就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

会社説明会の場で、エントリーシートや志望動機を課すおかしさ

【スポンサードリンク】

そろそろ2016年の就職活動も始まる頃なのでしょうか?最近は、ちょっと前とは日程がずれてきているようで、いつからが本格的に開始なのか?はちょっと分かりません。多くの人はリクナビマイナビに登録して、そこから興味のありそうな企業にエントリーして、会社説明会に参加して、その後SPIとか、集団討論(グループディスカッション)とか、面接を受けていくという流れが一般的かと思います。そういった意味では、多くの就活生にとって、会社説明会がスタートラインになると思います。どの企業に対しても、説明会に参加するのが第一歩で、それに参加できないと選考に参加できないというところも少なくないと思います。したがって、面倒だなと思いつつも、会社説明会に参加しないといけないのが現状なのです。会社のことを理解してから、選考に進むか?どうかを決めてほしい。という狙いがあるのかもしれないですけどね。

 

ただ、企業によっては会社説明会に参加したその場でいきなりエントリーシートを書かされるところもあります。私も体験しましたが、そういうところは会社説明会が一通り終わった後、その場でエントリーシートを書いて、企業に提出しないといけないのです。書かないと帰れないわけではありませんけど、書かないと選考に進むことはおそらくできないのでしょう。会社説明会に参加してみて、会社を一通り理解した後、じゃあエントリーシートを書かせるか!というのはどうなんでしょうか?ちょっと早すぎるだろうと思うのですが。中にはいきなり志望動機を書かせるところもあるみたいなんですよ。志望するか?どうかは今日の説明会を受けて、じっくりと考えてから決めさせて欲しいと思うのですが。そんな終わった直後から、いきなり志望するか?どうかを決めて、かつ志望動機を書けというのは、ちょっとおかしくないか?と思います。

 

志望しないなら、その場でお帰りください。ということなんでしょうけど、もう少し考えさせてよ。というのが私の本音です。今日の説明会を受けて、後日書かせるのならまだ分かります。ただ、説明会の当日、しかも終わったその直後に、頭の中も対して整理されていない段階で、いきなりエントリーシートを書かせて、おまけに志望動機まで書かせるというのは、そこで書かせたものが、どれだけ内容の詰まったものになっているのか?というと、就活生からしてみれば、大したものを書けたという感触はないような気がするのです。例えば、「「ウチが第一志望ですか?」という質問を1次面接の段階でするのはおかしくないか 就活生に甘える社会人」というブログでは、一次面接で「我が社は第1志望か?」という質問をする面接官を非難しています。

 

>まずなぜ「反対」なのかというと、別に最終面接ではそのような質問をしても良いのではないか?という考えを持っていることによる。この段階においてはそれまでの面接を通じて社員とコミュニケーションを重ねてきているわけで、それを踏まえて「他社ではなく、ウチに入る意思はあるのか?」と問いかけ、求職者の意思とその意思を持つに至った理由を確認することはそれほどおかしいこととは思えないのである。


しかし、1次面接や2次面接といった早い段階、換言すれば未だ社員とそこまで話していない状況下にある就活生に「ウチが第一志望ですか?」と問いかけるのはおかしいと感じている。就活生からすれば「ある程度は志望しているけど、"第一志望"にするかはこれからの面接で決めたいんだけど・・・。他にも受けているところがあるし」と思っても仕方が無いのではないか。  


よく面接は「お見合い」に例えられるけれど、僕がその例えを適切だと思えない理由は「1次面接など早い段階で第一志望かどうかを聞く面接官の行為」にある。僕はお見合いをしたことがないので現状認識が間違っているかもしれないが、まさか出会って少しだけ話した段階で「私と結婚してくれますか?」と相手方が言い出すお見合いは無いだろう。そんなこと言われたら「それは、もうちょっと互いに理解しあってから聞いてくれないか。そして今の段階ではあなたのことをよく知らない」と感じるのが自然だ。しかし面接の場においてはこのようなおかしな問答がなされることが珍しくないわけで、だから面接は「お見合い」に例えるよりも、やはり単純に「面接官による就活生の選別作業」と称したほうが適切なのではないかと考えるわけである。

 

会社説明会のその場でエントリーシートを書かせること自体は、まあ良いとしても、志望動機はもう少し後になってから聞いてほしいと思うのです。引用させていたブログにも書かれているように、就活生は本来は、面接を通じて、今受けている企業への理解を示し、志望度合いが固まってくる。だから、面接がある程度進んだ段階では「第1志望か?」ということを聞いても構わないが、かなり早い段階からそれを聞くのはおかしい。といしているのでしょう。確かにその企業への理解度が進むのは、会社説明会もその1つにはなると思うのだけど、それはあくまでも会社への理解であり、会社で働いている人への理解はその後の面接やOB、OG訪問などをしてみないと分からない部分もある。企業としては、ある程度最初に足きりというか、選別作業をしておかないと、面接に進ませる人数が多くなってしまうので、何らかの選別作業をしないといけないのは分かる。だから、エントリーシートを書くこと自体はある程度しょうがないのかもしれない。SPIとか、別にも選別する方法はあるけれども。

 

そのエントリーシートの内容が、「あなたが学生時代に特に力を入れたこと」とか、「あなたの長所と短所は何か?」といった、就活生自身にかかわる質問なら良いと思うのだが、志望動機とか、やってみたい仕事とか、そういう企業にかかわる質問は、会社説明会を1回出た程度でまともに答えられるとは思えない。答えられないことはないけど、何とも不確定要素の高い情報をもとにした、消化不良度の高い内容にしかならないのではないか?と思うのです。この時点で、志望するか?しないか?は決められるにしても、その理由は何とも微妙なものしか答えられないのではないかな?と思います。その微妙な内容をもとにして選別をすると、企業にとっても消化不良度の高い採用しかできない気もしてきます。しかも、学生にとっては、制限時間はないのかもしれないけど、そんなに長居できるものではない。あまり長くいると、企業に迷惑がかかるし、説明会終了後から、記入にかけられる時間は長くても20~30分程度だろう。じっくり考えている余裕はない。だから、良いものが書けるとは思えないのです。せめて家に持ち帰って、じっくり考えてWEB提出するとかしてほしいものですね。

 

就職活動ではエントリーシートももちろん重要なポイントになりますが、やはり内定を取るためには採用をする側の心理も分析する必要があると言えるでしょう。エントリーシートや面接において人事担当者は学生のいろいろなところをチェックして、自社に必要な人材か?どうかを見極めますが、その際にどういう基準で学生を見ているのか?学生のどの部分を見ているのか?という点について知ることができれば、かなり大きな情報でしょう。それを載せたのが以下の本になります。おすすめの一冊なので知っておいてもらいたいのですが、本書は人事担当者がどういう学生を欲しがっているのか?逆にどういう学生はいらないと思っているのか?などについて人事自身が答えているという貴重な一冊です。こういった情報を手に入れることができれば、人事がどういう学生を評価しているのか?学生のどこをチェックしているのか?が分かるので、それを踏まえて対策をすれば人事から気に入られる学生を演じることができ、結果的に内定を取れる確率も上がるのではないでしょうか?人事が学生を採用する基準のようなものは多くの就活生は知らないでしょうから、こういった情報を知っていれば周りのライバルに差をつけることができるのではないでしょうか?早期で内定を取るためのコツなども載っているので、そこも併せて読んでみると良いと思います。良かったら参考にしてみてください。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事