就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

転職の面接で「最後に聞きたいことは?」の逆質問の回答例

【スポンサードリンク】

転職を目指して企業の面接を受けているときには、ほぼ必ず聞かれるかもしれません。「最後に質問はありますか?」といったことです。これは業界では「逆質問」と呼ばれていたりするのかと思います。この逆質問にいかにして答えるか?というのも、合否を決める重要な要素になるからです。終わりよければ全てよしと言われるように、最後の最後に良い質問ができれば、一気に評価も高まる可能性もありますし、逆にここで面接官をがっかりさせてしまうと、それまでの苦労は水の泡になってしまうかもしれないのです。そういった意味で非常に重要な質問といえると思います。では、この逆質問を考えるうえでのポイントは何でしょうか?それはこちらから向こうに対する質問だっても、自分をピールすることが大切だと思うのです。

 

面接って、基本的に自分を企業に売り込むアピールする場だと思います。それは間違っていないのですが、それは多くの場合面接官からの質問だけに限られてしまうと思っている人もいると思うのですが、それは違うと思います。こちらから面接官に質問をするときにもアピールはできますね。こういう逆質問の機会でも、同様に自分を売り込むことが出来るか?というのは、合否を決めるうえで非常に大切なポイントになると思うのです。じゃあ、この逆質問で一体何を売り込めるというのか?というと、1番に挙げられるのは「やる気」です。やる気はどんな仕事にも絶対に必要じゃないですか?前向きな気持ちともとれるかもしれません。この逆質問のチャンスにおいて、自分が今受けようとしている会社で働くうえでのやる気、前向きな気持ちを示すためにどんな質問をすれば良いのか?

 

自分が会社で働くうえでやる気を見せるためには、自分が働くことになったつもりになってみることが大切です。これはどういうことか?というと、例えば、「入社が決まったら、それまでに何をしていれば入社後に御社に貢献ができそうですか?」といった質問をしたらどうなるでしょうか?この人は、入社するまでの短い期間でも、なんとかしてに自社に必要な存在になろうと努力する人間なのではないか?といった割と印象の良い評価をしてくれそうな気はします。実際、できることは限られており、特別な経験や特別な資格を取得するなどは厳しいものの、その期間で自分を磨いて、自社でいかに利益を出せるか?を真剣に考えている。そういった肯定的な評価を得られそうな気はするのです。これが逆質問において、面接官に自分のやる気、入社までに自分の熱意を示すアピールになるというものです。

 

多くの方は、単純に自分の聞きたいことをそのまま聞いて終わりだったりするかと思うんですけど、それではちょっと勿体無いのです。ある種、面接の中1番アピールするチャンスであると思うのです。逆質問以外では、面接官から聞かれたことの範囲内でしかアピールできません。それを越えたアピールは、趣旨から外れてしまい、面接官からコミュニケーションがとれないのではないか?と思われてしまう可能性もあります。だから、アピールの主導権をこちら側が完全に握っている逆質問は、面接の中でも絶好のアピールのチャンスになるというわけです。転職で成功する人とそうじゃない人の差は、この1番最後の逆質問の機会で生まれるかもしれません。この質問内容だけで合否が決まることはないでしょうけど、いくらかの影響は与えている可能性もあるので、逆質問もしっかりと考えてから面接本番に挑んでいくと良いと思います。

 

逆質問の機会では、単純に気になることを聞きがちの方が多いでしょう。例えば、残業はどれくらいか?休日出勤は多いか?とか、確かにそういう質問ができる機会が他にないというのであれば(実際なかなかないと思う)、確かにそういうことを聞きたくなることも分からないでもない。ただ、そういうことを聞いても、ちゃんとした回答が得られるか?どうかは分からない。企業にとっても都合のよくないことをまともに面接を受けに来た人に答えるとは限らないからです。したがって、どうせ聞いても意味があまり質問もあると思いますし、こういう質問は聞きたくなるのは当然なんだけど、面接官の印象を害するだけで終わってしまう可能性もあり、転職成功という意味では、功を奏さない可能性が高いと思うのです。そういった意味では、すでに述べたような質問をするのが良いのかな?と思います。

 

国内の転職情報サイトのほぼ全ての求人を一堂に見られるサイトが「キャリコネ」です。このサイトはFind job、キャリアトレック、@Type、イーキャリア、Greenといった有名な転職サイト8サイト以上に掲載されている求人が一発で検索できてしまいます。多くの人は転職情報サイトに登録していると思いますけど、数には限界がありますから、数個くらいですよね。でも、他にも転職サイトがいくつもあって、そこには実はそれぞれ掘り出し物というか、自分の希望条件にぴったりの求人があるかもしれないのです。現在利用している転職の求人検索サイトのみだと、そういう千載一遇のチャンスを逃している可能性もあり、それはもったいないですよね。そんなときに当サイトに登録しておくと、「キャリコネ」の1つのサイトから大手、中小合わせて8以上の転職情報サイトに載っている求人を一挙に検索対象にして、応募までできます。しかも、キャリコネの良いところは気に入った、気になる企業があれば、その企業の口コミ(給与、残業や休日出勤、そして面接で聞かれた質問や具体的な面接対策のアドバイス)も同時に調べられます。無料の会員登録をしておくと、今紹介したことが全て簡単にできてしまうので、これから転職を始める人、すでに始めている人、面接を控えている人全員にとって、利用するとメリットが大きいサイトになると思います!

 10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス

 

採用直結! 転職面接の絶対ルール

採用直結! 転職面接の絶対ルール

 

 

あわせて読みたい記事