就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

ネットでの副収入は、ライティングで簡単に確実に稼げる!

【スポンサードリンク】

副収入を得たいサラリーマンとか、学生とか、フリーターの方とかも多いと思います。また、ニートの人でもネットを駆使して収入を得ている人は珍しくありません。彼らの場合はもはやニートではないと思うのですが(笑)「ネオニート」という呼び方をすることもあるそうですけど、要は従来の労働のやり方だけにとらわれずに、お金を稼ぐ手段はいくらでもあるということです。私の場合も高校生くらいから副収入を得ていました。収入は当時は親から貰っていたお小遣いくらいしかなかったので、「副」収入という言い方もどうかと思いますけどね。要はそれくらいの年齢でもというか、年齢に限らず、やろうと思えばお小遣いくらいの金額は誰でも稼げてしまう。本気を出せば本業に近い金額を稼ぐことも可能だということです。

 

じゃあ、どうやって稼ぐのか?というと、私は誰でもできる副業としておすすめしたいのはライティング(文章作成)です。これは1件ずつに単価が設定されており、それを書いていくごとに報酬が貯まっていく形の仕事です。要は完全歩合制で、時給によって給料が決まる雇用者とは異なる仕事の形態です。例えば、「クラウドワークス」というサイトを利用すると、このライティングの仕事が多くあります。クラウドワークスでは、主にタスクとプロジェクトという2つのタイプの仕事があり、好きな方を選択する方も可能ですし、両方利用することも可能です。2つのタイプを以下で詳しく説明していきます。

 

・タスクタイプの仕事

これは1件ずつこなしていくタイプです。ざーっと、「こんな文章書いてください!」という依頼主からのお願いに沿って、指定されたテーマ、文字数で文章を書いていきます。テーマは本当に依頼主ごとに異なっていて、いろいろなテーマが用意されています。したがって、自分が得意な書きやすいものだけを狙って、こなしていくのもOKです。文字数に関してはクライアントによって異なりますけど、300~1000文字くらいと幅広いです。だいたい400文字、500文字、600文字くらいに固まっている気がしますけどね。金額は400文字で80円、500文字で100円、600文字で120円くらいが相場じゃないか?と思います。これより安い案件、高い案件ありますけどね。

 

じゃあ、それでどれくらい稼げるのか?それはかけた時間によります。時間をかければかけるだけ稼げます。私の場合は、400文字であれば、3分程度で書き上げられます。フルでやると1時間で1600円くらいは稼げますけど、少しゆったりめに休憩を入れながらやると、時給1000円くらいにはなるでしょう。ちょっとした高時給のアルバイトくらいにはなります。それを毎日やると3万円くらいにはなるということですね。このくらいの金額を稼げれば、とりあえず副収入としては、まあまあでしょう。1日1時間でもこれくらいですから、時間を2倍、3倍にしていくと、稼げる金額も単純に2倍、3倍になっていくということです。雇用された働き方だと、頑張った分だけ給料が上乗せされるということは、なかなかありません。ただ、こういう仕事は自分の頑張りに完全に比例して報酬が決まるので、やる気やモチベーションも上がるでしょう。

 

 

・プロジェクトタイプの仕事

これは1回に10記事、20記事、またはそれ以上を1度に同じ人に依頼して、納期を決めて仕事をするタイプですね。タスクタイプの場合は、基本的には先着順です。しかし、プロジェクトタイプの場合は、自分が希望の案件に応募すると、依頼主が応募されてきた人の中から希望の人を複数人選んで、誰に仕事をやってもらうか?決めるタイプです。応募しても選ばれない可能性もあります。私の場合は50%くらいの確率で選んでもらっていたと思います。無事に選ばれれば、そこから仕事を開始です。納期までに決められたテーマで、決められた文字数の記事を決められた数書いて、サイトの中から提出感じですね。こちらのプロジェクトタイプの方はタスクタイプと比べて、報酬単価はいくらか高い傾向にあります。

 

タスクの方はいつでも、好きなときにやれば良いのですが、プロジェクトの方は一応納期があるので、それまでに全て仕上げないといけません。納期の調整や少々遅れることに関しては依頼主の方と調整すれば大丈夫です。こまめにコンタクトをとっていくようにしましょう。基本的には難しくない仕事です。要はタイピングをしているだけですからね。初めはちょっと慣れないかもしれませんけど、数をこなしていくうちにどんどん慣れていって、進捗度も早くなっていくと思われますから、どんどんタスク型でもプロジェクト型でも良いですから、仕事にチャレンジしていきましょう。また、仕事をどんどんこなしていくと、自分のマイページに実績が積み重なっていき、依頼主から直接仕事の依頼がくることもあります。その場合には、結構報酬の弾む仕事が多いので、仕事を毎回丁寧にコツコツこなしていくことも必要でしょう。私もすでに何度かオファーは頂いています。そんな感じがクラウドワークスのライティングでの副収入の稼ぎ方です。これを極めると、本業並みに収入を確保することも可能かもしれません。登録は無料ですから、本当に誰にとってもおすすめです!

 

 

1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方

1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方