就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

転職の面接で圧迫面接がきたら、ある1つの注意が必要!

【スポンサードリンク】

転職での面接でも実は圧迫面接ってあるらしい。就職活動では、もはや有名になってしまった圧迫面接ですが、転職活動であっても誰かを採用する活動ですから、当然厳しい雰囲気の面接になりやすいことはあるでしょう。どこからが圧迫面接なのか?というのは難しいですけど、ちょっと面接官の反応が鈍いとか、馬鹿にするような発言をするとか、不適当な態度をしてくるとか、そういったのがよくある圧迫面接の類型かな?と思います。面接を受けていて、もしかしたらこれ圧迫面接か?と思ったら、1つ注意が必要なのです。圧迫面接はそもそも何故行われるのでしょうか?よく言われるのは、社会に出てから理不尽なことが多数あると思うけど、その度ごとにいちいち腹を立てられていては会社としても困るし、社会人としてやっていけないから。それを見極めるために行われる。そういった理由があるでしょう。

 

確かに言っていることはその通りなんでしょうけど、それはある意味、自社は「理不尽なことが多いので、事前に見極めさせてもらっている」という意思の表れでもあります。つまり、会社が人を採用するうえで1番大切にしているポイントってなんでしょうか?それはすぐに辞めない人か?どうかという点だと思います。すぐに辞められてしまう人こそ、1番の損失になるのではないか?と。そうなると、当然採用したは良いけど、ちょっと理不尽なこと、嫌なことがあっただけで辞められてしまっては当然困る。だから、面接の時点でそれを見極めておこう。という思惑なのかもしれません。そして、あえて面接で圧迫面接をするような企業というのは、そういうことが実際入社したら起こりやすい企業という見方もあります。

 

つまり、圧迫面接を面接の時点でやってくる企業は、入社したら酷い目に遭うというか、結構大変な仕事を強いられる可能性が高いという見方ができる。ということなのでしょう。あなたがその会社に本気で入社したいならば、圧迫面接であっても、冷静に対応していくことが求められます。圧迫面接だと感じても、結局それは向こうの演技ですからね。真に受けてはいけないのです。何事もないように華麗にスルーできたり、全く表情を崩さずに対応できれば、高評価なのかもしれませんから、「どうせ演技だろ?w」と心の中では、余裕を持ちながら、自分が店員で、理不尽を言ってくるクレーマーのお客さんに対応するような感じで、冷静に普通の面接と同様に対応していけば良いのではないでしょうか?

 

逆に面接を受ける前まではそうでもなかったけど、実際に圧迫面接を受けてみて、ちょっと企業の印象ががらりと変わってしまった場合には、考えた方が良いと思います。そこはあなたが定年まで勤めるかもしれない企業です。つまり、失敗することはやはる避けたいです。ですから、圧迫面接がきた!ということは、その企業に入社したら、特に苦労する可能性が高い、心身ともに疲弊して、毎日困憊のまま過ごす可能性も高い。辞めたくなる気持ちもそれなりに生まれるかもしれない。そういう可能性を持った企業で良いのか?とうのを自分に問いただしてみましょう。今の時代、どこの企業でも、そういう大変なシーン、理不尽なシーンというのはあるでしょうから、妥協は必要かもしれませんけど、それ以上の状況が予想される場合、妥協はとてもできなさそうな理不尽な場面が自分の中で予感できた場合には、1つの選択肢として辞退をするというのもありだと思います。

 

そういった意味では、事前に自分が受ける企業がどういう会社か?ある程度知っておけると良いですよね。働いてもいないのに内部事情を知るのは無理かと思われるかもしれませんけど、例えば「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス 」のようなサイトを利用すると、それが可能になります。ここは日本全国の企業で実際に働いた経験のある人の体験談が掲載されており、どういう職場環境や雰囲気か?どんな仕事を任されているか?日々の働き方はどうか?待遇などはどうか?と言った内容が、その人の主観から述べられています。口コミは匿名ですが、匿名だからこそ自分の立場を気にしないで、本音を述べることができるというメリットがありますよね。本来は一部しか閲覧できないものの、登録をしてもらえると、全て見ることができるみたいですから、これから転職活動をする方で、企業選びの参考にもできるでしょうし、圧迫面接を受けた企業に不信感を感じたときには、ここで本当に大丈夫か?ということを確認するためにも有効でしょうし、逆に面接を受ける前の企業研究をするときにも役立つかもしれません。

 

 

 

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

改訂版 採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する

 

 

あわせて読みたい記事