就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

民間企業の従業員と比較して公務員の給料が高い理由

【スポンサードリンク】

公務員の給料は高いのでしょうか?私は公務員ではないので、そこまで公務員の給料事情に詳しいわけではないです。ただ、「「役人天国」健在! なぜ公務員の給料は高いのか?(1/2ページ) | ニコニコニュース」の記事では、職種によっては、同じような仕事で最大2倍の給料格差があるとされています。公務員の有料は一応、民間企業の給与水準をもとに考えられていますけど、それは基本的に正社員の水準に合わせられている。非正規社員の給与水準は考慮されていないという指摘もあります。民間企業をもとに給与水準を決めるのがそもそも正しいか?という問題もあります。民間企業は基本的に給料自体は金額で言えばどんどん縮小していく傾向にあるように思う。それは民間企業はまず守るべきなのは会社であり、従業員は二の次だから。これは酷いようにも思えるけど、しょうがないと思う。しかし、公務員はまず別に自治体や省庁のの存続を守るわけじゃない。公務員そのものを守る必要がある。それは公務員という仕事は国が存続、機能していくうえで欠かせないものであり、公務員はどんな場合であっても一定数必要だから。

 

民間企業の場合は、企業自体が最悪潰れても問題はない。少なくとも国民生活に与える影響はさほどないはず。それに従業員が減っても、会社が存続できるのならば、経営者にとってもさほど大きな問題にはならない。だから、景気の動向次第では、会社を守るためにどんどん給与は削減され続ける傾向にある。その傾向をそのまま公務員の給与水準決定に反映させて良いのでしょうか?先ほども言ったけど、公務員は確実に一定数は必要な職業だから、簡単にクビにはできない。そして、公務員の方から辞められてしまうことも困る。民間企業は自然と給料が減ってもしょうがない構造になっており、それで簡単に辞められない事情もあるから、給与が上がる方向への圧力はなかなかかからない。ということは、民間企業の給与水準に完全に合わせていたら、公務員の給料も下がる傾向になってしまい、そうなると当然一定数は辞める可能性も出てくる。また、新規の応募者が減ることも同時に損害でしょう。その人数が過大になることは=国の機能の円滑な遂行を阻害する要因になる。だから、公務員の給料はなかなか下げられないし、低い水準に維持はできない。だからこそ、昨今の事情をf舞えると、民間企業の給与水準を反映させることはあまり妥当とは思えないのです。

 

公務員の給料は民間企業の給与水準を参考にするとはしているけど、実際の金額はそうはなっていないはずです。それは今言ったような公務員特有の事情も多少は絡んでいる気もします。また、公務員が民間企業の従業員と大きく違うのは争議権の有無です。一般行政職の公務員であれば、団結権団体交渉権は認められているけど、争議権は否定されています。いわゆるストライキができないのです。つまり、給料とかに不満がある場合、同士を募ることや募った同士を連れて、話し合いを行うことができるものの、それ以上はできないということです。話し合いで給料が上がったりするなら当然苦労しないし、サボタージュ等の実力行使で、実行力のある待遇改善に向けた行動が起こせないのです。これはどういうことを意味するか?というと、決まった給料でほぼ働くしかなく、嫌ならやめろと言われるだけ。あれ?どこのブラック企業かな?だから、ガチで民間企業並みの給与水準にして、おまけに自力で給料を上げることがまず不可能な状態では、見方によっては奴隷労働になりかねない。

 

国を支える公務員がそんな働き方しかできないとしたら、公務員になる人なんていなくなる。公務員の仕事自体もどんどん民間企業のようにきつくなってきているのが現状のようで、仕事量自体は増えている。それは新規採用を抑えて、既存の公務員に仕事を多くこなしてもらうという民間企業のコスト削減策と同様のことも行われているだろうし、今後公務員の仕事は多分きつくなる一方な気がしてきます。さっきの話の続きだけど、公務員の給料は人事院が決めるものであって、そこに公務員自身の意思はほぼ入る余地はない。おまけに公務員は副業がかなり幅広く禁止されている。自力で給料を増やす術がほぼないのです。だからこそ、あらかじめちょっと高めの給料に設定されていたとしても、私は何の問題もないと思う。むしろ、それくらいの措置は必要だろうと思います。民間企業のサラリーマンと比べて、クビになりづらい、リストラがないとはいえ、公務員というのは相当弱い立場にあると思う。

 

そんな感じで、公務員の給料を民間企業に合わせているとしたら、そっちの方が微妙に問題なんじゃないか?と思うくらいであり、あと公務員の場合はちゃんと残業代が支払われやすいですよね。民間と比べたら。残業自体は以前と比べて増えているし、公務員も労働時間が物凄い伸びてきていると思います。民間ではサービス残業自体が横行しており、その残業代がちゃんと支払われるか?否か?というのも公務員と民間企業の従業員の給料差に影響を与えていそうですけどね。サービス残業自体は、現状が変わらないなら、支払われないケースはどんどん増えていくでしょう。公務員の仕事量の増大にともなって、公務員と民間企業の給料の差はどんどん開いていくと思われます。

 

 

あわせて読みたい記事