就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

美容整形に賛成?反対?なんて周りがとやかく言うことではない

【スポンサードリンク】

ビートたけしのTVタックル」で、美容整形の是非について放送していたので、観てしまいました。内容としては、今の美容整形の現状や美容整形を受けたいと思っている人、実際に受けた人の気持ちの問題などについて、賛成、反対に分かれて話し合う内容で、賛成派に犬山紙子さん、ミッツ・マングローブさん、そして「人は見た目が9割」の著者である竹内一郎さんなどがいていらっしゃいました。逆に反対派はタレントの千秋さんと哀川翔さんでした。番組では、実際に美容整形をした女性3人が登場していましたが、私の率直な感想としては、整形ってこの程度かよwwwって感じでした。3人ともやっているとはプチ整形の範疇じゃないかな?と思います。3人とも顔がまるで別人になるわけではなく、それまでの顔の面影はかなり残っていて、同一人物だと十分認識できる程度の整形でした。目を二重にしたりとか、鼻の形をちょっと変えたりとかの程度で、整形したって言われないと男性には気付かれない程度だと思います。

 

特に女性は化粧をするので、いくらでも印象は変わると思うので、尚更ちょっとの整形くらいじゃ気付かれないと思います。それに、3人のうちの1人は、実際に整形をする映像が流れていて、その前に彼氏に整形をすることを告げると、彼氏の反応は「痛くないの?」というだけで、整形すること自体には疑問とかも感じてないみたいです。結局、痛くないということを伝えると、納得した様子でOKしてくれました。男性からしてみても、この程度の感覚なのかな?と思えてきますね。私自身もこの程度の整形ならば、別に反対しないでしょうね。顔が別人に変わるほどならまだしも、髪型を変えるくらいの変化しか起きないように思うのです。スタジオでは、千秋さんなどが「親から貰った身体にメスを入れるのは・・・」と、よくある反対の理由を述べていましたが、個人的にはそこまで大げさなことかな?というのが私の意見です。

 

ちょっとした整形でもダメならば、日焼けして肌の色を変えるのも、日本人としてこの肌の色で生まれてきたのに・・・。と言われてもしょうがないような気がしてきます。あと、「人は見た目が9割」の著者の竹内さんは「整形することで、自信がついて人生に積極的になれる」という見解を示しており、そのきっかけが整形になる。といったことを話していました。私自身、整形にある程度賛成する理由はそこですね。顔の悩みって、人それぞれ違うと思うんですけど、周りには理解されない悩みって、やっぱりあると思います。スタジオに来ていた3人の女性も、整形前の写真が出たときに、出演者から「そのままでも十分綺麗じゃないか!」といったことを言われても、何か腑に落ちない様子でした。そりゃそうですよ。他人の評価と自己評価が毎度一致するわけないし、あの美人だよね!って言った人を見ても、そうかな?と思うことだってあると思う。感じ方は人それぞれに決まっているし、それは不思議なことではない。

 

整形をすることで、結局何らかのメリットがあるのだから、そのメリットを当事者しか理解できていないというだけの話なんですよね。哀川さんもカブトムシを飼っているという話をしたら、結局それと同じだよね。みたいな感じに流れていきましたが、私もカブトムシには興味ないし、飼う気も今のところないですけど、それは整形を経験した3人もそうだと思う。カブトムシを飼う楽しさを哀川さんは理解できるが、他は理解できない。整形までして自分の納得いく顔にすることを彼女ら3人は理解できるが、他は理解できない。ごく当たり前のことだと思います。あと、この手の話題になると、先ほど千秋さんが言ったような親の気持ちの問題が出てくると思うんですけど、整形をするって聞けば、親はショックを受けることはあっても、喜ぶことはまずないと思うんです。でも、親が整形に反対して、その子が整形をできないとなると、その子は自分のコンプレックスを背負ったまま今後生きていくことになる。

 

そのコンプレックスが我慢できるほどのものならそれで良いけど、整形願望まで生まれるような悩みであれば、これは本人もそうとう苦しみながら生きていく可能性もある。つまり、整形をしたいと思った子がいた場合、整形をしなければ親はプラスだけど、子はマイナスになり、整形をすれば、親はマイナスで、子はプラスになる。どちらに転んでも一長一短な気がするのです。親としては、子どもが整形を我慢して苦しみを抱えながら生きていくよりは整形をして、生き生きとして日々の生活を送ることができるならば、整形を認めてあげるのも親の務めとして間違った選択のようには思えないのです。番組の最後では、ビートたけしさんが「結局は個人が自分で決めれば良いんじゃないか?」と言っていましたが、そのように思います。少なくとも元の顔を十分維持した顔の整形については、周りがとやかく言うことではないと思う。髪型を変える程度の認識で、私は良いのではないか?と思うのです。

 

 

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)