就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

転職で失敗や辞めたいと後悔しないためにはどうすれば?

【スポンサードリンク】

転職をするということは、現在の職場に不満を感じているからこそ行うものですよね。ただ、そうやって転職を開始したはいいものの、いざ転職をしてみると、以前の会社の方が良かった・・・。と思えてしまうケースはそれなりにあるようなのです。転職を成功させてみたはいいけど、いざ新しい会社で働いてみると、こんなはずじゃなかった!といった後悔が生まれてしまう。前の会社の方が良かった。と思えてくる可能性はないとはいえません。そういった転職の失敗をしないためにはどうすれば良いのでしょうか?問題は転職を成功させた後に、新しい会社のどういうところに不満を感じるところがあるか?ということでしょう。待遇面に関しては、虚偽のことを伝えられない限りは事前に分かると思うので、入社してから後悔することはないと思うんですけど。入社する前にはちょっと判断が難しいところに、入社後に後悔する余地が生まれてしまうと思うのです。

 

辞めたくなる理由などは人ぞれぞれ、ケースバイケースだと思いますけど、そういう会社には何らかの問題点を抱えていることが多いです。それを事前に見極められないと、問題を抱えた会社に入社してしまって、後悔するとういうのがよくあるパターンです。詳細は、職場の雰囲気が自分に合わない、予想以上に仕事が大変、任された部署や仕事が想像と違う、そういったものではないでしょうか?そういったケースまでいかなくても、何か不信感を抱えたまま仕事をしていくのは、何か嫌ですよね。そういった失敗を避けるためにできることの1番は面接時にこちらからいろいろと質問していくことです。中には聞いたら選考で不利になるかな?と思えるような質問であっても、そこで働いて辞めたくなる事態よりは断然マシです。例えば、「離職率はどれくらいですか?」とかね。辞める人の割合が多いと、やっぱり何かしら問題がありそうな会社だな・・・。と事前に選考を辞退することもできるので、意味はあると思います。リスクの質問かもしれませんけど、そういった質問を積極的に行わないと、転職は成功しても、その後に入社してから失敗が待っている可能性があるのです。

 

先ほど挙げた例だと、職場の雰囲気は聞いても差し支えないでしょう。ただ、これを聞いても正確に伝わるわけではないですし、よくある「風通しの良い職場」とか、テンプレ回答しか得られない可能性もあり、これは実際に働いてみないと分からない部分ではありますね。予想以上に仕事が大変ということについては、具体的な残業時間、休日出勤の頻度とかを聞いておくべきですね。これも面接官からすれば、あまり聞かれてほしくない質問だと思います。後々の選考に響く可能性もありますけど、転職先で辞めたくなるケースに比べたら断然マシです。だから、本当に後悔したくないのであれば、是非面接の段階で聞いておいた方が良いでしょう。

 

そして、最後の任された仕事が想像と違う。これについては、実際に働いてみないと何ともいえない部分だと思います。どういう仕事を与えられるか?は入社が決まらないと分からないでしょうから。面接の時点で配属や具体的な仕事について聞いても、詳しく面接官も答えられるか?は微妙です。また、仕事や部署についてもずっと同じことをやっているわけでもないので、いずれ別の仕事をするようになり、最初は良くてもいずれちょっと嫌な仕事をしないといけないときもくるでしょうから、これは何ともいえない気もします。結局、後悔しないための転職で必要なことは、面接の時点で自分が入社したらどういう働き方をするのか?あらかじめ聞いておくというのが有効でしょう。面接でしか直接詳しい聞きたいことを聞くチャンスはないでしょうから。

 

また、ネットの口コミサイトを利用するという手もあるのです。例えば、「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス 」のようなサイトは、相当数の企業に関する口コミ、評判が集まっており、一部が見られる状態で、会員登録をすると全てが見られるみたいです。ここに集められている口コミは一応、実際にその企業で働いた人による情報のようですけど、匿名なのでどこまで信用できるか?は分かりません。ただ、顕名だとしたら、自分の名を明かすわけですから、自分の立場を考えて本音は言えないことはあるでしょう。そういう意味では、匿名だからこそ、包み隠さず伝えられる情報ってあると思うんですね。こういったサイトを、実際に気になる企業を見つけた場合には利用して、評判等を確認してみるというのも1つの手でしょう。

 

先ほどの話に戻ると、面接は人事担当者が求職者を見極めるだけではなく、求職者が企業を見極めるための場でもあるということです。転職で失敗したくないのなら、面接は受身ではなく、こちらからも攻めていきましょう。それによって面接官の心象を害することもあるかもしれませんけど、よく分からないまま入社するよりはマシでしょう。転職が決まってもそこで嫌な毎日を過ごすくらいなら、その前に不採用を食らった方が良いと思うので。転職活動で成功を収めるには、面接が特に大切なわけですけど、転職成功後にいかに失敗しないか?についても面接が大切だと思います。転職をして、絶対に失敗しないというのは不可能だと思いますけど、面接時にこちらから積極的に質問等をしていくと、そのリスクを幾分か下げられるのではないでしょうか?

 

転職で失敗したくないならば、マイナビエージェントの情報を利用するというのが手です。マイナビエージェントでは、転職希望者のために支援をしてくれます。例えば、希望の条件に沿った求人の提供、履歴書などの添削、模擬面接での指導など、利用者が確実に転職できるようなサポートが充実しているのです。また、マイナビエージェントのキャリアコンサルタントは、多くの企業とのパイプを築いており、日々多くの情報を集めてくれています。例えば、応募する求人探しにおいては、職場の様子や雰囲気など、実際に働いている人間じゃないと分からないようなことであっても、人事担当者から直接伺っているので、お伝えすることができますし、書類選考や面接の合格率といった、そんなことまで分かるの!?といった貴重な情報までも集めてくれているのです。実際に書類を応募する企業に送る際には、人事とパイプを築いているコンサルタントから、求職者の長所や魅力などを詰めた推薦状を送ってもらえます。人事と交流のあるコンサルタントから送られてきた推薦状なら信頼できるでしょうし、面接や書類上では見分けられないような求職者の新たな発見にも役立つでしょうから、トータルで見ても採用可能性を格段に上げるサポートが期待できると思います。

 

 

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する