就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

「なぜ既卒になってしまったのか?」を面接で聞かれたときの解答例

【スポンサードリンク】

既卒で就職活動をしていると、タイトルのような質問をされる可能性もあります。個人的には既卒は新卒や中途採用に混じって、選考を受けない限り、この質問をされる可能性は高くないと思いますけど。というのも、中には既卒を欲しがっている企業もあります。そういうところは既卒専用の求人を出して募集をしているところがあります。そういう企業はまさに既卒を欲しがっているので、どうして既卒になったのか?何で新卒のときに就職しなかったのか?といった質問をしてくることは考えづらいのです。ただ、聞かれない可能性は0ではありませんから、一応考えておいた方が良いでしょう。じゃあ、何て答えるか?が問題になります。はっきり言うと、あまりポジティブな回答にはならないと思うので、そこが悩みの種ですね。

 

基本的に新卒で就職活動をしていたけど、内定がとれなかった人はそれをそのまま話しましょう。それで問題ないと思います。既卒になる人の1番大きな理由がこれでしょうから、面接官の想定範囲内でしょう。新卒のときに1社も内定貰えなかった(貰えたけど、希望の企業に程遠いから蹴った可能性もある)と言ってしまうと、どこの企業も必要としていないダメ人間と面接官に思われるんじゃないか?みたいな懸念があるかもしれませんけど、そこは気にしなくて良いと思います。だって、1社内定とった人だって、普通に考えて数十社に落とされているわけですよ。それが今の就活じゃ普通じゃないですか?50社受けて内定0と50社受けて内定1というのは、当事者にとってみれば天国と地獄の違いはありますけど、客観的に見たら、どっちもどっちでしょう。50社に蹴られたか?49社に蹴られたか?の違いでしかありません。

 

50社受けて、内定0の人も51社目で内定出るかもしれませんし。そういうわけで、結果的に1個内定をとれた人だって、多くの場合は「あんたみたいな人間はいらないよ!」って、数多くの会社に言われ続けてきた事実は変わりません。だから、別に内定が1つもとれなかった人がダメ人間なら、それ以外にダメ人間なんて相当いるはずですよ。だから、そういうことについては気にする必要はありません。したがって、新卒時にも一応就職活動をしていた人は、「新卒時にも就職活動ををしておりましたが、残念ながら内定をいただける会社がありませんでした」といった内容で構わないと思います。面接官だって、そりゃそうだろうなー。くらいにしか思わないでしょうから、当たり障りのない回答として問題ないと思います。

 

新卒時に就職活動をしてこなかった人の場合は、その理由は人によるかもしれませんけど、そのときに就職する気が起きなかった。というのが考えられる1番理由かな?と思います。でも、既卒として就職活動を今まさにしようとしているということは、今はその気があるということですよね。じゃあ、それで構わないと思います。在学中には就職する気になれなかった。フリーターで良いやと思っていた。しかし、卒業してみて、仕事に対する考え方が変わり、就職活動を真剣に行うようになった。そんな感じで良いと思います。結局は大学在学中の自分と今の自分の気持ちが変化していること、仕事に対する考え方、働き方に対する考え方、将来の自分に対する考え方が新卒のときと既卒のときで変化したこと、もっと良い言い方をすると、成長したことが分かれば良いと思うのです。

 

また、冒頭でお話したとおり、既卒の人が就職活動をする場合には、既卒者専用の求人を扱っているサイトを利用した方が良いと思います。普通の転職サイトなど、中途採用がメインのところを利用していても、そういうところに載っている求人は別に既卒者が欲しいわけじゃありませんから、採用可能性は低いと思うのです。逆に既卒者専用の求人に応募できれば、企業は既卒者が特に欲しいために、そりゃ採用可能性が上がります。また、既卒者は既卒者同士で争うことになるため、周りのレベルが高くないというか、自分と同じですね。就業経験のある中途採用の人と争うことはなく、既卒者のみの土俵で、争う相手も既卒者だけになるので、精神的にもちょっと楽だと思います。

 

既卒者におすすめしたい就職支援サイトは「いい就職.com」です。ここでは、単に既卒者用の求人の紹介に終始することなく、就職活動のスタートから内定まで、きちんと面倒を見てくれます。相談員がいるので、彼らに気になること、不安なことなど何でも相談できる環境が整っているということもありますし、これから1から就職活動を始める方にはセミナーや説明会を通して、初歩の初歩から学んでいけます。さらには、履歴書やエントリーシートの書き方、または1番大切な面接を突破するための模擬面接を行って、実際の面接で通用する力を養っていく。内定を手にするまで、そういう1歩ずつ階段を上っていくスタイルが特徴です!

 

 

 

既卒なんてこわくない!

既卒なんてこわくない!

 

 

あわせて読みたい記事