就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

空白期間が長くバイト受からないニートが面接に受かる方法

【スポンサードリンク】

ずっとニートをやっていて、一念発起してバイトを始めようか!と思っている人もいるのではないでしょうか?ただ、ニート期間が長いと、当然空白期間が長いということになり、それだけで採用の難易度が大分上がってしまう感じですよね。そういう状況を踏まえて、ニートの人たちがバイトを始めるにはどうしたら良いのでしょうか?もちろん、空白期間があるから受からないわけではない。空白期間があっても、受かる人はいます。ただ、傾向としては空白期間はどうしてもマイナスに捉えられ、空白期間が長かったとなれば、あ!ずっとニートだったのね!と捉えられて、面接もなかなか受からないという状況が続くでしょう。そして、面接に落ち続ければ空白期間はさらに伸びるという悪循環があります。そんなメカニズムの中、どうしてもニートの人は、面接に受かりづらい傾向があるのです。

 

そういった状況が続くならば、ニートの人たちはなかなかバイトに受からないですよ。バイトといえども簡単に採用してもらえる時代ではないですからね。人手不足の業界もありますが、そこも誰でも良いわけじゃなかく、飲食店とかでしょうから、当然いわゆるコミュニケーション能力が他のバイトよりも重視されやすいと思います。当然、ニートをやっていればなかなかコミュニケーション能力は上達しづらいです。だから、厳しいのです。ニート、空白期間、コミュニケーション能力の欠乏といった大きな3つの要素がバイトを始めるのを阻んでいるとともに、バイトの面接を突破するのが非常に難しい理由にもなっているのです。簡単にいえば、面接がある限り、これらの3要素は常にバイトで採用される壁を高くしていると思います。じゃあ、面受けなきゃ良いじゃん!となります。面接があるから受からないんですよね?じゃあ、面接を受けなければ良いんですよ。

 

多分、皆さん勘違いしていると思うのですが、バイトは面接を経ないと採用されない決まりはありませんし、全てのところが面接をやっているわけじゃないのです。面接を経ないでも良い!面接なしでも採用してくれる!という求人は少なからず存在しています!問題はその求人をどうやって探すか?です。例えば、「ショットワークス」というサイトは短期、単発バイトの求人を主に集めているアルバイト求人サイトになるのですが、ここは非常にオススメです。というのも、ここはバイトの採用にあたって、面接を経ないで採用をしている求人が多数あるからです。ここは「面接なし」の求人を多数扱っていることでも有名なんです。ニートの人はブランクの期間もあるでしょうから、最初はレギュラーではなく、短期バイトを始めてみるというのも良い考えではないでしょうか?短期バイトや単発のバイトを始めて慣れたら、いよいよレギュラーのバイトに挑戦するとかね。その頃には、空白期間はなくなっているので、受かりやすさも上がるのではないでしょうか?

 

ショットワークスは、サイト内で「面接なし」と検索すれば、該当の求人が出てきます。また、便利な機能があって、各求人ごとに倍率が載っています。倍率を後悔している求人サイトってまずないと思うんです。倍率が公開されていると、募集人数に比して応募がどれくらいきているか?とか、どれくらいの確率で受かるか?というのがある程度分かります。普通の求人サイトはこういうの載っていません。だから、倍率が高いのか?低いのか?分からないまま応募しないといけません。ただ、そうなると、倍率が高いところにあたったら、当然受かりづらいですし、倍率の高いところを受けに行く手間が何かもったいなく感じる人もいるかと思います。倍率の高いところを避けて、低いところを中心に受けにいければ、採用してもらえる可能性高いですからね。

 

だから、効率的な応募ができるという意味では、ショットワークスの各求人の詳細ページに行く前の段階で、現在の倍率が公開されているので、それを見てもらうと、どの求人に応募すべきか?が如実に分かるのではないでしょうか?非常に便利な昨日で、他の求人サイトにはなかなかない点ですから、本当にここはショットワークスの魅力になるでしょう。このショットワークスは無料で登録、利用ができますから、これからバイトを始めたいという方、なんとかして受かりたい!という方、空白期間があっても働きたいという方には、面接なしで採用してもらえる求人があるとともに、受かりやすさを示す倍率を公開しているショットワークスを良かったら参考にしてみてください。

 

面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載

 

 

9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ

9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ

 

 

あわせて読みたい記事