就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

転職の面接で空白期間を説明するときのベストな回答例

【スポンサードリンク】

空白期間を気にして転職に気が進まない人、または転職活動を頑張ってはいるけど、面接では空白期間についてどう答えたら良いか?迷っている人もいるかもしれません。確かに空白期間は就職する場合も、転職する場合も、求職者を悩ます1つの種ですよね。これは空白期間のある人は確実にそこを突っ込まれてしまい、それが不利になるのでは?と思っているからかもしれません。少しの間なら良いかもしれませんが、それが長引くとさすがに自分自身でも気にしているでしょうし、当然面接官も気にするのでは?と思ってしまうのも無理はないでしょう。1年とか、2年以上になってしまうと、結構長いブランクですからね。空白期間は元には戻らないので、それがある前提でどう転職活動で、内定にこぎつけるか?考えていきましょう。

 

空白期間がある程度長いような人は、確実にそこを面接で聞かれる可能性があるので、何と答えるべきか?考えておく必要があるでしょう。空白期間があるというだけで、あまり良い印象になりませんけど、ここはそこをなんとか良い印象に変えられるように回答を考えていきましょう。例えば、ある程度長い空白期間、1年以上のものである場合には、1番望ましいと思うのは、企業を探すのに真剣だった。というものです。転職活動に真剣だった。というものでも良いと思います。結局、転職するということは、就職するということと同義であって、その企業で定年までお世話になる可能性を秘めているじゃないですか?つまり、生涯そこで働く可能性を持っているわけですから、生半可な気持ちで決めることはできないはずです。そうなると、自分の合った企業を探し出すには時間がかかるはずです。

 

こういうことを言うと、ただえり好みしているだけじゃないか?と突っ込みを入れる人もいるかもしれませんが、えり好みをしないでさっさと決めてしまって、それで良いのでしょうか?自分に合っているか?どうかも分からないような企業を受けてそこに採用されたとして、そういう企業で長く働いていけるでしょうか?適当に決めれば決めるだけ、私は結局働いているうちにその企業の嫌な面が露呈してきて、辞めたくなるリスクが高くなるだけだと思います。つまり、えり好みをしないで、さっさと転職先の企業を決めてしまうということは、自分がいずれ辞めるリスクを高めるということと同義だと思うのです。それは求職者本人にとってもマイナスでしょうけど、せっかく雇う企業にとっても、いろいろなコストをかけながら雇ったのに、すぐに辞められてしまってはさすがに困るでしょう。つまり、双方にとってマイナスの事態をもたらすのです。

 

だから、求職者、企業双方にとって1番形というのは、求職者がえり好みをして、本当にここなら大丈夫だろう!と思える企業が見つかったときに面接を受けに来るというパターンだと思います。だから、ある程度期間が長引いてしまう。自分に合った企業を見つけるのに、探すのに時間がかかってしまって、その間空白期間がどんどん長くなっていってしまうというのは、すでに述べたことを考えるとしょうがないことです。仕事に就いてもすぐに辞めてしまったら、それは本当に求職者や企業にとっても望ましくないこと。だから、私は慎重に企業を選んでいる。それは企業にとってもプラスのことなのですから、あえて企業が嫌うポイントにはならないはずです。この空白期間の長さは企業にとってメリットにもなりうるものですからね。ですから、面接で空白期間のことについて聞かれたら、以上のことを踏まえて「再度、仕事に就いてもすぐに辞めて会社に迷惑をかけないように、慎重に自分が納得できる企業を探していたので、時間が大変かかってしまった」といったものが良いのではないか?と思います。

 

慎重に企業を選ぶということは、やはり大切なんですよね。実際に、本当に慎重に企業を見て回っていて時間がかかってしまった。というケースだってあるでしょう。ただ、そういうときに是非利用してほしいのは「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス 」です。これは数多くの企業の職場に関する口コミが掲載されているサイトです。そこで働いたことのある人からの情報なので、匿名ですけど、匿名だからこそ自分の立場を考えずに遠慮しないで書けると思うので、リアルな情報が載せられているのではないか?と思います。通常は一部しか見られないみたいですけど、登録すると全ての企業を見られるみたいです。企業選びは転職において、本当に大切です。失敗しないようにしたいですからね。そういうときにオススメしたいサイトになります。

 

空白期間を実際、面接官がどういう風に捉えているか?というのは分かりませんね。よく言われるのは、別に面接官は空白期間をそこまで悪いイメージとして捉えているわけではない。というものです。単に気になったから聞いているだけ。といったことも言われます。実際、面接を受ける側の人間ほど、面接官や人事担当者は空白期間を気にしていなかったり、嫌っていないケースもあると思います。そうじゃないケースもあるでしょうけど。面接はとにかくそういうことについて気にしすぎてしまうと、それが面接中の態度などに現れてしまい、不信感を与えることにもつながりかねないので、とにかく万全の回答を用意して、自信を持って面接に挑んでいきましょう。転職は自分の人生を本当に左右するものですから。

 

転職活動をされている方は転職情報サイトを通して求人を探して応募していると思います。ただ、使っているのはそんな多くないですよね。ただ、転職情報サイトはメジャー、マイナー含めてかなりの数があります。その中で実際に利用しているのは一部じゃないですか?そうなると、実は使ってないところに自分の希望にマッチする企業があった!?とか、そういう事態ももしかしたら起きているかもしれません。そういう取りこぼしは勿体無いですよね。そこで、オススメなのは「転職求人」というサイトです。ここは国内の大手、中小の転職情報サイトを10以上集めて、そこにある求人を1度に検索対象にして、応募までできるという優れものです。DODA、イーキャリア、@type、キャリコネ、キャリアトレックなどの10以上のサイトを集めたので、検索できる対象が増えて、幅が広がったことによって、より自分の希望している条件にマッチする求人が見つかる確率が上がります。10以上のサイトを掛け持ちするのは現実的に無理がありますから、管理とかも面倒ですし。そこで当サイトを利用すると、手間を最小限に抑えながら、1度に多くの求人に網をかけることができるので、利用は無料ですし、是非オススメしたいと思います。

 

【転職求人】なら、いろんな転職サイトの求人情報まとめて検索できます!

 

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

 

 

あわせて読みたい記事