就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

阪神の西岡剛が波紋を呼ぶ!あれは守備妨害をとる走塁か?

【スポンサードリンク】

まさか、こんな形で日本シリーズが終わるとは・・・。初めて見ましたよ。守備妨害で終わる日本シリーズなんて。私は阪神ファンでも、ソフトバンクファンでもないのですが、このシーズンは阪神を応援していました。8回の裏松田宣浩のセンター前タイムリーで、ソフトバンクが先制したところで、今までのパターンでは多分諦めていたんですけど、今日の場合は「サヨナラじゃなくて良かった!まだ1イニングある!」って、かなり前向きに捉えていました。チャンスはまだあるから諦めてはいけないと思っていたら、案の定ソフトバンクの抑えサファテが3四球で、ノーヒットで満塁にして、打者は西岡剛でした。西岡の打席でも、サファテはストライクが入らず、カウント1-3までいきました。そして、5球目です。インコースのストレートを打って強い打球のファーストゴロ!ファーストの明石健志がまずホームへ送り1アウト、そしてキャッチャーの細川亨がファースト送ってゲッツーで試合終了!かと思ったら、細川の送球が打者の西岡に当たり、ボールは転々・・・。その間に2人帰ってきた!?と思ったら、ソフトバンクのナインが喜んでいる!

 

そのとき気付きました。これは守備妨害とられたんだな。と、分かりました。私も一応リプレイ見てみましたけど、確かにラインの内側を走ってたのはその通りみたいです。厳密に言えば、内側だった。今回はキャッチャーの細川か?分かんないけど抗議したのかもしれないけど、この程度の内側への逸れ方は普通に起きている走塁だと思うんですよ。だって、観ているファンだって、選手だって、バッターランナーがいちいちラインの内側を走っているか?外側か?なんて絶対にチェックしてないと思う。こういう例外的なケースだけあまりに細かくチェックされて守備妨害をとるというのは、球審のストライク、ボール判定の可変ゾーン並に見ていて釈然としないです。

 

したがって、細かいルールがどうなっているか?分からないんだけど、確かに内側に走路をとっていた西岡に全く非がないとは思えないけど、こういう大事な試合だけ厳密判定されている(普段の試合はラインのどこを通っているか?見てすらいないんじゃないか?)と思った点が腑に落ちなかったのです。要はラインを1ミリでも内側に越えたらダメ(中にはライン上でもダメと言う声もある)、でも、安全圏で外を通れば通るほど、打者にとっては遠回りをすることに成り、明らかにバッターランナーは不利です。また、セカンドベース上のゲッツー崩しのスライディングと多分やっていることは変わらないと思うんです。っていうか、逆にゲッツー崩しのスライディングはショート、またはセカンドの位置を把握して、そこにランナーがスライディングできるから、意図的に妨害しやすいけど、今回の場合って、送球をする細川に完全に背を向けているので、妨害をしようと思っても、それができる余地がそんなにないと思うんですよね。

 

おまけにキャッチャーの細川はホームベース上にいました。別の場所にいたならまだしも、ホームベース上にいるってことは、1塁ベースの内側に投げるのも、外側に投げるのも角度的に難易度は大差ないですよね。そうなると、西岡が内側に切れ込んできたならば、外側に投げれば明らかに安全です。ですから、外側に投げるという選択肢が残されている以上、西岡がいくら内側に走っても、細川の守備(1塁への送球)を妨害していることにならない気がするのです。したがって、ルール上はラインの内側を走っている時点で守備妨害になってしまうんでしょうけど、実際、守備が妨害されていないと思われるケースで守備妨害をとられて、確実に守備を妨害していると思われるゲッツー崩しのスライディングなどは、まずグレーゾーンっていう認識なのか?まず守備妨害をとられない。ここも釈然としないです。

 

西岡が意図的に守備を妨害したという意見もあるけれども、むしろあそこは守備妨害をとられるリスクを犯してでも、細川の悪送球を誘うしかなかった。そうしないと、かなりの確率でゲッツーをとられて試合終了だから。という、西岡の機転を利かせた走塁を褒めているというか、肯定している人もいますね。そういう意図があったとしても、結果審判に見破られたわけですけどね。個人的にはそういう意図(あえて守備妨害になるような走塁をする)があったとしても、別に良いんじゃないか?と思うんですよね。個人的には1塁へのヘッドスライディングをするのも、審判の情に訴えて誤審を誘うみたいな言い方もされますけど、誤審を誘う点では両者は共通しているので、隠し球とかもそうかな?審判を欺こうとするのは賛否両論あるかもしれないけど、それも個人的には野球の面白いところかな?と思います。西岡自身は故意の守備妨害は否定していますが、私は故意だろうが、故意じゃなかろうがどうでも良いと思っています。

 

あと、細川の送球が西岡に当たったから守備妨害とられたけど、これが西岡に当たらないよう投げて、それが逸れて悪送球になって、それで細川が「西岡の走塁が守備を妨害する走塁だから、オレの送球が逸れたんだ!」と主張していたら、守備妨害とってくれたんですかね?ニコニコ生放送でこの試合を解説していた元中日ドラゴンズ愛甲猛氏は「細川はそれを意図してわざと西岡に当てる送球をしたのかも(笑)」と、冗談交じりに話していましたけど。同じ走塁でも、送球次第で判定がもしかしたら変わっていたのでは?と思うプレーではありました。あと、サファテのボークっぽい変な動きもあって、あっちはボークとられませんでしたよね。あれはボークじゃないって意見も多いみたいですけど。個人的にはそれよりも上本博紀にフォアボールを出した後の鳥谷敬の打席の2球目ですよ。サファテが投じた2球目は外角高めでしたが、あれをストライクはちょっと酷いんじゃないか?と思う。私もテレビの前で「ええ!?」って言っちゃいましたけど。鳥谷自身も苦笑いで、「え・・・。」みたいな表情浮かべてましたけど、それもあってか、結果は空振り三振でした。西岡の走塁以上にこっちの方が審判のジャッジどうなんだ?と思えてきます。

 

ただ、西岡の打席でいうと、その前の0-2からの高めのボール球を手を出したのがちょっとマズイスイングだったかな?という気がしています。ヤフオクドームにきてからの阪神の攻撃って、チャンスは作るけど、なかなか点にならない攻撃が続いてましたよね。この西岡の打席もそうだけど、昨日の中田賢一が投げてた試合でも、フォアボールで自滅しているのに、最後に点が入らないで残塁の山ばかり。流れがどんどんソフトバンクに行ってしまう感じでした。今日仮に阪神が勝ちか、引き分けだったとしても、何か最終的にはソフトバンクが日本一になってたかな?という気がしています。この福岡での3連戦はちょっと情けないですね。ミスも阪神は多かったですし。点が入りそうで入らないのが凄いイライラさせますよね。もうちょっとシリーズを面白くさせてほしかった感じです。西岡の走塁を責めている人多いですけど、守備妨害とられていないだけで、ああいった内側に切れ込んでいる走塁をしている選手は結構いると思いますよ。気付いていないだけで。

 

全力疾走

全力疾走

 

 

あわせて読みたい記事