就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

転職で年齢の限界は何歳まで?「35歳限界説」はとにかく嘘

【スポンサードリンク】

転職をしたいと考えているが、年齢が・・・。とちょっと不安な方もいるかもしれません。新卒の就職活動とか、第二新卒の再就職もそうだけど、あまりに年齢がいってしまっていると、採用を控える、不利になるという企業はいまだに根強いと言われています。転職をするなら35歳までなんていわれていたこともありましたが、これは本当に言われていただけみたいですよ。だから、35歳までじゃないと転職が無理!ということはないみたいです。ただ、年齢が上になればなるほど不利になりやすいのは事実みたいで、年齢不問で募集している企業というのが1番多いみたいです。でも、中には年齢を足きりにしている企業というのもあるみたいで、それにひっかかかると初期の段階で不採用が決まるということみたいです。就職活動の学歴フィルターみたいなものでしょうか?

 

新卒の大学生はそこまで年齢に差はないから、年齢によって不採用になるというのはあまり聞いたことがないけど、転職の場合は本当に個々人によって年齢はバラバラですよね。だから、年齢が転職の採用において影響するのであれば、人によって相対的にスタート時点で有利、不利が生まれてしまっているということになります。ただし、先ほど言ったように35歳限界説のようなものはほとんど都市伝説みたいですね。「転職限界年齢の平均は43.4歳! | web R25」にはデータが載っているのですが、全国の企業の人事100人にアンケートをとったところ、足きりラインの平均年齢は43.4歳みたいです。ということは、これより下の年齢の人は足きりは遭いづらいということでしょうか。これは平均であって、35歳と答えている人事もいれば、50歳と答えている人事もいます。当然ですけど、企業によって許容可能な年齢の限界というのは違いがあります。したがって、何が言いたいか?というと、「〇〇歳限界説」というのは気にしてもしょうがないということです。

 

確かに35歳以上はほとんど採らない企業もあれば、50歳でも採ってくれる企業があります。皆さんは35歳を越えるとほとんど採ってくれない企業の方に注目してしまっているから、年齢がある程度高くなるもう無理なんだ・・・。とちょっと諦め気味になってしまっている気もしますけど、そういう企業もあるというだけの話であり、もっと別の世界も見ましょうよ!50歳でもOKという企業もあるんですよ。その平均が43.4歳なので、これ以下でも以上でも転職活動をして内定が貰える確率に差はあるものの、どの年齢になっても転職が不可能という事態はありえません。だって、学歴フィルターを例にとると、じゃあA大学B学部は偏差値50で、大企業を受けるときにはほぼ毎回学歴フィルターに遭ってしまう。しかし、その人が就職を諦めるなんてことはしないですよね。学歴フィルターにひっかかりそうにない企業をどんどん受けていくと思います。

 

それと同様ですよね。年齢によって足きりされたりするケースがあったとしても、じゃあそういう企業は諦めて、年齢をそれほど気にしない、自分でもちゃんと面接してくれるような企業をどんどん受けていくだけだと思います。面接まで辿り付ければ、年齢が全く関係ないとは言いませんけど、そこではほとんど実力勝負!それまでの経験等をいかに面接官に説得力ある感じで伝えられて、自社に貢献してくれる人材と思われるか?それが勝負です。あと、もう1つ言いたいのは、結局年齢を気にしすぎてもダメだということです。転職において有利、不利を分けるのは年齢だけですか?そんんわけないんです。若い人は確かに年齢においては有利かもしれないが、他の要素で不利を受けているかもしれない。例えば、勤めた年数が短いとか、異業種にチャレンジするとか、面接で上手く話せないとか、ですから、年齢を不利を受けるような人であっても、別の部分で他のライバルよりも自分をよく見せることはできるわけですよね。それができれば年齢の不利はあまり関係なくなってくる可能性もある。転職っていうのはあくまでもトータルで評価するわけですから、年齢で不利ならば、じゃあ面接でのトーク力を磨いて、そっちで評価してもらえるようにしよう!とか、ある意味努力の余地がある部分を今後磨いていければ良いと思いますね。

 

転職をするときにはどの企業を受けるか?ということも非常に大切ですよね。それは年齢について寛容なのか?厳しいのか?を分けることになるとともに、仮に内定を貰えても、そこがどういう会社か?働いていて満足できるか?それとも、また不満が溜まってくのか?というのを大きく分けそうな気がしています。「10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス 」を利用すると、事前にある程度企業の実態を知ることに役立つと思います。実際、転職活動をしている人は、働いていもいない企業の内情を知るということは非常に難しいです。ただ、このキャリコネを利用すると、自分が受けようと思っている企業があれば、その企業について実際に働いた経験のある人からの情報提供により、その企業内部ではどういう働き方が日常的に行われているのか?働いた経験のある人はどう感じているのか?満足な点、不満な点、残業や休日出勤についてどのくらいの頻度か?給料は実際にどれくらい貰っているのか?という、入社する前には是非知っておきたいけど、なかなか知る術がないことについて、書き込まれていたりするので、無料で登録、利用可能ですから、オススメしたいですね。企業を選びをする段階でも十分有効だと思いますけど、すでに企業の選考を受けている途中、またはすでに内定を貰ったという方でも、ここで本当に大丈夫か?と心配な方には是非オススメしたいと思います。

 

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス

 

最新版!30代40代の転職 採用される面接テクニック

最新版!30代40代の転職 採用される面接テクニック

 

 

あわせて読みたい記事