就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

転職に失敗して出戻り、辞めたい!ミスマッチを避ける秘策!

【スポンサードリンク】

転職をする際に、1番気をつけるべきことは入社後に後悔をしないということではないでしょうか?後悔先に立たずとも言いますし、先に予想できないからこそ後悔なのですが、ミスマッチと言われるような、転職後にここはやめておけば良かった・・・。とどうしても時間を元に戻したいとか、前の会社の方が良かったとか、そういう気持ちになってしまう人もいます。そういった事態を避けるには、どうしたら良いのでしょうか?それはミスマッチがどうして起きるか?ということにもよりますね。ミスマッチが何故起きるか?簡単な理由としては、会社のよく理解していないから。これに尽きると思います。転職を希望している会社についてよく知っていれば知っているほどミスマッチは起きづらいです。ただ、入社もしていない人がどうやって会社のことを知るのか?という問題もありますから、これは非常に難しい問題なんです。ミスマッチは完全には防げませんけど、リスクを小さくすることはできると思うのです。

 

ミスマッチを防ぐには、会社のことをできるだけ知る。これが大切ですね。あとは会社が適性を見出してくれるというのが大切です。会社の人間はあなたのことはよく分からないけど、会社のことはよく知っているわけですよね。その会社の人があなたのことを欲しがってくれているとしたら、それは1つミスマッチを防ぐ要因になると思います。会社の給料とか絶対的名数字で表せる部分については入社する前に分からないこともないですが、職場の雰囲気とか、そういうのは曖昧な概念でどうしても分からない部分も多いです。だからこそ求職者側の立場になってみると、会社のことを理解するのが難しいのです。ただ、会社側が求職者を判断するハードルはそれよりは低いと思うのです。会社が判断するときに使われる材料は、人柄や経歴になると思います。経歴は一目で見れば分かるから全く問題ないです。人柄については簡単に見分けられるわけではないですが、その人1人を見分ければいいだけであって、会社そのものを見分けないといけない求職者と比べたら、大分難易度が落ちます。

 

つまり、会社のことをよく理解している会社の人間があなたを欲しいと言ってきたら、それはミスマッチのリスクが少ない会社に出会えた瞬間かもしれないのです。スカウト機能って、よくあると思うんですけど、あれを使うと、会社の方から声をかけてくれたりしますよね。だから、あれって結構オススメだと思うんですよ。例えば、今かなり転職希望者の間で話題になっているのが「Switch.」というサイトです。ここはスカウト特化型のサイトで、Facebookアカウントを持っていると、それで登録ができます。自分のアカウント情報(名前とか、写真とか)は相手企業には伝わらないので、ご安心ください。このSwicth,を利用すると、バンバンスカウトが入ってくる可能性があります。通常の転職のやり方というのは、ハローワークや転職求人サイトから、自分で自分の合いそうな企業を検索するしかありません。ただ、全く接点のない会社を判断するのは非常に難しいです。組織そのものですから。ただ、会社側が求職者を判断するのは、先ほども言ったように難易度が下がります。1人の人間を判断すれば良いわけですから。1人の人間を判断するのとたくさんの人間が集まっている組織を判断するのはそりゃハードルが全然違いますよね。

 

だから、会社のほうから「あなたうちの会社受けてみない?」と声がかかったら、ミスマッチを防ぐ1つのチャンスと捉えても良いかもしれないのです。このSwicth,はスカウトがくるまでは特に何もする必要ありません。スカウトがきたら、いいね!を押して、承認すると初めて相手にこちらの個人情報(経歴や名前など)が伝わります。断ることもできます。以降はサイトの中のチャットを使って、お互いコミュニケーションをとっていきます。チャットを採用したというのも、このSwicth,が話題になった理由の1つではないでしょうか?非常に斬新なアイデアながら、お互いの気持ちを考えた部分だと思います。通常は直接会う場合を除いては電話やメールが主流でしょう。ただ、電話は声を聞くから、言いたいことをストレートに聞けなかったり、遠慮したりしてsまいがちですし、メールはリアルタイムで返信が行われるわけではないので、コミュニケーションをとるのに非常に時間がかかります。問題点があったということです。それらを全て解決したのがチャットになるわけです。文字のやりとりで顔を見られない、声も聞かれない、そしてリアルタイムでどんどん好きなことを聞いて会話をしていける。これがSwicth,のチャット機能の優れた点なんです。顔を見られない、声を聞かれないから、気さくに友達感覚で会話が出来るから、聞きたいことをストレートに何でも質問しやすい雰囲気があるんですよ。絶対に事前に聞いておかないと困ることを聞いておけるという点も、その後入社してからのミスマッチを防ぐ1つの要因になるのではないでしょうか?

 

話が弾んだり、会話をしていく中で、不安な要素をお互い消すことが出来て、ここ受けたいなと思えば、選考に関する話に移行して、実際に会社に来てもらうことになるでしょう。そこで自分自身の目で会社を確認することはできますし、完全に理解するのは難しいですが、会社について知ることが出来るでしょう。スカウトは会社の人事が、まず会社のことについて理解をしていて、そのうえで向いている人、適性のありそうな人というのを選抜する作業です。それに特化したのがSwicth,です。ここはスカウト特化型なので、登録後に特に何かしないといけないわけではなく、基本的に放っておけば良いのです。スカウトが着たらそのときに反応をすれば良いだけですから、だから、ハーローワークや他の転職求人サイトを普段は使って、転職活動をしながら、Swicth,に登録しておいてスカウトをただ待つという併用するやり方も全く問題ないですね。自分の理想の企業、自分が探し求めている希望の条件にマッチする企業はないかな?と、自分から検索していくことも可能であれば、スカウトを待って、自分に合っている企業、自分を必要としている企業、自分の適性や能力を見出してくれる企業の方から声をかけてくれる。Wのチャンスがあるので、転職活動の幅が今後広がっていき、選択肢が増ええるわけですから、結果的に望ましい転職活動、そして転職結果になる可能性も高くなるのではないでしょうか?転職活動のミスマッチ、後悔のリスクを少しでも減らすには、無料で利用できますから、良かったら参考にしてみてください!

 

人気企業からの「いいね!」が毎日届く!
Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

 

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則

 

 

あわせて読みたい記事