就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就職留年はまた同じ方法、やり方を繰り返しても意味ない理由

【スポンサードリンク】

3月の後半になると、もう卒業式が目前迫ってくるので、この時期に内定がとれない学生は1つ大きな決断をしないといけないです。それは就職活動を続けるのでであれば、就職留年をするか?就職浪人をするか?という点です。就職留年というのは、卒業可能でも大学生として来年また就職活動をするもので、就職浪人というのは大学を卒業し、既卒となって就職活動をするものです。正確な割合は分からないものの、おそらく既卒に良いイメージを持っていない人が多いと思うので、就職留年を選ぶ人が多いのかな?と思います。それはイメージで既卒が就職しづらいというのがあるのでしょうからね。ただ、私に言わせれば、1年間就職活動を頑張っても内定をとれなかった人というのは、どっちを選んでもあまり変わらないと思います。特に就職留年の方はお金が無駄にかかるわけじゃないですか?授業料は親が出してくれるにしろ、負担が大きいじゃないですか?

 

そこで、就職留年の方にやや気持ちが傾いている方にお尋ねしたいのですが、あなたが1年間就職活動をして内定をとれなかった理由って何だと思いますか?それをちゃんと分析できていますか?それができていない、または同じやり方をもう1年やろうとしているのであれば、それは再度失敗する可能性が極めて高い気がします。要はもう1年また同じやり方をしようとしているのは、この1年の反省が生きていないと思うのです。というのも、私は多くの就活生の就職活動の方法を見ていて、そりゃ失敗するわ・・・。という光景に見えて仕方ないのです。あまりにも同じやり方に固執しすぎなんです。今の就活生の就職活動の方法は、リクナビマイナビに登録して、エントリーして、説明会に出て、選考を受ける。というのが簡単な流れになると思います。こういうやり方をしてきた人が多いのではないですか?頷いてくれる人も多いと思いますけど、じゃあ、何でこういうやり方をしてきたんですか?誰かから習ったんですか?それとも自分で考えて?リクナビマイナビはみんなが登録してるから、あなたもそれに乗せられるように登録したのでは?そして、ある意味テンプレ化した従来の就活のやり方というのも、みんながそうやっているから。それに乗せられて、それが唯一の正解の方法だと思って、やってきた人が多いんじゃないか?と思うのです。

 

確かにあなた方が今までやってこられたテンプレ的な就職活動のやり方は、多くの人に浸透しているから、まるでそれが正解のように思える。のは不思議ではないと思うのだけど、選択肢がそれしかないみたいな風に捉えてほしくないですね。それはとれる選択肢のうちの1つでしかないのです。にもかかわらず、みんな同じやり方をしているでしょう?他にいくつも方法はあるのに、それじゃないとダメみたいな。まさにここが出る杭は打たれる日本人的発想だと思うのです。他のみんなと同じやり方じゃないと安心できない。だから、同じやり方をするんです。でも、就活のやり方をみんな同じにしてしまうと、ある弊害が起きるわけですよね。それが倍率が高くなりすぎるということです。これはどういうことか?というと、リクナビマイナビに登録して、そこから企業にエントリーしていきますよね。でも、それをやっているのはあなただけじゃない。全国のほぼ全ての就活生は同じやり方をしているので、あなたと同様にリクナビマイナビから企業にエントリーをしていきます。みんなが同じサイトから、同じようにエントリーしていくとどうなりますか?どうしても不人気企業、業界と人気企業、業界に分かれてしまいますし、人気企業、業界の方にエントリーが集中して、そういった業界や企業については倍率が跳ね上がりやすくなるので、どう見ても最初からこれ内定まで無理だろ・・・。という状態になるのです。

 

就活生は同じサイトから、同じやり方で、同じようにエントリーをしている。当然、多くの人がエントリーしている企業というのは、倍率が上がりやすく、倍率が上がれば上がるほど、あなたが内定まで辿り付ける可能性は低くなります。お気づきですか?みんなが何の疑問も持たずに行っているような、リクナビマイナビを使った従来のテンプレ化した就職活動の方法というのは、それが就活生全体に浸透しすぎたことによって、1人1人が内定まで辿り付ける確率をどんどん減らしていっているのです。何も考えずに、みんながやっているからこれで大丈夫だろう!そう信じ込んだ人こそが無い内定予備軍なのです。じゃあ、どうするか?ってうと、やり方を変えるしかありません。1年やって内定0の人がまた同じやり方をしてもまた内定0の可能性も高いです。1年間頑張ったのでしょう?でも、内定が獲れなかった。じゃあ、頑張り方を変えましょう。ということです。

 

例えば、「就職AGENTneo」というサイトを多くの人にオススメしています。ここはリクナビマイナビと比べると知名度は落ちるでしょう。初めて聞いた人ばかりだと思います。ただ、ここは新卒の就活生が本気で内定が欲しいのならば、是非オススメしたいのです。それは内定まで近づける仕組みがすでに整っているからです。例えば非公開求人という制度があります。これはあなたの適正や希望の条件などに沿って、特別に選ばれた人にしか公開されない求人で、これは公には出回っていないので、当然応募する人は限りなく少ない。よって、倍率が低いということになります。また、ここでは単に求人に応募するだけではなく、就職のプロの方と一緒に面接の練習もできます。受け答えの練習から、基本的なマナーやスキルまで徹底指導してくれるので、自信を持って面接に挑めると思います。そして、就職活動についてのカウンセラーもいるので、いつでも気になることや不安なことがあれば、相談もできます。カウンセラーには適職紹介などもしてもらえますし、この就職エージェントneoから応募した企業というのは、選考を受けて落ちたとしても、その理由をちゃんと教えてくれるのです!だから、次に面接で失敗しても次に生かすことができます。ここも大きいですよね。

 

 

本当に就活生のために親身になって、内定獲得までできる限りのサポートが期待できます。リクナビマイナビでは絶対にこんな支援は受けられません。リクナビマイナビは、基本的にただ求人への応募しかほぼできませんけど、就職活動をトータルで応援してくれる、力になってくれる、そんなところが私が多くの方にオススメしたいところになります。こういったサイトはほとんどの就活生は知りません。だから、ライバルに差をつけられるチャンスになります。利用は無料ですから、気軽に使ってみてほしいと思います。もし就職留年という選択をするのであれば、内定獲得の確率の高い就職活動のやり方というのを見つけないともったないです。1年間ダメだったことの繰り返しでは、また失敗する可能性もあるので。もし就職留年をして、もう1度新卒としてやり直したいのならば、テンプレ的な就職活動から脱却しましょう。

 

 

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

 

 

あわせて読みたい記事