就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

国税専門官の人事院面接に受かるには?落ちる人の特徴は?

【スポンサードリンク】

国税専門官の面接は毎年非常に大変みたいです。ここは他の試験種と比べてストレス耐性がよく見られていると聞きます。それが合否を分ける1つの基準にはなりそうです。つまり、ストレス耐性がないと思われた、ストレスを溜め込みやすいとか、ストレスに負けやすいといった風に見られてしまうと、その時点で、なかなか採用されないというか、面接で良い点数は貰えない可能性があるのでしょう。これは1つ言われていることですが、もう1つ言われていること、気になったのは併願状況です。これは根拠があるわけではないでしょう。受験生が書き込んでいる情報によると、併願状況が案外関係しているのではないか?という声もあります。併願状況というのは、国税専門官以外にどんなところを受けているか?という話です。どこも受けていないという人もいれば、たくさん受けている人もいると思いますけど、仮に併願状況が関係あったとして、どう答えれば正解なのか?分かりませんよね。

 

併願状況を聞く試験種は珍しくないので、それが合否に関係あるというのは間違いないでしょう。そして、当然国税のところに来てくれそうな人を採用するのか?となりますが、それも本当にそうかな?と思いますよ。例えば、募集人員ギリギリしか採用しないのならば、来てくれそうな人、国税を選んでくれそうな人をあえて選ぶのは分かるのだけど、国税に限らず、その試験種も余裕を持って採用しますよね。特別区とかは募集人数の2倍最終合格させています。つまり、蹴られる前提で多めに採用しているわけですから、国税に来てくれそうな人だけを本当に選んで、本当にほとんどが国税を選んじゃったら、これはこれでマズイかもしれない。つまり、採用予定すア数を大きく上回って採用しないといけない事態が起きる可能性もある。最終的な採用決定は採用面接に合格してからですが、二次試験の面接の合格者の中で、最終的に採用されない人の数はほとんどいないとも聞いています。

 

だから、国税が第1志望の人だけを本当に見抜こうとしているのか?は分かりません。併願状況で他に何を見ているのか?も分かりませんね。併願状況を聞くのは、国税特有ではないので、そこまで関係あるか?は分かりません。私がこれじゃないか?と思うのは、そもそも国税専門官という職業についての価値観やその仕事自体を理解しているか?要はストレス耐性が重要ということを話しましたが、ストレス耐性がある以前に国税の仕事を分かっていないのが困るわけです。想像と違った!で辞める人は今多いじゃないですか?だから、それが起きると困るので、国税の仕事について本当に分かってる?みたいな質問がくるらしいのです。ネットで見つけた情報によると、「国税専門官の仕事を中学生に説明して!」、「会計学って何がどう面白いの?」とか、あまり予想が難しい質問が飛んできた人もいるみたいです。これはちょっと答えづらいですよね。

 

予想できて、準備できるならまだしも、準備できないと、その場でいきなり考えるわけでしょう?そりゃ無理ですよ。これにまともに答えるのは。少なくとも面接という場ではちょっと厳しい。せめて15分間くらい考える時間がほしいです。面接の中で許される考える時間なんてせいぜい数十秒くらいでしょう。そんな中でいい答えは出ないと思います。こういった質問がくる可能性がありますし、私はこういう質問が合否を決定付けるうえで大きく関係しているのではないか?と思っています。志望動機とかと合わせて、国税専門官という仕事を何故選ぶのか?その覚悟はあるのか?あなたは国税の仕事の大変さを知っているのか?を問うような質問が多分いくつかあるのではないか?と思いますけど、それに上手く答えるというか、面接官から見て頷いてくれるような回答が出来ないと二次試験の人事院面接は突破できないのかもしれないです。これも想像といえば想像なので、参考程度に聞いておいてほしいと思いますけど。面接で何が合否に関係しているか?ははっきりとしたことは言えませんから、自分なりに正しいと思ったことを実践して、合格しているように願うしかないでしょう。

 

 これから国税専門官を含めて、公務員試験の面接対策をする場合にオススメしたいのが以下の参考書です。これは現役の面接官の採点官が書いている本で、毎年新しいものに改訂されて出版されています。そして、Amazonでも非常に評価されているのです。本書は公務員試験のどの試験種にも使えると参考書で、公務員試験の面接に関する基礎の基礎から解説してくれていて、面接試験において知らないといけないマナーや注意点、そして合格を掴むために必要なアドバイス、知識、受け答えの仕方など、幅広く公務員試験の面接で採用されるための秘訣が載っています。そして、特徴としては一部漫画形式を採用して、コミカルに面白おかしく、かつ分かりやすく説明されているので、読み始めるとすぐに読破してしまうかもしれません。非常に丁寧で分かりやすくて、ためになる一冊だと思うので、良かったら参考にしてみてください。

 

公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2016年度

公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2016年度

 

 

あわせて読みたい記事