就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

副業禁止規定がある会社の多くはブラック企業認定すべき

【スポンサードリンク】

副業禁止規定を課している企業って、世の中にたくさんあると思います。ですから、副業が禁止されていても、別にそんなに不自然には思わないかもしれません。でも、副業を禁止されたら、それだけ空いた時間を利用して収入を増やす方途が途絶えることになります。つまり、収入を増やすということと収入源を複数持つことができるのに、それができないのです。理由としては、本業(会社の業務)に集中してもらうため、業務上で知ったことを副業で漏らさせないようにするため、といったことがよく言われてます。理由もあまり理解できませんが、副業を一律に禁止する必要はないと思います。というか、本来は法律上に抵触している就業規則等の副業禁止規定はあるはずなんですが、それを労働者の側が知らない。ほぼ一律に禁止されていて、それを守らないといけないと思い込んでいる。それも問題なんですよね。

 

だから、そもそも会社の人間は最初から法律を守る気がないのならまだしも、そうじゃいならまずは法律を学んでほしいと思います。それは働く側の人間もね。そして、ここからが本題ですが、副業を禁止するってことは、先ほど言ったように社員が新たな収入源を持つこと、収入を増やすことという2つの意味を潰すことになります。それはつまり、社員がより安定を手に入れるのを邪魔しているコトになるのです。この状況を脱社畜ブログの日野瑛太郎氏も批判しており、「副業禁止規定って何のためにあるの? - 脱社畜ブログ」のエントリーでは以下のように書かれています。

 

そもそも、今はもう終身雇用も崩壊しているし、会社が従業員の人生を保証してくれるようなことはありえないと思って間違いない。収入源を複数確保しようと考えるのは、リスクヘッジの方法としては極めてまっとうである。これを禁ずるというのは、どうも理不尽な気がしてならない。

 

会社によっては、副業の種類によっては融通が利くところもあるようだが、収入が他にあるというだけで杓子定規的に「副業だ、禁止行為だ!」という判断してくる会社も未だに多いと聞く。どうも、生きづらい世の中だと思わずにはいられない。

 

公務員ならまだしも(公務員でも、給料が少なく、アルバイトをしていたらそれがばれて大目玉を食らったというニュースを以前見たが)、普通の民間企業はもう安定なんてないですよ。だから日野氏の言う通り、勤めている段階からリスクヘッジをために、新たな収入源を模索するのは当たり前の行動です。彼の言う通り、相当理不尽だと思う。あなた方は副業を禁止できるほど給料を与えているのか?副業を禁止できるほどこの会社は安定しているのか?どちらもほぼ全ての会社に当てはまらないと思う。つまり、副業を積極的に禁止してくる企業というのは、企業の利益の追求しか考えておらず、社員の生活をほとんど考えてくれていない。私に言わせれば、こういった企業もブラック企業扱いにすべきだと思いますけどね。

 

副業禁止規定なんてものは珍しいものではなく、多くの企業にあるためにそれをブラック企業というのは、違和感があって受け入れられないとは思いますけど、会社が社員のことを考えていない、会社優先という意味では、世間で言われているところのブラック企業がとっている姿勢を何ら変わらない気がするのです。会社として本業に集中してほしい気持ちは分からないでもないが、それは副業をしたからといっていきなり妨げられるものではない。会社で仕事をしている間、大好きなサッカーのことを考えていて業務に集中できないということだってあるでしょう。だから、本業に集中できない原因なんてのは挙げてみれば無数にある。その中で副業だけを禁ずるのはいかがものだろうか?コンビニでのアルバイトをしていたとかなら、本業にも体力的に影響が出るかもしれないが、ただの在宅ワークみたいなのを禁止する意味はほとんどないと思う。もしこういった仕事ですら禁止と言われたら、それこそ本当にブラック企業だと思うのです。

 

そして、副業をしていて業務上の秘密が漏れてしまうという懸念についていえば、ないとはいえないけど、あまり考えられないと思うんですけどね。これについても、別に副業じゃなくても漏れるケースは考えられるし、これは社員教育をちゃんとやるという方法の方がまだ真っ当だと思うのですが。そういう感じで、会社が主張する副業禁止の理由はあまり納得がいかず、副業禁止という規定それ自体も多くの労働者の身分が不安定な昨今に逆流した、会社の都合だけを押し付けたものになってしまっている気がするのです。副業禁止の規定については、法律上はかなり限定的です。要はすでに挙げた2つの理由に合致するようなものではないと禁止できないとされているようです。つまり、それ以外の副業(ただの在宅ワークとか)を禁止している企業は、それ自体が違法である可能性もありますし、そういう企業はブラック企業認定すべきだと思うのです。ただの在宅ワークであれば、そもそもバレることはありませんけどね。

 

 

 

あわせて読みたい記事