就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

国会議員になるために国家資格を課すべき!←意味ある?

【スポンサードリンク】

国会議員になるのは、試験的なフィルターを課して、国家資格をとらせるべきだ!という声があります。テレビ番組で武井壮さんらが発していたらしく、後元アナウンサーの長谷川豊さんなども賛同しているらしい。私も以前同じようなことを思っていたが、今になってみるとその必要性がどこまであるか?は疑問になってきている。長谷川さんのブログ「議員たちに最低レベルの試験を科せ! : 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』」では、以下のようなことが書かれている。

 

人が人を裁く裁判においては、裁判官であっても弁護士であっても検察官であっても、難関な国家試験を突破し、その後研修を繰り返し、それこそ血のにじむような苦労を経て、資格を得る。
でも、それは当然だ。人が人を裁く『法』を管理するのだから、苦労して当然である、と。
しかし、政治家に何故それがないのか?政治家は法どころではない、超巨額な『予算』を預かり、そもそも『法』を作り上げる権力すら保持する(立法府)。人を動かし、国を動かす絶大な権力を持つ、そんな政治家たちには…

 

裁判官が法律を学ぶのは、裁判において法律が必須事項であるからということでしょうね。法律を知らずに運用できるわけがないと。だから、司法試験を課しているのはまあ、良いとして。じゃあ、議員にそういうものがあるか?あるとすれば、憲法や政治学かな?って感じですね。ただ、長谷川さんがブログで示したのは常識や時事問題であり、そんなものを課してどうするんだ?というのが個人的な感想です。時事や常識クイズを課して、それにどういう意味があるのでしょうか?それを知っていることで議員としての能力が高まるのでしょうか?時事に関しては、時期が過ぎれば、ほとんど意味がなくなってくる。最大で6年かな?国会議員は勤めることになるが、その間に時事の知識を持っていても時期的に古くなりすぎているのと、そもそもそんなことを知っていてどうするのか?というのが個人的な感想です。

 

ニート憲法違反」を発言したアノ人みたいな人は、せめて憲法を勉強すべきだとは思う。国会議員には憲法の知識は必要だと思うのです。あとは政治学とかかな?試験に組み入れるとしたら、個人的に妥当だと思うのはその辺です。ただ、このあたりも絶対に必要か?というと、そうは思えないのですよね。サラリーマンの入社試験に経営学などの試験は当然課されないが、彼らはその知識がないことによって、別に問題が起きているとも思えない。知識として知っておいた方が良いのは間違いないが、知らないことが大問題か?というとそうは思えないのです。それは国会議員憲法や政治学でもそう。先ほど憲法くらいは必要だといったが、それもその議員が個人的に恥をかくことはあっても、それだけじゃないか?と思います。問題が起きるというレベルの話になるのかな?という疑問があります。

 

もっと言うと、そういう知識が仮に必要だったとしても、別に議員になるときに備えていないとマズイものだろうか?と思います。以前から私は学校の国数社理などの勉強は必要ないと言って来ている。必要になったときに自分でggれば良いじゃないか。と思う。それか本屋さんに寄って調べれば良い。だから、試験を課さないといけないようなものでしょうか?常に知っておかないといけないものでしょうか?常識や時事に長けているという人が、議員として有能か?どうかは別の問題な気はする。長谷川さんが今回の武井さんの問題提起に賛同する理由は以下らしい。

 

「顔が可愛い」というだけで公認候補となり、当選。様々な問題に対して何の知識も持たないまま初登院する議員も少なくない。
おとうちゃま、おじいちゃまが議員さんだった、というだけで口を開けたまま当選し、そのまま年間3000万円以上の議員歳費をもらい続けるバカ2世議員は僕の知る限り、国会内に3分の1はいる。

 

そういう議員がいるのは事実かもしれないが、そういう議員が無能とか、ダメだという問題はまた別だと思う。そういう顔の可愛い議員が議員として不適格とか、真面目に仕事をしないという因果関係があるわけではない。そういう議員はいるかもしれないが、顔とか、2世議員か?とかはそこまで関係があるだろうか?何の知識も持たない人が議員をやるケースもあるかもしれないが、その知識というのが常識や時事問題であったとしたら、何度も言うが、その知識を持つことに一体何の意味があるのでしょうか?議員の能力を上げて、政治家としての質を向上させると思われる試験なら良いとしても、常識や時事問題が解けたところでそんなに意味があるかな?と思います。おまけに最大6年間勤める議員がいる中で、最初にそんなフィルターを課しても忘れますよ6年後には。裁判官は日常的に法律を運用しているから、日常的に法律を再度勉強しているに等しいと思うが、政治家は別に日常的に常識や時事に触れているわけではないから、自分から勉強しない限りどんどん知識は抜けていきますよ。それを踏まえて、やっぱり入り口だけに試験を課して意味があるのかな?と思います。

 

 

1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法

1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法

 

 

あわせて読みたい記事