就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

公務員試験の面接でよく聞かれる、頻出だけど謎の質問

【スポンサードリンク】

公務員試験の面接では、よく聞かれることも多く、頻出と言えるような代表的な質問も置くあります。実にいろいろな質問をされると思うのだけど、中にはこれ聞いてどうするの?と思えてしまう質問もあるのです。それを聞く意図っていうのは、面接官に言わせればあるのかもしれないけど、少なくとも私から見れば、それを面接で聞いて合否の判断材料にすることの意味がよく分からない。というものもあるのです。例えば、「上司と意見が合わず、困ったらどうするか?」とか、「窓口対応をしていたら、住民が質問をしてきたが、自分は担当外なので分からない。さあ、あなたはどうするか?」といったことです。これらは1つの例に過ぎず、こういった類の質問は挙げようと思えばいくらでもあると思います。こういう質問に共通していることは何か?というと、あらかじめルールが決まっているのものです。マニュアルといった方が適切でしょうか?これらは、正解がある程度存在するものだと思うのです。

 

面接の質問の大半は正解が存在しないものだと思います。ただ、これらの質問に関しては、多くの自治体ではマニュアルみたいなものが存在しているか、または上司などから指導を受ける機会があるものだと思います。つまり、面接官の頭の中にはこれだ!と言えるようなある程度正解が存在しているものです。じゃあ、例えばある受験生がその正解やマニュアルからちょっと外れた回答をした場合には、どうでしょうかね?それでマイナス評価をするのは妥当なんでしょうか?私はあまり妥当には思えないのです。というのも、これははっきり言って矯正が可能だからです。筆記試験でこのような問題が出て、マニュアル通りというか、一種の正解に近い答えを出せなかったのなら、その分点数が低くてしょうがないと思うんです。ただ、面接っていうのは、物事の正解について判断させるというよりは、受験生の人柄を見て、公務員としての適格性などを見るものじゃないでしょうか?

 

そうなると、こういった質問に面接官の想定した返答ができなかった。マニュアルに近い回答ができなかったからといって、公務員に不適格になるとは思えないのです。単純にそのマニュアルを知らなかっただけ(普通は知らないと思うだけど)であり、じゃあ知らないなら教えれば良いじゃないか!で済む話なんですよ。これは人柄とか、性格を全く測れない質問とは言わないけど、どっちかっていうと、筆記試験とかで問うべき内容の質問という気がしてくるのです。筆記試験では、本番のときに知らなかったけど後で知ったから良いじゃないか!は通用しませんけど、面接は本来はそういう試験(知っている、知らないの知識を問う試験)ではないと思うので、知らないなら採用後に教えれば良い。で済むならば、それで何の問題もない。むしろ、後でどうにでもなるし、どうにでもして良いのに、その当時知らなかったことを理由に採用の可否を決める方が、それは筆記試験でやるべきことであって、面接で判断すべき要素ではない。面接試験って、そういうものではないのでは?という気がしてくるのです。

 

面接はフィーリングで決まる要素がかなり大きい。ということを以前聞いたことがあり、それは確かにそのように思います。公務員試験だけじゃなくて、民間企業の採用面接でも同じだと思うんだけど、面接官から見て一緒に働きたいと思える人を採用する傾向にあると言われています。面接官は採用に関してかなりの権限と裁量を委任されているのでしょうから、そういう基準で選んでもおかしくないのかもしれない。ただ、仮にそういう前提に立つと、先ほど挙げたようなマニュアル化されているものについての質問に妥当な答えが出せなかったからといって、その人が公務員不適格と断言できることもないし、一緒に働きたいと思えなくなるわけでもないと思うのです。これは価値観やその人のモノの考え方を問う質問ではなく、手順や方法の合理性について問う質問(どのように対応すれば住民のためになるか?を考えさせる質問)なので、答えた内容によって一緒に働きたくなる、ならないが変わるとは思えないのです。価値観やモノの考え方に関する質問については、自分(面接官)の想定した答えと受験生がしてきた回答内容が食い違えば、ちょっとこの人とは上手くやっていける気がしない。というのも分かる気もするのですけど。

 

そういった質問をするのも別の意図とかがあるのかもしれないので、なんとも言えないですけど、あえて面接でしないといけない質問のようにはどうしても思えなかったということですね。公務員試験の面接もよく分からないところが多いので、受験生から見ても謎な部分はあると思います。ただ、ある意味今回紹介した質問はそこまで頻出とまではいえないかもしれませんけど、聞かれる可能性は十分あると思うので、聞かれたことには答えないといけないでしょうから、しっかりと回答を考えていってください。だいたいの面接対策本には回答が載っていると思うので。面接は難しいですし、対策も大変ですけど、受けられる方は是非頑張ってください。

 

公務員試験の面接対策で欠かせないというか、有名な本が以下のものです。とにかく想定問答集のような形で、想定質問を練るときに使える一冊になります。多くの面接対策本は、公務員試験の面接の基礎知識、流れ、見られているポイントを解説して、1番最後に、よく聞かれること、頻出の質問を載せているケースが多く、10~20個くらいじゃないでしょうか?しかし、これは表紙にも書いてありますが、68個です。かなり多いので、公務員を採用する面接での頻出質問、聞かれることは全部網羅しつつ、多くの面接対策本には載っていないし、聞かれる可能性もあまり高くないが、聞かれてもおかしくない質問が多く載っており、そういった質問への対策や準備ができているか?で合否は変わる可能性もあります。ここにしか載っていない質問が実際にどこかで聞かれるかもしれないですし、それに対する準備ができていれば、まともに答えられて評価される可能性もありますから。68の質問に良い回答や悪い回答を対比して載せていて分かりやすいですし、理由も書かれていますから、使いやすいでしょう。公務員試験の面接に関するおおまかな概要や基礎や流れ、評価ポイント等は他の面接対策本を使って、面接対策の中でも想定質問とその回答を練る作業は本書を使うと良いかもしれません。

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

 

 

あわせて読みたい記事