就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活の会社説明会や面接で、服装自由や私服を指定されたら

【スポンサードリンク】

これから就職活動を本格的にスタートしていく方も多いかと思いますけど、そのときに面接や会社説明会に出席する際に服装で悩まれるかもしれません。特に指定がない場合は問題は起きないと思います。自動的にスーツを着ていくでしょうから。ただ、「服装自由」とか、「動きやすい格好」とか、そういう曖昧な表現をされたときには、もう、これどうすんのよ・・・。と頭を抱えますよね。いわゆる「企業のコミュ障」と言われているシーンかもしれません。曖昧な表現しか使わずに、意図がきっちりと伝わらない状況です。実際、服装自由とされていても、社会人の常識の中にはNGな服装はあるそうです。ジャージやジーパンはダメとする企業もあるみたいで、全然自由じゃないじゃないか!と突っ込む人もいるかもしれない。ジャージやジーパンを会社説明会や合同説明会に着て行く人は少ないと思いますけど、じゃあ、何を着ていけば良いのか?悩む人が後を絶ちません。

 

悩んだ場合にはスーツで行くのが1番良いかもしれない。要は服装自由なのだから、別にスーツでも構いません。実際、服装自由と指定しても、スーツで来る人は一定数います。だから、そこまで浮くことはないんじゃないか?と思います。ただ、実際に多いのは「服装自由」と言われたら、時と場合によって私服とスーツを使い分けている。というものです。そういった学生が多いらしいのです。それはおそらく説明会を開催する企業の業界などを考慮して、スーツの方が合うか?私服の方が合うか?を決めているのではないでしょうか?ベンチャー企業とか、IT関連、アパレルの企業は私服でも雰囲気てきに合わないことはないと思うんですけど、昔ながらの企業とか、製造業とか、食品関係とか、そういったところは逆にスーツの方が合いそうな気はします。そういった企業イメージを考慮してから決めるという人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、いつでもスーツで行く。という人も結構いるみたいです。少なくとも、服装自由と書かれていたら、いつでも私服で行く。という人よりはいつでもスーツで行く。という人の方が圧倒的に多いみたいなのです。服装自由だから、別にスーツで行くこともおかしくないのでしょうけど、企業が意図したことと相反する行動なのかもしれない。ただ、不安になったらスーツを選んだ方がマシなんでしょうね。それだけ就活生は企業を信頼していないんです。企業は嘘をつくというか、何で評価を決めているか?分からないというのがあるのでしょう。だから、服装1つにもここまで気を使わないといけないのです。これが厄介ですよね。服装自由とか書いてあるけど、本当に私服で着たら、評価下げられるんじゃないのか?と疑心暗鬼になるのは無理ありません。

 

就職活動では、一体何で合否が決められているか?何が評価に影響を与えるか?分からないので、企業に行くときには全てに気を使わないといけないからです。実際、聞いた話では「私服できてくれ」と面接に呼ばれて、本当にラフな私服で行ったら、面接官に説教された。ということがあったようです。これはちょっと呆れましたけど。私服を要求して、私服で行ったら怒られるんですよ。これが先ほど指摘した「企業側のコミュ障」と呼ばれる所以にもなります。要は怒るってことは、この面接官にとっては別の格好をしてきてほしかったということでしょうけど、学生は私服と言われたんだから、自分の持っている私服を着て行ったに過ぎない。それで怒るなら、じゃあもっと細かく指定しろ。ということになります。

 

そんな事態もあるっちゃあ、あるので、迷ったらスーツで行くというのも自己防衛策としては賢いかもしれませんね。服装自由なんだから、本来は何を着て行っても良いはずです。ただ、そういう場合に服装で悩むくらいならスーツで行きましょう。特に指定なしの場合や書いてない場合には、尚更スーツで行った方が無難といえるでしょう。説明会程度では、参加人数も多いですから、いちいち個別の学生の服装のチェックなどを行っているとは思えないのですが、それは学生の方からは何とも分からないので、やはり不安でしょう。不安なときは常にスーツで大丈夫だと思います。私服で行って浮くくらいならば、スーツ行って浮きましょう。会社説明会の段階から、こんなに精神的に疲弊するのもたまったものじゃないですけど、これから就職活動をされる方、もう始められている方は是非頑張ってください。

 

就職活動をしていく際には、多くの方はリクナビマイナビを中心に進めていくのではないでしょうか?どうしてリクナビマイナビを中心に利用しているのでしょうか?それは誰もが使っているから、自分も使うと安心感も生まれるし、有名なサイトだから何も考えずにまず登録したという人が多いんじゃないか?と思います。ただ、リクナビマイナビは誰もが使っているからこそ、それがデメリットになりやすい面もあるのです。それは利用している人があまりにも多いということは、そこから企業に送られるエントリーの数も当然増えるために、リクナビマイナビに求人を載せている企業は常に高倍率になりやすいのです。つまり、倍率が高くなりやすい=内定が獲りづらいということです。それを避けるためには、リクナビマイナビ以外にも別のサイトを利用してエントリー等をしていく必要があります。

 

例えば、「就職AGENTneo」というサイトは多くの大学生にオススメです。ここは単に求人応募ができるサイトではないのです。リクナビマイナビでは考えられない手厚いサポートが受けられます。例えば、面接の実践練習に就職のプロが直接指導してくれるので、多くの方が苦手にしている面接も徐々に上達していくことができるでしょう。また、カウンセラーが常駐しており、就職活動の悩み相談等もできますし、適職紹介もしてもらえます。この就職エージェントneoから応募した企業の場合だと、通常では考えられませんけど、落ちた場合の理由開示などが行われて、フィードバックもしてもらえるのです。だから、次の面接等に生かすことがしやすいですね。

 

そして、非公開求人を紹介してもらえると非常に内定に近づくことができると思います。多くの人が内定を獲りづらいのは先ほど言ったように、1つの企業に多くの就活生がエントリーして、倍率が上がりすぎてしまうからです。非公開求人は限られた人にしか紹介しませんから、倍率は当然低いはずですし、こういった求人へ応募する場合には就職エージェントneoの担当者が推薦みたいな形で、猛烈アタックをしてくれるので、それは当然採用の可否において有利に働くでしょう。こうしたサービスを無料で受けられますし、企業探しをするときに自分だけではなく、面談等を通じて、就職のプロ目線でもあなたに合った企業を紹介してもらえます。そういう機会を手に入れることは、今後数十年働く可能性のある企業選びのときには非常に役立つと思います。他の就活生はこういうサイトまず知らないですから、ライバルに差を付けて就職活動したい方には是非オススメです!

 

無料で就活生を徹底サポート!本気で内定が欲しい人は必見!

 

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事