思が確定的ではなく、今後も就職活動を継続し、そこよりも良い企業から内定が出たらそこに入社するという可能性を残している場合には、出なくても良いかもしれません。その時点で忠誠心を示すことができないならば、出る必要ないんじゃないですか?忠誠心が現れれば、入社する意思を持って入社式に臨めば良いだけだと思います。入社式も内定式もやっていることはそんなに変わらないと思うので。先ほども言ったように、内定式の意味合いがほとんど企業側の都合のみで構成されていると思われるので、本来ならそんな式は学生にとっては不必要だし、特に理由がなければ出ないといけないと言われるものではないはずなんです。ですから、特に用事がなければ出た方が良いというのは、その通りでしょうが、逆に「特に理由もないけど出たくない」という気持ちも別におかしくないのではないか?と思うのです。

 

 

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事