就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

暑い真夏の就活の暑さ対策はどうする?効果的な手段を紹介

【スポンサードリンク】

夏の就職活動は本当にヤバイと思います。何がヤバイか?というと、暑さです。誰がどう見ても暑いですよね。そんな中で就職活動をしないといけない彼らは本当に逞しいと思います。逞しいという表現が妥当なのか?というのもありますけど、夏の就職活動は夏という季節には本当に不釣合いな格好をしないといけないために、彼らの肉体的な消耗度は相当なものとなると思います。したがって、それをなんとか少しでも回避する策があれば良いと思うんですよね。夏なのにスーツを春や秋みたいにきちんと着こなさないといけない状況というのは、なかなかきついと思いますが、その中で少しでも暑さを緩和できるような策を身に付けておくと、ちょっとは夏の就職活動の過酷さがマシになるかもしれないです。今回はそんな夏の就職活動の暑さ対策について書いていきたいと思います。

 

夏の就職活動時に是非オススメしたいのが以下のような商品です。こうした冷却スプレーは、夏の就職活動時に携帯しておくと、役に立つ場面が非常に多いと思うのです。

 

瞬間冷却スプレー 500ml

瞬間冷却スプレー 500ml

 

 

こうした商品を私も使ったことがありますが、物凄い冷気です。スプレーの勢いもかなる強いのですが、冷たさも凄いです。だから、真夏の暑い時期に使ったら、快感を感じるレベルじゃないか?と思います。オススメの使い方は、まずトイレなどに入って、個室に入れれば、そこでスプレーを身体に吹きかければ大分清涼感を感じられると思います。このスプレーに関して言えば、服の上から吹きかけたほうが良いらしいですが、大切なスーツが汚れてしまう可能性を心配される方は、直接身体に吹きかけても良いかもしれませんが、やや離してからにした方が良いと思います。勢いが結構強いと思いますから。スポーツ用のコールドスプレーにも使える製品なので、冷却度は半端ないと思います。

 

これを使用すると、実際汗は大分ひいてくれると思います。普通に使っても良いでしょうけど、タオルを一緒に持って行くとより効果的な使い方ができるかもしれません。それはトイレですから、まずタオルを濡らして、そのタオルにこの冷却スプレーを全体的に吹きかけるのです。すると、とても冷たいタオルができて、それを使って、直接ピンポイントで、身体の汗が多く出ている部分などを拭くことができます。相当冷たさを感じるタオルで身体を拭くことができれば、かなり気持ちも清清しくなって、すっきり爽快感を味わえそうですね。1個1000円もしないですし、カバンに十分入る大きさですから、携帯しておくと結構暑さ対策としては使えるのではないか?と思います。

 

あとは涼しい場所に定期的に避難することだと思います。涼しい場所というと、街中にはいろいろな場所がありますよ。スーパー、コンビニなどのお店に入ればだいたいクーラーがかなり効いていると思うので、そういう場所に避難して、時間的な余裕がある限り涼むというのも良いのではないか?と思います。子供の頃は近所の涼んでいた記憶がありますよ。企業のオフィスがあるような街中であれば、何らかのお店はあるでしょうから、そこを避暑地として利用させてもらうのも良いのではないか?と思います。汗が大分引くと思うので。実際、これから企業に向かうときに汗ダラダラで行くのも印象よくないと思うので、ある程度は汗を引かせておいた方が良いでしょう。会社のオフィスに入れば、そこもある程度は暑さを凌げるとは思いますけど、その前にすでに汗を引かせておいた方が良いのではないか?と思います。

 

また、ウェットティッシュや油とり紙なんかを携帯していて、せめて顔の汗やテカりは拭き取れるようにしておいても良いかもしれないです。身体の汗は外見からはそんなに分からないと思いますけど、顔は一目瞭然なので、その状態で気付かずに面接とかに臨んでしまうと、面接官に気付かれてしまうと思います。顔のテカりは正直言ってあまり印象よくないんだろうなと思います。暑いのだから顔にも汗が出るのも多少はしょうがないのでしょうけど、防げることには越したことないでしょうから、是非気をつけてほしいと思います。携帯している分には負担になりませんから、1個くらいは持っておいても良いかもしれませんね。以下の製品はアイスタイプなので、非常に清涼感もあって、使っていてすっきりするのではないでしょうか?

 

 

GATSBY (ギャツビー) フェイシャルペーパー アイスタイプ <徳用タイプ> 42枚入

GATSBY (ギャツビー) フェイシャルペーパー アイスタイプ <徳用タイプ> 42枚入

 

 

あわせて読みたい記事