就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

大学中退した人が就職活動するときに理由はどう説明する?

【スポンサードリンク】

大学中退をしてしまうと、高卒とほぼ同じ扱いになってしまうということもそうですけど、何よりも厳しいのは、その大学を中退した理由ですね。その理由をどう説明するのか?というのが非常に困難というか、多くの人が悩むではないでしょうか?悩まないで、そのままストレートに話しても問題なさそうな、面接官の印象を害す恐れがなさそうな理由ならば、そもそも悩む必要もないのでしょう。ただ、そうじゃない人の場合には、何か理由を考えないといけないと思います。大学中退というのは、別に人生なんだからなんですけど、経歴をチェックすれば一目で分かってしまうために、面接官としてもどうしても気になると思います。だからこそ、ここをどう切り抜けるのか?悩むはずです。このページを見に来ている人は、恐らくそこまで真っ当な理由ではなく中退をしているのではないでしょうか?だから、それを上手く面接官の印象を害さないように伝えられないか?と考えてると思います。

 

ただ、これを印象害さないのはなかなか難しいです。したがって、要は就職活動をしているってことは、就職をしたいんですよね?ならもうそこをアピールするのが良いと思います。つまり、大学中退をしてしまった理由、例えば、大学の勉強がつまらなかったとか、そういった何だ!その理由は!?みたいなことを面接官が感じそうなことが本当の理由だったとしても、そのまま話してしまった方が良いような気がします。そして、そのときの自分は本当によく考えないで行動してしまった。親にも迷惑かけた。だからこそ、今度は自分のやりたいことを実現するために御社を受けた。就職して親を安心させたい。そこをアピールするのが良いと思います。不良が更生するようなシーンですかね?不良が更生しても普通の真人間になっただけで何が凄いんだ?と思う人が多数だと思うんですけど、下げて上げるというのに多くの人は弱いんですよ。

 

あと、やっぱりインパクトがあると思うんですよ。普通の人によりも、なんというか、その人の人生をより幅引く知ることができて、感情移入される部分があると思います。私が大学時代にある授業に来ていた、某企業の偉い方が「大学時代にもやっていなかった!だから、就職したら仕事は精一杯頑張りたい!」と話していた子を採用したという話を聞きました。これも似たような例ですね。要は大学中退っていうことは紛れもないミスでしょう。でも、大切なのはそのミスをしたことに気付いて、自分なりに分析し、どうすれば同じようなミスをしないか?そして、これからはどうしていきたいのか?という部分だと思います。だって、就職活動の面接で「今までに挫折した出来事について教えて」みたいな質問をされることだってあります。これはあえて失敗した経験を企業が聞きたがっているということです。

 

一緒じゃないですか!だから、失敗を経験していて良いんです。この挫折した出来事について、面接官が聞きたいのは、そこから何を得て、今後生かしていくか?という部分でしょう。そうなると、先ほど言ったように大学中退をというミスを繰り返さないように、過去の経験からあなたを学んで、それを今後仕事をする前提でどのように生かしていくことができるか?それをきちんと話すことができれば、大して大学中退が不利になるとは思えないんですよね。人間誰しも失敗しますよ。大学中退だって、その失敗のうちの1つじゃないですか。だから、大学中退という経験をあまり珍しい(実際、珍しいかもしれないだけど)とか自分自身で思わない方が良いような気はします。単なる人生の中の失敗談の1つだと思いましょう。失敗経験は誰だって多くしているのですから。そんな感じで大学中退の理由について前向きに話していければ良いのではないでしょうか?

 

そして、実際に大学中退をした方が今後就職を目指すのであれば、既卒者、フリーターの方などを専門的に支援している「【ハタラクティブ】 」がオススメです。ここは既卒になってしまった人やフリーターとして今生活している人で、就職したいという方を熱心にサポートしています。例えば、無料のカウンセリング登録をしてもらうと、そこからスタートです!専門のキャリアコンサルタントと後日1対1の面談を行い、将来のキャリアプランやどういう働き方の希望を持っているか?などの話を伺って、オススメの求人を紹介してもらい、そこから応募する企業を決めます。その後は企業に提出する必要書類の作成をしますが、そのときにもちゃんとキャリアコンサルタントからのチェックが入りますし、不備のないように提出できるので安心です。

 

そして、書類選考が通れば、面接を迎えることになりますけど、そのときにも事前にちゃんと指導をしてもらい、必要な面接のためのスキルやマナーを身に付けて、受け答えの練習等もしてから本番に挑むことができます。新卒時代も同様だったかもしれませんが、既卒の方はどうしても面接の練習がしづらいじゃないですか?なかなか付き合ってくれる人がいないのではないか?と思います。そして、多くの方は面接が嫌いだし、苦手ですよね。でも、現実的には就職するために1番大切なのは、間違いなくこの面接になります。つまり、面接が苦手だったり、受けたくないとか、嫌いという意識があるままだと、当然上手くいきづらい。就職なんかできないんです。不採用になる可能性が高いでしょう。そこでハタラクティブでは、就職のプロに見てもらいながら、マンツーマンで指導してもらえて受かるための面接力を磨けます。ここが強みですし、就職に直結しやすいのです。就職するために1番大切な面接の対策を直接指導してもらいながら、練習できる機会ってなかなかないですよ。だから、そういう機会を得るだけでも、ハタラクティブを利用すると、就職内定にかなり近づけると思います。既卒として就職活動をしている人はたくさんいますけど、同じ既卒でも、他の既卒の就活生に差をつけたい方、優位に立ちたい方、本気で就職したい方であればあるほど、ハタラクティブはオススメできるのです!

 

大学を中退して、既卒になってしまうと、やはり1人で孤独に就職活動をしがちになってしまう人が多いと思いますけど、こういった経験豊富なプロの方がきっちりと面倒を見てくれて、指導をしてくれるため、就職に必要なスキルは間違いなく身につきますし、すでに話したように書類選考から面接対策まで、適切なサポートが期待できるので、結果的に内定を貰える可能性は上がると思います。そして、特に大きいのは精神的にも楽に就職活動を行えることです。やはり1人でやっていて、なかなか上手く行かないと落ち込んでしまう人も多いと思いますけど、こうやって自分のために力になってくれる人、いつでも相談できる人、自分の目標実現のために一緒に頑張ってくれる人が近くにいると、それだけでもよっしゃ!頑張ろう!と思えてくると思います。そこが精神面で大分安定しながら就職活動ができることの利点でしょうし、全力でサポートしてくれる人がいることで、自信も持って、堂々と企業の面接等を受けることができるでしょう。これまで紹介してきたサービスは無料のカウンセリング登録をすると、誰もが受けられますから、本当にオススメです!

 

 

それでも就職したいあなたに―既卒、フリーター、第二新卒の大逆転内定獲得術

それでも就職したいあなたに―既卒、フリーター、第二新卒の大逆転内定獲得術

 

 

あわせて読みたい記事