就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

早期リタイアを成功させるための資金、貯金はいくら必要?

【スポンサードリンク】

あわせて読みたい記事→早期リタイア後の生活費はバイトで十分!大原扁理さんに学ぶ隠居生活 - 就職しないで、ブロガーになった人のBlog

 

多くの方が憧れていると思われる「早期リタイア」ですが、これを実現するには一体いくら貯金などがあれば良いのでしょうか?これは一概にはなかなか言えません。というのも独身か?家族持ちか?によっても違うし、リタイア後にどういう生活スタイルを望んでいるのか?月いくらで生活するつもりなのか?そして、何歳まで生きるつもりなのか?等の条件によって異なってくるからです。本当にギリギリの生活、本当に最低限の生活を送ることができれば、それで良いというのなら、仮に40歳独身でアーリーリタイアを実現したら、詳しい試算はしていませんけど、5000万円くらいあればなんとかって感じじゃないでしょうか?後40年生きるということを仮定すると、年間100万円もあれば、本当に最低限の生活は可能だと思います。生活保護支給額以下の生活かもしれませんけどね。また、ブロガーのイケダハヤト氏みたいに地方に移住するなどしないといけないかもしれませんけどね。

 

ギリギリの生活で年間100万円となると、4000万円使うことになる。あとの1000万円は何かのときに保険としてとっておくお金ですね。1000万円あれば、だいたいのことは対応可能でしょう。そういった意味では、これくらいの金額が実際に貯蓄できるのであれば、早期リタイアを現実的に考えていくことも間違いではないと思います。もう少しマシな生活をしたいと考えるなら、さらに多くの資金が必要になります。ただ、あまりに多くの資金を貯めようとしてもダメなんですよ。あまりに多くの金額を見積もりすぎても、それが貯まるのはいつなのか?ということを考えると、いつまで経ってもリタイア不可能になってしまいますから。普通のサラリーマンであれば、定年まで働いた場合の生涯獲得賃金は約3億円くらいみたいです。そうなると、普通の人ならフルで働いても3億です。その3億円から、そこに至るまでに使うお金を差し引くと残るお金はいくらでしょうか?それを考えると、現実的にリタイアしようと思ったら、あまり多くの貯金を残しておこうと考えるのも無謀だということです。

 

現実的には普通のサラリーマンであれば、頑張っても1億円くらいに留めておいた方が良いでしょう。働かないことで収入が途絶えるので、生活費などが底をつくのが恐いから、少しでもお金を残しておきたいと考えるのも分かりますけど、そうしていると結果的にリタイアできる年齢がどんどん上がってしまって、セミリタイアレベルになってしまう可能性もあります。ですから、あまり多くの金額を残そうと躍起になることは逆効果かもしれません。そういう意味でも最低でも5000万、最高でも1億円くらいにしておきましょう。ということです。また、リタイアをしても仕事を完全に辞めないという方法もあります。ここで言う仕事は正社員やアルバイトではなく、在宅ワークのような軽くて、自由度が高い仕事です。要は雇用されないでSOHOみたいな働き方をしていくということです。借りに1ヶ月1万円でも稼げれば、残りの人生を40年と仮定すると、480ヶ月で480万円分生活資金が上乗せされることになります。これは大きいでしょう。

 

私も現在早期リタイアを考え中というか、リタイアみたいな怠惰な生活しています。ただ、働いていないわけではなく、こうしてブログを書いて広告収入等で稼ぎを得ていたりしますし、後は文章書くのはブログを書いているように好きなので、「 shinobiライティング 」、または「Sagoooワークス 」のようなサイトを利用すると、文章を書くだけで、いってしまえば、パソコンでタイピングをするだけでお金を稼ぐことも可能です。私もShinobiライティングやSagooワークスは利用していて、1日せいぜい1時間くらいですけど、数万円くらいの収入になっています。ですから、早期リタイアをしても、暇な時間は間違いなく生まれますから、そういった簡単な軽作業的な仕事をやっていくと、貯金が減っていくスピードも遅くなりますよね。こういったサイトは別に早期リタイアしてからじゃなくても、現在普通に働いているときの副業としても機能しますよ。何といっても在宅でできますし、仕事量や稼ぐ金額というのは自分で自由に決められますから。

 

今から本業とともに併行すると、早期リタイアのための貯金が貯まるのがより早くなるのではないでしょうか?お金を貯める方法としては、以下の本なども参考になるのではないでしょうか?早期リタイアのために少しでも早くお金を貯める方法と、リタイア後にも貯金現象のスピードを緩めるために、効果的な節約の方法やプチワーク的なお金の稼ぎ方について学べると思います。

 

 

会社の外で月10万円!シッカリ稼ぐ副業・内職入門

会社の外で月10万円!シッカリ稼ぐ副業・内職入門

 

 

5000万円の貯金の人が約10分の1生涯で加算されるわけですから、これは非常に大きな所得になります。実際、今はパソコンさえあれば、月に1万円くらいの金額なんて、そこまで苦労しなくて余裕で稼げるに近い状態になりつつあると思います。上記で紹介したサイトを利用すれば、1日1時間ならば、余裕で1万円は越えられるはずです。2万、3万くらいはいけるのではないでしょうか?ほとんど仕事をしているという感覚にはならないと思うのです。月に1万円くらいなら、1日30分くらいの時間さえかければ稼げる金額だと思います。この程度なら仕事ではないでしょう。暇つぶしに近いかもしれません。私も実際、いずれは完全リタイアに近い状態を作って、悠々自適に暮らしたいなと思っています。本当に忙しいくらいなら私は絶対に暇な方が良い。本当に私は心から仕事が嫌いだ。仕事をしないと一人前じゃないみたいな風潮や、実際に仕事をしないと生きるのが困難な今の社会システムも嫌いだ。だから、安心して職を失えるような状況、一定の年齢を迎えると好き好んで多くが職を自ら捨てるような状況は、私にとっても好ましいのです。

 

先ほど「完全リタイアに近い状態を作って」と言いましたけど、私の場合は仕事を一切辞める、やらなくなるわけではありません。先ほど言ったように、何らかのお金稼ぎは多分していくと思います。ただ、それは自分の中で「仕事をしている」という感覚を持たずに済むような手段、そして時間で行いたいですね。だから、1ヶ月1万円くらい稼げれば良いのです。そうやって、多少不安も解消しつつ、本当に気楽に暮らしていくことができれば最高なんじゃないでしょうか?人間がこれほど一生懸命働いているのは、私にとっては異常なくらいに見えます。それくらいに働かないといけない風潮と実際の社会システムがそういう状況を作り出している面もあると思います。要はワークシェアリングみたいな文化は、この国には根付いてこないですからね。正社員がいくら安定している(もはや安定しているとはいえない時代かもしれない)といっても、1日最低8時間+残業数時間が当たり前の働き方とか、本当に無理です。おまけに嫌な上司とか、人間関係に悩み始めたら、私は数日で多分辞めると思う。今やっている1日数時間の仕事だって、いつか辞めたいと思っているのだから。