就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活の面接で、不採用理由を聞くことにほぼ意味はない

【スポンサードリンク】

就職活動では、面接で落とされた場合にはっきり言って理由が分かりません。したがって、反省を次に生かすとか、次の面接ではレベルアップした自分を見せるとか、そういう試みがしづらいです。じゃあ、借りに落とされた理由を聞けば、それができるか?というと、私はそうは思わないのです。また、企業が理由をわざわざ教えてくれるとは到底思えない。中には、企業側に不採用理由の通知を義務付けるべきでは?という声もあるけど、それを仮に義務付けたところで、効果があるとは思えないのです。それは企業側の採用、不採用を決定している要因は、要は人事担当者のフィーリングであり、明確な理由として表せるものではないと思うからです。強いて言うなら「なんとなく」であり、そんな理由を聞いても就活生側はどうしようもありません。厳密に言うと、フィーリングの中でももっと明確な理由はあるかもしれない。

 

例えば、「ルックスが悪い」、「学歴が低い」、「生理的に受け付けない」とかです。しかし、これらの理由をそのまま突きつけられますか?無理でしょう。絶対に相手を傷つけることになるし、世間からバッシングを受けかねません。だから、本当の理由はそもそも教えてくれないし、教えても改善できないような理由だった場合、落ち込んで再起不能になるかもしれません。結局のところ、この不採用理由の通知義務に関しては、企業側としては何のメリットもないんです。デメリットこそあれど、やる意味がない。だから、浸透するわけがないのです。また、学生からしてみても、不採用理由を聞いて、それを生かせますかね?理由如何によっては生かせる場合もあるのかもしれませんけど。ただ、多くの場合、企業によって採用のされ方、合否を決める基準等が異なるので、真実の不採用理由を聞いて、それを直して次の面接に行ったとして、どこまで効果があるでしょうか?

 

先ほど言ったように、面接官のフィーリングによるところがあると思うので、採用基準はほぼ無限大にあります。前回の面接で指摘された点を直したところで、その無限大のうちの1つが直っただけ。果たして、それで採用確率を上げることにつながった。と言えるのでしょうか?また、言われた点を直すことが必ず次回以降の面接でプラスに働くとは限りません。直した結果、企業によってはむしろ直す前よりも評価を下げられることもあると思います。企業によっては、欲しい学生の人物像や性格は全く異なるので、世の中に存在する企業を1つ1つを見てみると、全く正反対の学生が欲しいケースもあるでしょう。そうなると、自分にとってはプラスだと思って取り入れたアドバイスが、ある企業にしてみれば、マイナスになってしまっていることもあると思います。ですから、不採用理由を聞くこと。そして、それを実際に取り入れて生かしてみることが、果たしてどれだけ内定へと近づく努力として機能するのか?これは分かりません。

 

例えば、50社受ければ、かなり多種類の理由で落とされている可能性があるため、現実問題としてそれらを直せるのか?そして、直した結果、先ほど言ったようにむしろ特定の企業にとっては、その直す行為がまた落とされる原因になってしまうのではないか?という問題が常に付きまとい、各企業からの不採用理由を聞いて、どの企業にとっても魅力的な人間に移る。そういう人間に自分を改善していく。というのはおよそ不可能のように思うのです。すると、もう自分が思う理想の人物像を自分自身で貫いて、後はそのままで1社でも多くの企業を受け続ける。それが最も手間のかからない合理的な方法のように思います。さらに合否を決める理由として、大きいのは自分以外の就活生のレベルとか、相対的な面もあります。だから、当然落とされる理由というのも、企業ごとに相対的に少しずつ異なると考えるのが普通であり、どの企業を受けても採用可能性を上げるような自分を作り上げていくのは、やっぱり難しいと思うのです。

 

世の中的には、不採用の場合の理由は開示するように義務つけたらどうか?とか、企業も理由を教えてくれたって良いのではないか?という議論もあるようですけど、企業側にデメリットはあれど、メリットがほとんどないので、なかなか現実的には難しいのかな?という気がしてなりません。法律的にも、学生を理由をメールや電話で尋ねる、問い合わせるのは自由ですが、それに対して企業側が返信しないといけない義務はないみたいですから。やっぱり期待するのは難しいのかな?と思います。というか、先ほども言ったように企業側としても、結構曖昧な理由なんだと思いますよ。人事担当者の感じ方、印象1つでほとんど決まってしまう事情もあるために、理由を説明しようにも、まともに回答できない部分があるように思うのです。ですから、あまり聞いても参考にならない理由だったり、そもそも正直に話してくれない理由なら、聞く価値がどれだけあるか?と思います。曖昧な雰囲気の中でやらないといけない、何をどうすれば内定が獲れるのか?分からない就活生は非常に過酷といわざるを得ないでしょう。

 

 就職活動をするときにはいかに内定を取るか?ということを考えないといけませんけど、そういったときには以下の本が役に立つ可能性があります。こちらは早期内定を実現するために必要なテクニックやコツなどが書かれているのですが、特に注目したいのは採用担当の人事が欲しいと思っている学生やいらないと思っている学生の特徴について話している部分です。ここは本当に貴重な話なので傾聴に値する可能性があります。人事が学生を採用するときにどういったところを見ているのか?どういう学生を評価して採用したがっているのか?そういったポイントを知ることができます。こういった評価基準は通常の就活生は知らないと思います。したがって、こういった情報を知っておけば他のライバルに差をつけられる可能性がありますし、それによって優位に立つことができて、内定をとれる可能性も上がるかもしれません。良かったら参考にしてみてください。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事