就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

Youtuberがウザいとは思わないが私はなろうと思わない

【スポンサードリンク】

トピック「YouTuber」について

 

Youtuberという言葉が世間の注目を浴びて久しい。中にはウザいとか、きもいと思っている人もいるようだけど(笑)また、世間にそんなに浸透した言葉ではないかもしれないですしね。知っている人も大分増えたのではないでしょうか?昨日、たまたま本屋に寄ったら、以下のHIKAKIN氏のYoutuberに関する書籍が目立つ場所に置いてあって、おお!と思ったものです。今回のテーマ「Youtuberになりたいか?」ということですが、なりたい?なりたくないか?というと、なるならば完全にお金目当てでやることになりそうだから、ある程度稼げるのならなってみたい気もするし、そうじゃないのなら別になりたいとは思わない。別にYoutuberとして稼いでいる全てがHIKAKIN氏やマックスむらい氏みたいにネット上のタレントみたいな扱いではないと思う。月収数千万とかのレベルになると、ネット上に顔出して、ネット上ではタレント同様の存在にならないといけないのかもしれないけど。

 

僕の仕事は YouTube

僕の仕事は YouTube

 

 

そこまでいかない月収の人ならば、別に顔出しなんかしていない山ほどいると思う。というか、自分でコンテンツを作らないで、すでにあるものをそのままアップしているような人(楽曲、映画など)もいるから、そういう人が稼げているのか?は謎だけど、やり方は人それぞれということでしょう。私は動画作成が好きでもないし、現時点では興味があるともいえない。興味があるのなら、収益が上がらなくても続けていけるのかもしれないが、そうじゃないのなら収益が上がる見込みがない段階ではとても参入する気になれないのだ。収益が上がる見込みがないというのは、私自身がYoutubeのパートナープログラムについてよく知らないのもあるし、一体どういう動画を作って、どのようにアップして、どのように宣伝していくのか?それがよく分からない。

 

ブログでアフィリエイトをするとかは、私自身もコツを掴めてきたこともあるけど、成果がある程度見込めるからやる気が上がるということもある。Youtuberに関してはあくまでも現時点の話だけど、あまりやる気はない。Youtuberを目指すのであれば、多分先に投資とかに手を出すかもしれない。Youtuberで稼ぐためにやはり難しいのは、面白い動画をあげるだけでは多分ダメだということ。ネットのSEO対策などにある程度詳しくなってくると、なんとなく予想はつくけど、ブログだってどんだけ面白い記事を書いてたって、いきなりアクセス数が激増するわけじゃない。露出が必要なのです。検索エンジンで上位表示されるとか、Twitterなどで拡散されるとか、有名なブログで紹介されるとか、何らかの露出がないと、その面白いという事実は誰にも知られない。

 

Youtubeの多分同様で、ある動画を作ったとして、そこが多くの目に触れなければ意味がないのだ。Youtubeパートナープログラムはとにかく再生数を稼がないと意味がない。すわわち、いかに自分の動画を多くの人に見せるか?これはブログを運営する場合に考えることと似ている。例えばHIKAKIN氏などはすでに名前が売れているから、チャンネル登録している人も大勢いるだろうし、新たな動画を投稿すれば、その度に人が観にきてくれる。わざわざ宣伝する手間は省ける。そういう意味で、彼らのようにタレント同然の身分になるメリットは大きい。企業だって、テレビCMで宣伝するとか、とにかく露出を多くすることを考えるのです。ブログの場合は検索エンジンである程度アクセス数はなんとかなるが、Youtubeの場合はどうなんでしょう?私は再度言うけど、詳しくないのでよく分からないのだけど、同じようにはいかないのでは?と思うのです。

 

そんな感じで、私自身はYoutuberを否定しないし、好きなことで生きていくという生き方も否定はしないが、今のところはYoutuberになろうとは思えないのです。それは私の単純な都合で、Youtuberとして収益をある程度あげていくビジョンが見えないから。そして、ブログを書くことは好きだけど、動画をアップすることに別に興味もないからです。私自身もブログを書くという好きなことを今のところ仕事の中心にしているけど、やっていることは同じか。それぞれが自分の好きなことを利用して、マネタイズして、毎日それなりに楽しく生けていければ良いのかな?と思っています。Youtuberの稼ぎがいくら凄くても、好きなことで生きていけるのであれば、別にYoutuberにこだわる必要もないだろう。ということですね。皆さんも好きなことあるでしょう?それでお金が稼げないか?考えてみると面白いかも。

 

 

YouTubeでビジネスを加速する方法

YouTubeでビジネスを加速する方法