就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活で受かる人、受からない人の特徴は?←人事の保身が全て

【スポンサードリンク】

就職活動では、どういう人が受かるのか?コミュニケーション能力がある人とか、いわゆる「優秀な人」みたいな感じの人が採られやすいという風潮はあるかもしれませんが、全てがそうだとは思わない。というか、人事の立場になってみると分かりやすいかもしれませんけど、あなたが人事担当者だったら、どういう人を欲しがるでしょうか?それを想像してみると、案外答えはすぐに出るのでは?と思います。ちなみに私が人事だったら、真面目に働いて問題を起こさないだろうと思える人です。人事が何を1番に考えるか?というと、自己保身です。要は自分が採用した人間によって自分の立場が危うくなることを1番懸念するのではないでしょうか?採用した人がすぐに辞めたとか、問題を起こして会社に不利益を生じさせた場合には、おそらく特定できる場合には、そのときに採用した人事担当者に責任が追及されると思われます。これは非常に困りますよね。

 

だから、優秀な人というのは、そうであれば尚良いということじゃないか?と思うのです。優秀な人というのは絶対条件ではなくて、そうであればなお良いだろうくらいのことじゃないか?と。無難に仕事をこなして、自分の採用責任に非難が及ばないでくれればそれで良いという考えがあってもそれはそれで頷けてしまうのです。もう1ついうと、能力的に使えない新入社員も同じように会社にとって困るわけですから、そういう人を避けるのに1番指標にされるのがコミュニケーション能力なんでしょう。コミュニケーション能力といっても、範囲が広すぎて何のことを言っているのか?分からない場合もあると思いますけど、そのコミュニケーション能力が今野就職活動で重視されている理由というのは、自己保身に走る際の「使えない人材」を避けるためというのが理由として大きい気がします。使える、使えないの判断は容易ではありません。でも、判断しないといけないのです。

 

そのときに使われる判断材料が面接官から見たときの就活生のコミュニケーション能力なのではないか?と思います。信頼できる指標というのはなかなかないものの、その中でもまだ1番指標として機能しそうなのがコミュニケーション能力なのでしょう。だから、採用されたかったら、次の3つが大切です。すぐに辞めそうもないと思ってもらうこと、問題を起こさないと思ってもらうこと、使えない人材(優秀である必要はない)と思われないこと、これらが大切になりそうな気がします。3つ目の優秀じゃなくて良いということについていえば、優秀だと思ってもらえればそれに越したことはないですが、普通であればそれで十分のように思います。あくまでも使えないと思われなければ良いのであって、普通レベルにあれば問題ないと思います。会社の社長が自ら面接官をやる場合ならともかく、一従業員が会社の将来を考えて採用をするとは思えないのです。良い人材を採用して、それで人事が得はしないでしょうからね。とりあえず会社や自分の立場を揺るがしかねない人材は避けられればOKという見方なのではないでしょうか?

 

問題はそれをどうすればアピールできるか?ということになります。難しいんですよね。アピールの仕方は。自分は問題行動を起こさない、すぐに辞めない、最低限の仕事はこなす!と学生が言っても、なかなか説得力がないわけ。1番良いのはアルバイト経験でしょうか。アルバイトと正社員の仕事は全然違う部分も多いですけど、仕事と言う面では共通しており、アルバイトを長く勤めたとか、そこで具体的な実績を挙げたとか、そういったことを話せれば、この3つのうち、2つくらいは満たせそうな気はします。アルバイトは就職活動のネタとしてはよく選ばれているものだと思いますけど、それはそういう特徴もあってのことだと思います。少なくとも、サークルとかの話をするよりは説得力がある気がします。アルバイトを3年間辞めずに頑張りました。とサークルを3年間辞めずに頑張りました。では、どちらの方が忍耐力がありそうですか?どちらの方が会社に入ってからも仕事を辞めなさそうですか?アルバイトの方じゃないか?と思います。サークルはほとんど趣味みたいなものですから、続けられた当たり前という認識の人もいると思います。アルバイトで、できるだけこの3つを満たせそうな自己PRとか、学生時代に頑張ったことを考えてみてはどうでしょうか?そうすると、内定を貰える可能性が上がるかもしれません。

 

 

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

 

 

あわせて読みたい記事