就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

内定辞退をお祈りメール形式で行うと、何で人事が怒るの?

【スポンサードリンク】

先ごろ話題になったニュースで、「内定辞退をするのに、お祈りメール形式で行った学生」が取り上げられていました。これを実際に受け取った会社の人事担当者は怒り心頭だったみたいですけど、私は何でそんなに怒るんだろう?と不思議で仕方がない。これは学生がお祈りメールで不採用を突きつけられたことに対する怒りから、そのお返しの意味も込められているのかもしれない。ただ、私は学生が受けるお祈りメールも気持ちはあんとなく分からないでもないけど、怒る理由がよく分からないのです。お祈りメールというのは、末尾に間違いなく「今後の貴方の益々ご活躍をお祈り(ry」といった文言が入っていることから、そう呼ばれているのですが、今回の内定辞退で使われたメールにもそういう文言が入っているみたいです。学生が受ける不採用通知のお祈りメールも、企業が受けた内定辞退のお祈りメールも、メールの内容自体はいたって普通なのです。別に非難を受ける内容ではないと思います。

 

 

 確かに丁寧すぎて、逆に不快と感じる気持ちも分からないではないが、はっきり言って他に適切な言葉もなかなかないんですよね。丁寧に書いても叩かれる、じゃあもっと砕けた文章とか書いたら、それもそれで多分叩かれますよ。要は不採用通知自体が学生にとっては大変不快な出来事であって、それへの怒りをぶつける先がお祈りメールの内容になってしまっているのではないか?と思うのです。私自身、就職活動をちょっとやっていたときには、不採用通知のメールがくるだけで確かに凄いむかついた記憶がある。それは企業に対しての怒り、恨みに近かった(逆恨みだけどw)のです。ただ、別にお祈りメールの内容について、いちいちとやかく何かを思ったことはないのです。むしろ、私はサイレントお祈りの方が良かった。それは不採用通知を直接告げられないからです。メールがくると「あなたは我が社には必要ない」ときっぱり言われてしまうから腹が立つのであって、それを言われない。そうなると、不採用ってのもなんとなく分かるけど、きっぱり言われない分、腹はそこまで立たなかったのです。お祈りメールに怒り心頭の学生は、じゃあサイレントお祈りなら良いのか?というと、それについてもまた怒るんでしょう?だから、学生の腹の内が理解できないのです。

 

サイレントお祈りという不誠実な対応は勿論怒るけど、きちんとメールで不採用通知を送ってくる企業についても丁寧すぎて怒る。わがまますぎないかな?と思わずにはいられません。今回の場合は内定辞退に際して、メールでそれをされた企業の人事担当者が怒っているわけですよね。それも結局理解できないのですよ。先ほど言ったように、この内定辞退のお祈りメールも、文面自体は凄い丁寧に書いてあります。つまり、普通に考えたら怒られるポイントがないんですよ。メールで内定辞退を済ませること自体を批判するとしても、メールじゃ何故ダメなのか?それを説明できるでしょうか?欠点があるとすれば、相手に確実に伝わったか?分からないということくらいでしょう。致命的とはいえないと思うのです。電話で行う人が多いのかな?と思いますけど、メールで代替できるならば、それで構わないと思いますよ。

 

あと、最近は内定辞退をすると脅迫とかをしてくるおかしな人事担当者もいるみたいですから、その影響もあってか、電話とかしづらいんですよね。そうあるケースじゃないと思いますけど、もし相手がモンスター人事だったら、電話越しに何を言われるか?分からない。そういう点も含めて、メールが流行る理由がどんどん生まれてしまっているのでしょう。また、今回の件については以下のような学生の方を批判する声もあります。

 

 

立場が違うのはその通りでしょうね。ただ、立場が違うというのは、この時点でいえば、採用前は学生は選ばれる立場で、企業は選ぶ立場なので、企業の相対的に上でしょう。ただ、内定を複数手にしたこの時点では、学生が選ぶ立場で、企業は選ばれる立場であり、逆転しています。つまり、立場上のこと踏まえるのなら、尚更学生の行動は兎角おかしいとはいえないと思います。また、不採用通知のお祈りメールを送ってくる段階は、企業の方が立場上は上の段階ですから、それと今回の内定辞退のお祈りメールを比較すると、「その時点で立場が上の者が下の者に対してお祈りメールを出している」という行為の実質は双方とも変わりません。タイミングが違えど、結局やっていることは一緒だと思うんですけどね。このつぶやきの理由で学生を批判するならば、同時に企業も批判することになり、双方の立場云々は関係なくなりますよ。「性格の悪い学生」って表現も、単にお祈りメール自体に嫌悪感を感じた末に、やり場の無い怒りを学生に理不尽にぶつける人事担当者と変わらない気がします。

 

 

何でこれが逆恨みなんでしょうか?逆恨みってことは、少なくとも学生の送ったメールが社会一般的に見て、あまりに不誠実とか、常識を逸脱しているとか、そういったものでなければならないと思います。文面を見たけど、普通の文章じゃないですか?この文章のどこに叩く余地を見出せるのか?私にはさっぱり理解できない。だいたい、「逆恨み」って言葉を使うのであれば、学生が行った行動の前に、企業にやられた行動があくまでも正義である必要がありますよね。要は企業が行った行為は正当であって、それに対する仕返しが不当だから「逆恨み」になるわけでしょう?学生のやったことと企業のやっている行動それ自体が別段変わらないのに、「逆恨み」ってどういうことでしょうか?学生の行動が不当ならば、自動的に企業の行動も不当になってしまい、全然逆恨みじゃない。普通の仕返しになると思うのですが。

 

 

結局、こういう風に考えてしまう人が多いってことでしょう。祈らなければ良いというはよく分からないんですよね。本能的に不快感を感じるのはしょうがないと思うけど、相手の今後の活躍を祈ること自体は全く非難されるべきことじゃないでしょう。相手の思いやっているのだから。それをこうやって公の場で非難する人が増えたから、「お祈りメール」という揶揄するような言葉が出てきたりするわけですよ。要は「お祈り」の件は、相手の善意じゃないですか?相手を挑発するためにわざわざそれを書いたという場合ならまだしも、そうじゃないのなら、それをいちいち性格悪そうに踏みにじって、揶揄する行為こそがまさに愚の骨頂だと思うんですよ。こんなところにいちいち怒ってどうすんだ?あなたたちはどれだけ短気なんだ?内定辞退のお祈りメールで書かれていた文面にもそれは書かれていますけど、それに人事が怒るってことは、この人もそういう人だってことでしょう。「お祈り」の件にいちいち過剰反応して、怒りを露にするような人は、相当性格が捻くれているような気がしてしまいます。本来は善意で満たされている「お祈りメール」を捻くれた捉え方をするような人がそもそも問題の出発点だと思います。

 

 

本来は↑のツイートのように捉えるのが自然だと思うんですよね。どうして、どうしたら相手の善意が「煽り」や「嫌味」の感じるのか?そこが不思議でしょうがない。

 

結局、内定辞退をメールで済ませる場合に、じゃあ何て書けば彼らは納得するのでしょうか?氏名や大学名を添えて、「内定を辞退させて頂きます」の一言だけで良いのでしょうか?私が人事担当者なら、はっきり言うと、これでも構いませんよ。内定辞退をされること自体は、手段やその文面が変わっても一緒じゃないですか?だから、お互いにとって手間がかからずに、早く済んだ方がいいだろうと思うから、別に内定辞退の真意がちゃんと伝われば何でも良いです。内定辞退1回につき、その手段や文面でいちいち怒っているのは時間の無駄だと思えるくらいです。でも、世の中の大半の人事はこれでも多分怒ると思うのです。丁寧に書いても怒る。相当端折っても怒る。結局、こういう人たちは何書いても納得しないのではないでしょうか?それは内定辞退自体に怒っているからです。内定辞退自体に怒っていない人は、お祈り形式のメールを送っても多分怒らないのではないですか?

 

 

こういうメールに怒る人の真意はこのツイートの通りでしょう。さっきも言ったけど、要は不採用、内定辞退のそれぞれ自体に対する怒りが、結局「お祈りメール」に矛先が向けられてしまったというだけ。他に怒りをぶつけるものがないから。そして、あえて煽りや挑発目的でこういうメールを出すなら怒るのも分かるけど、そうじゃないケースだってたくさんあるでしょう。普通に考えたら、本当に善意でこういう文面を選んで書いている人立て山ほどいるはずだと思うのですが。それを全てが煽りや挑発としか捉えられないのは違うと思うし、そういう批判はおかしいのでは?と思います。こういう文面が完全な煽りや挑発目的で書かれたものであるという前提があってこそ、お祈りメールに対する批判が成り立つのであって、それがケースバイケースの段階では、その批判の正当性はかなり乏しくなってしまうと思うのです。「お祈りメール」を一概に批判すべきではないと思いますし、人事も文面如何で腹を立てないで、スルーした方が良いと思うんですけどね。

 

 

就活極意 また、「お祈りメール」がきました。

就活極意 また、「お祈りメール」がきました。

  • 作者: 入江恭広
  • 出版社/メーカー: 早稲田出版
  • 発売日: 2009/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 57回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あわせて読みたい記事