就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活のスーツいつ買う?何着?いくつ買う?色は黒以外はNG?

【スポンサードリンク】

就職活動用のスーツっていつ買えば良いのでしょうか?今は就職活動のスケジュールがちょっと変わってきたので、その時期も変わるのかもしれませんが、遅すぎない限りは問題ないでしょう。つまり、いつ買っても良いと思います。早すぎる分には問題なりませんから、就職活動が始まるずっと前から買っておいたって問題ないと思います。1番早い人は大学1年から買っているのではないでしょうか?それはつまり、入学式とかに着たスーツをそのまま着るというパターンです。就職活動では、黒のスーツが一般的ではありますけど、黒じゃなければいけないわけではなく、黒以外でも問題になることはなかなかないと思います。紺色とか、グレーでも良いんじゃないですか?浮くのが気になる人は買い直しても良いかもしれませんけど、入学式のときに黒のスーツを着ていた人は、少なくともそれを着ていけば良いのではないでしょうか?それで問題ないでしょう。

 

新しく買い直す前提の人は、就職活動が始まる数ヶ月前くらいには遅くても用意しておけると良いのではないでしょうか?今の就職活動は3月1日というのがスタートされています。最低でも、この時期の数ヶ月前にスーツ、靴、ネクタイ、カバンなどをとりあえず全部揃えておけば問題ないでしょう。厳密にいえば、この前からもう始まっているところもあるとは思いますけどね。あなたがいつ始める予定か?によります。3月1日に始めるなら、じゃあその前の年にもう用意しておいたほうが良いとなります。もっと早くから始める予定ならば、さらにスーツを買うのも早くすると。で、いくつ買うか?というのも考えるポイントかもしれないです。最近は1着買うと、ほとんどサービスみたいな価格でもう1着ついてくるみたいなお店も多いですから、2つ買っている人も多いのではないですか?2つくらいはあった方が良いでしょうね。Yシャツ、ブラウスなどはもう少し欲しいところですけど、スーツについても、念のため最低もう1着は用意しておくべきでしょう。

 

3着以上必要か?というのは、ないよりはあった方が良いかもしれないですけど、お金もかかりますからね。そこは親と相談して決めれば良いのではないですか?最低2着あればよほどのことがなければ問題にはならない気はしますけどね。スーツは最低2着買っておきましょう。そういう意味では、入学式や成人式で買ったスーツが1着だけという人も多いですけど、もう1着買っておいた方が良いんでしょうね。色については同じ色で良いのではないですか?色について気にする人であれば、無難に黒を買っておきましょう。黒以外のスーツでも不利になるケースはまずないと思うんですけど、不安でしょうがないという人は、その不安を抱えたまま就職活動をしても良い結果にならないような気がするので、ここは黒で統一したらどうですか?それが多く就活生にとって、1番安心できる色なのでしょうから。

 

以前、就活アドバイザーの人が、就活生に対しいてスーツの購入アドバイスをしたところ、色は黒にした方が良いといったら、多くのネットユーザーから非難の声があがりました。色を限定している点が受け付けなかったのでしょう。それこそが今の日本の就職活動に蔓延している問題点なんだという批判だったと思います。そういう批判も分からなくはないけど、アドバイザーとしてはあまり無責任なことはいえないし、本人がそう思っている、黒がリスクが少なく、1番無難だと感じているならば、それを推すしかないでしょう。アドバイザーからしてみても、今の日本の就職活動の状況を鑑みると、黒のスーツを奨めた方が無難ということなのでしょう。それは正直間違ってないんじゃないか?とは思います。別に正解はないけど、1番不正解から遠い色は黒なんですよ。その理由は明確で、黒が1番多いからです。

 

みんな黒を着てくるから、黒が不正解になることはない。企業側の人間はグレーとかを着ている人も割といるが、黒とグレーというのは、色で言えば、見た目に大分差があり、審査を受けるべき人間として、やっぱり周りと違うことは不安でしょうがない人もいると思います。先ほども言ったように、周りと違うこと自体に不安を感じてしまうと、それが就職活動中にも影響が出てしまうので、そういう心配のない人は自由に色を選んで良いと思いますが、大半の人はそれに影響を受けて、不安の気持ちが広がりやすいと思うので、私はじゃあ黒で良いんじゃないの?と思います。黒以外のスーツを着たい人とか、黒以外じゃないと嫌だという人はそうはいないでしょうから、気持ちの面で不利に立たされないためには黒のスーツがベストなんでしょう。

 

 

凡人内定戦略

凡人内定戦略

 

 

あわせて読みたい記事