就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活であほらしいと思うのは精神論の代名詞「手書き履歴書」

【スポンサードリンク】

ホリエモンTwitter上で「履歴書を手書きで書く人は採用したくない」みたいなツイートがニュースにもなって、物議になっていますよね。個人的には手書きで書いてくる人を採用したくないとは思わないけど、どっちかというと私は手書きの印象はよくないです。パソコンで作ってこいよと思います。私はこの問題に関しては、結構考えましたけど、手書きの履歴書を要求するこの風潮のメリットが理解できないのです。むしろメリットなんてあるの?と思うくらいです。字を人ととなりが分かるとか言う人もいるけど、それ誰が信じるんですか?じゃあ、どういう字のどういう性格とか、すぐに断言できるのでしょうか?それは人事の思い込みでしかないと思うのです。あと、仮に字を見たいのならば、別に履歴書で見る必要性がないのです。わざわざ履歴書を出させて、字を見るこんな面倒なことないですよ。

 

 

字を見たいのならば、面接とかするときにその場で時分の名前でも書かせれば良いじゃない。あんな何百文字とか書かせる意味が分からない。履歴書は事前に書いてくるケースが多いと思うので、当然代筆も可能でしょうし、それを使ってきた人とそうじゃない人は見分けられない。人事の目の前で書かせた方がより確実でしょう。就活生からしたら、字を見たいのに、履歴書を書け!ってアホかwwwって思うでしょうよ。実際、このホリエモンのツイートには「変な人はやっぱりあれっ変だなというような字を書きます」という反論が来たらしいのだが、漠然とし過ぎているだろう。変な人とか、変な字って、どんななんですかね?抽象的過ぎて、説得力がまるでない。就職活動自体、かなり曖昧な雰囲気の中で行われているが、もはやそれと同じ状況のように思います。変な人とか、変な文字とか、あまり主観のみで決まりやすい要素を反論として持ってこられれても、反論になっていない気がします。

 

結局は精神論を「誠意」とか「真心」とか、それっぽい言葉に置き換えただけのように思います。パソコンで作ってくる=手抜きみたいなところがあるというか、そういう印象の人もいると思うんですよ。でも、それってただの効率化だと思うんですけど、書類をコピーするときにコピー機使うのも手抜きなんですかね?コピー機を使うのはただの効率化ですよね。それは書類というのは、中に書いてある情報こそが大切であり、それ以外はほとんど関係ないから。じゃあ、履歴書はどうか?っていうと、基本的に性質を異にするものではないと思います。だって、手紙とかと違って一生とっておくものじゃないでしょう?中の個人情報を抜き取ったら、即シュレッダー行きですよ。つまり、履歴書も大切なのは情報なんですよね。その情報をどう伝えるか?の差でしかなく、電話一本で済むところをわざわざ現地まで行って、直接口で伝えるみたいな非効率的な努力を要求しているわけですよ。

 

なぜ履歴書は手書きなのか?パソコン印刷を認めるべき理由 - Youもフリーランスで早期リタイアしない?」のブログで別に書いたのですが、手書き履歴書のメリットと言われているところを全て論破しているように思います。手書きの履歴書はほとんどメリットないと思いますけどね。字が汚くて困ることもあるのでしょうか?読める字さえ書ければ私はほとんど問題ないと思いますから。綺麗な字を書ければ、それはそれで良いけど、メリットにも特にならないと思います。実際、仕事をしていて自分の字を書かないといけない場面ってほとんどないと思うんですよ。あったとしても身内同士の連絡くらいで、別に綺麗な字である必要はない。汚くても読めればそれで十分じゃないか?と思いますよ。自分の字を実際必要とする場面が限りなく少ないのに、今後入社してくる人たちにそのスキルを求めるというのはよく分からない。別の会社を相手として、直筆の字を書かないといけないときがあっても、じゃあ社内にいる字の綺麗な社員に任せれば良いだけであって、全員が綺麗な字を書かないとマズイ事態はないと思います。

 

 

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事