就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活でありがち?失礼なサイレントお祈りが消えない理由

【スポンサードリンク】

就職活動をしていると、「サイレントお祈り」という現象がよく発生することがあるようです。これはアルバイトでもあるみたいですが、要は面接とかを受けた後の合否結果を知らせない。ということです。知らせる場合は基本的にコピペメールを送って終わりでしょうが、それをしない。手間を省いているというのが理由かと思うのですが、学生からすると、連絡くらいよこせ!という声がよく聞かれます。サイレントお祈り自体は企業からしたら大きな合理性があるのだと思います。よく懸賞とかプレゼントで、「当選者は発送をもって代えさせていただきます」ということがありますね。これは批判されることはないですよね。これと似ているのかな?と思います。要はサイレントお祈りも、あらかじめ「合格者のみに連絡をする」ということを言っておけば、後から文句を言われることはなくなるということでしょうか?

 

アルバイトの面接の合否結果を知らせるときにはこの手のやり方は使われるみたいです。不採用の場合には連絡しません。と言われることがあるみたいです。これを言われると、その場で不採用が決まっているフラグとも言われていますが。あらかじめサイレントお祈りをしますよ?不採用者には連絡をしませんよ?ということを言っておけば、ここまで批判されることもないような気はしますし、それに対する批判の方がおかしいとなるのかもしれません。ただ、内定辞退をするときにはサイレント内定辞退をしたら企業怒りますよね?それと一緒だと思うんですよね。それを考えたら学生の気持ちにもなって、せめてコピペメールくらいは出しても良いのでは?と思います。でも、サイレントお祈りはまずなくならないと思います。

 

それはサイレントお祈りというやり方が世の中に浸透してしまったから。サイレント祈りをやっている企業が別に珍しくないから。私が大学生のとき、一時期だけ就職活動をしていたときにも数社だけ受けましたが、サイレントお祈りをしてきた企業はありました。だから、赤信号みんなで渡れば恐くないと一緒で、みんなやっているから新たにサイレントお祈りを始める企業の心理的ハードルが物凄く低いと思うのです。これが一部の企業しか行っていないなら、じゃあそういう企業は受けないようにしよう!とか、対策はとれると思うんですけど、サイレントお祈りが別に珍しくない状態だと、そういう企業を避けていると、受けられる企業がどんどん減ってしまって、学生自身が困ることになります。だから、学生側から対策をとってやめさせることもできないですし、企業側にとっては益々、サイレントお祈りを行う企業が増えていく傾向にあるのだと思います。

 

ただ、普通に考えたら不採用通知は本当にコピペメール1通で構わないから送ってくれよ。と思う人が多いでしょう。要は手段は何でもいいから不採用が決まっているなら、それを早く教えてほしいのが本音でしょうから。サイレントお祈りはある程度時間が経って、これはもう連絡来ないな。と判断できるときになって、サイレントお祈りだったんだ。と分かるわけです。それまでは不採用かな?と思いつつも確定はできませんから、モヤモヤした心理状態が続いていくことになります。選考結果を持ちわびている学生からしたら、不都合が大きいのです。ですから、社会一般的な常識や学生側の気持ちを考慮してくれるなら、本当にコピペメールでも良いから送ってほしい。というか、送るべきなのかな?と思います。それか最初に言ったように、サイレントお祈りしますよ?と予告しておくか。サイレントお祈りの予告はどの企業もやってないから、出る杭は打たれるので、やるとそこが非難に晒さる恐れから現実的には期待できないと思いますけどね。

 

私自身はサイレントお祈りを食らったこともありますが、そこまで憤りとかはなかったですね。はっきり言って。連絡がきたって不採用には変わりありませんから。基本的に私の場合は不採用になればショックというよりは、恨みつらみの方が大きかったですよ。そこまで多くの会社は受けてませんけど、基本的に不採用にされた企業には一生かかわらないだろうと思います。商品を買ったり、サービスを利用したりすることもありません。ですから、不採用の時点ですでに嫌悪感が生まれてしまうので、それがきちんと通知されるか?サイレントか?というのは、私の場合は影響がありませんでした。厳密にいうと、お祈りメールがちゃんと来る方が、直に不採用を突きつけられるわけですから、余計にその嫌悪感は大きいですよ。サイレントお祈りの方はそういう気持ちになる前に、連絡が来ないとなると、受けたことすら忘れているので、私の場合はサイレントお祈りの方が良かったのかもしれません。ただ、実際問題としては連絡はよこした方がベストなのは間違いないでしょうけどね。私みたいなのは少数派でしょうし。

 

 就職活動をやっていると、多くの理不尽なこと、納得いかないことに出くわすはずです。それに耐えていかないと、内定を貰えないという辛さもありますよね。そんなときに読んでもらいたいのが以下の本ですね。タイトルから非常にキャッチーですよね(笑)

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

本書は就職活動を分析して、おかしいだろうというところ、気持ち悪いと感じたところを著者が批判しながら分析しているもので、多くの就活生も共感できるところがあるのではないか?と思います。本書の中での「茶番劇」というワードからも察することができるように、著者も相当今の日本の就活はおかしいと思っているみたいで、日頃から日本の就職活動に疲弊している多くの学生、日本の就職活動っておかしくね?と思っている人は多くいると思うんですけど、そういう人にとっては読んでいるだけで楽しめる可能性もあれば、ある種のストレス解消にもなるかもしれませんし、本書がオアシスになるかもしれませんね。本書に1番共感できる瞬間が就活生のときだと思うので、読むなら今就職活動をしているときかな?と思います。もし良かったら読んでみてください。

 

現実的な内定をとるという話になると、以下の本は参考になるのではないか?と思います。就職活動で内定をとるためには何が必要か?というと、人事の考えを読むことだと思うのです。つまり、人事が何を考えているのか?が分かれば、それを逆手にとって、人事に好ましいと思われるような学生を演じられる可能性が高まるので、内定を取れる可能性も上がるでしょう。本書では人事が座談会のような形式でこんな学生は欲しいとか、こんな学生はいらないといったことを率直に答えてくれている内容になっているようなので、人事が頭の中で考えている採用基準や評価ポイントみたいな部分が見えてくる可能性があります。採用基準や評価ポイントを知ることができれば有利ですよね。他の就活生などはこういった情報は恐らく知りませんから、ライバルに差をつけることができるかもしれません。内定を確実に取る方法はないにしろ、少しでも確率を上げられる方法はあると思うので、そういったときに参考になる一冊かもしれません。こちらは就活のバカヤローとは打って変わって、内定をとるためのテクニック的な本になると思います。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事