就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

アフィリエイトで記事を書くなら文字数は多い方が良い?

【スポンサードリンク】

アフィリエイトをするためにブログの記事を書く際にはどれくらいの文字数を書けば良いのか?悩むこともあるでしょう。実際に文字数が影響を与える度合いはそんなに大きくないとは思いますけど、そうもいえない気もしないでもないのです。それは文字数が検索順位に影響を与えている可能性もあるからです。記事の文字数は検索順位とは関係ないという人もいます。確かに関係ないというのを私も以前は支持していましたが、実際に関係あるんじゃないかな?という気がしているのです。たまに凄い長いブログを書くことがあります。3000文字くらいの超大作を書くことがあるのですが、そういう記事って、何故か検索順位で上位表示されやすい傾向がある気がするのです。これは自分の体験談で。

 

ただ、これは文字数が影響しているのか?それ以外が影響しているのか?はちょっと判断が難しいです。というのも、文字数が多い記事というのは、私がそれなりに知見があって、詳しい話題について書いているときなのです。つまり、もしかしたらないように説得力があったり、内容が濃かったりして、読者に有益な情報を与えていると、検索エンジンが評価してくれたのかもしれません。この場合、文字数よりは中身が重視されているので、文字数はあまり関係ないということになります。ただ、逆に考えれば、凄い詳しいことについて書いているから、いろいろな情報を併せて載せやすい。結果的に文章がどんどん長くなり、文字数がどんどん多くなっていく。という現象になっているのかもしれません。そうなると、大切なのはあくまでも中身の充実度合いであって、文字数は結果的に多くなったモノに過ぎないという見方もできます。

 

どっちが正しいのでしょうかね?文字数は関係なく、あくまでも中身が優れている記事が表意表示された結果、たまたま文字数の多い記事が上位にきているのか?あえて文字数の多い記事を上位に表示しているのか?それは私たちには正確には分かりません。ただ、文字数が少なくてダメなことはあっても、多くてダメなことはほぼないと思うので、多少意識して多めに書いていっても良いのかもしれません。とはいっても読者のためにならないような、どうでも良い文章で文字数を無理矢理長くするようなやり方では、ほとんど意味がないということになるかもしれませんけどね。大切なのはあくまでもその記事の中身であるということはそうだと思いますけど、付加価値として、文字数が多い方が良いのかもしれません。

 

したがって、記事を書く際には、まずは中身の質を高めていくことを意識していきましょう。そして、記事の質を高めるには、質の高い記事を書くには、自分が詳しいことを書くと良いと思います。自分が関心のあること、自分が詳しいことを書くと、何も知らないようなことを書くときと比べると、書くことのできる話題は豊富なはずですから、自然と文字数が増えていくと思うのです。そういう意味では、質の高い記事は自然と文字数が増えていくもの。とも捉えることができそうですね。あくまでも大切なのは記事の中身だと思いますよ。私の検索上位表示された記事というのも、文字数ではなく、記事の質の高さがおそらく評価されたのだと思います。その記事が結果的に文字数が多かったというだけでしょう。

 

アフィリエイトで稼いでいくためには、かなり多くの記事を継続的に書いていく必要もあるので、あまり1回の記事の文字数を多くしようと意識していたら、その度に疲れてしまいます。そうなると、いつか嫌になって辞めてしまう可能性もあるので、無理に伸ばすことは、そういったマイナス面も抱えていることになると思います。アフィリエイト用の記事を書くときには、書きたいことが全て書ければそれで良し。むりの文字数を増やして、ボリュームを上げていく必要はないということです。そんな感じでアフィリエイト用の記事を書いていってはいかがでしょうか?

 

アフィリエイトB

 

普通の主婦がネットで4900万円稼ぐ方法

普通の主婦がネットで4900万円稼ぐ方法