就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

少年Aの「絶歌」の意義は、貴方が殺人鬼になることへの警告かもしれない

【スポンサードリンク】

いろいろな話題になっている元少年Aがこの度執筆した「絶歌」についてですが、私は今回多くの人がしているような批判をするつもりはない。というか、この本を読んだことがないし、読む気もない、本の内容については全く興味はない。少年Aに集まる批判意見にやや興味がある。この本の出版について、批判している人の大多数は「遺族の気持ちを考えていていない」というものとか、「実名で書け」とか、そういったものが多い。遺族の気持ちを考えていないというのならば、じゃあみんななんでこんなに買うのか?芸能人で実際に買ったか?読んだだけか?分からないが、そのうえで批判している人は多い。遺族は回収を希望しているんだ。買っている人、読んでいる人は、その気持ちに完全に背いていると思うんだが。あと、実名で書け。という指摘については、そんなことを言ってどうするんだ?としか思えない。本人が不利になるようなことをあえてする意味がない。少年Aが実名で書いて、一体何の解決になるのか?それこそ、少年Aが今後より世間から孤立して、再犯に至る可能性を増すだけじゃないか?と。ただ実名を出さない人間が気に入らないだけじゃないないのか?と思うのだが。

 

この本をなんやかんやで買っている有名人は多いらしい。フリーアナウンサーの長谷川豊氏もその1人だが、彼のブログはあまり個人的には賛同できないものが多いが、今回の「『絶歌』を批判する人に決定的に欠けている視点 : 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』」の記事には割と賛同できることが書いてあったので紹介したい。

 

前回の私のブログには大変多くのお叱りのコメントを頂いた。それらの批判コメントの中に、
「長谷川は、自分の子供たちが被害にあったら同じように言えるのか?」
というものがあったが、では、私から逆に問う。この『絶歌』を批判している、自称『正義の味方君たち』に問う。悪をネット上で叩きのめすコメントを書き込み、悦に入っている、そこの貴方だ。

「あなた方は、加害者になったときに、同じように質問してくるのか?」

答えていただきたい。私のブログに汚い言葉でいろいろ書いてきた人間、全員答えていただきたい。もう一度聞こう。答えていただきたい。

「あなた方は、『加害者の側になる可能性がある』のだが、それは考えたことがないのか?」

きわめてシンプルな質問だ。大半の「ええカッコしいの偽善者」はこの質問に対して「考えていない」のだ。住民票をお花畑に変更することをお勧めする。自分は一切巻き込まれないとでもカン違いしているのだろうか?

 

ここで重要な指摘は、誰だってこのような加害者になる可能性があるということです。は?ふざけんなよ!オレがそうなるわけーだろ!と思った方もたくさんいると思うが、そんな言葉に何の説得力もない。私も分からない。長谷川氏だって、自分が殺人犯にならない保証は無いと思っているのでしょう。それはだ、殺人犯になるか?ならないか?を分ける大きな要素があって、それは「運」だから。運というのもちょっと抽象的だけど、分かりやすく言うと、人を殺してみたくなるような動機に遭遇するか、または衝動に駆られるか?否か?です。例えば、死刑の是非の議論になると、こういうことを言う人がいる「(反対派の人に対して)お前は自分の家族が同じ目に遭ってもそのようなことが言えるのか?」といったものです。こういうことを言う人の意図は、恐らく自分の家族が誰かに殺された場合に、死刑を望む。つまり、殺してくれと望んでいるということである。こういうことを言う人は、普段から人を殺すべきではないと考えているだろうし、それを実行しているはずです。ただ、条件が整えば、人を殺しても構わないという風に思考は転換されている。国だってそうだ。当然、人を殺すことは認めていないが、例外的に死刑という形で人を殺すことをあらかじめ明示している。

 

また、ある事件のニュースに対して、Twitter等で、「こいう殺されて当然だよ」とか、言う人もいる。つまり、こういうことを言う人は殺されてもしょうがない人間と、殺されてはいけない人間に脳内に分けられているということであり、自分にとって何か不都合なことがあって、ある人間が「殺されてもしょうがない人間」になった場合に、その人を実際に殺す可能性が十分にありうる。どんな場合にでも人を殺すべきじゃないと一貫している人間はともかく、ケースによって殺しても良い、殺されるべきじゃない、ともとれるような発言をしている人間は、その人にとって人を殺したくなる条件が揃えば平気で殺しそうだ。世の中の大半の人間は後者の人間でしょう。人間には感情があるから。だから、殺人はなくならないんです。動機と状況が揃えば平気で起きるものだから。

 

この元少年Aの著書は、前半と後半に分かれている。前半部分、この元少年Aがどのように狂ってゆき、どのような変調を来たし、どのような兆候が見られ、「ごくごくありふれた当たり前の家庭」から、「完全に病気と後に診断される殺人者が生まれる」までの過程を克明につづられている。私がこの第1部で感じた感想、それは…

私の子供たちだって、そうなる可能性がある

ということだった。日本中、誰でも子供がいれば感じる気持ちのはずだ。中には、私に「長谷川は独身なのか」とネットをググれば2秒で答えの分かる低レベルな質問をしてきたバカがいたが、私には3人の子供がいる。親として感じたのだ。

元少年Aの家族に、誰でもなる可能性があるのだ。

この視点を、この本は明確に提示しているのだ。同時に、平和ボケした日本人には、この視点がとても足りないのだ。被害者が語り、被害者が涙を流し、被害者の立場を慮る(おもんばかる)ことは、現代の日本ではとても多くのシーンで目にすることがあるのだが、「加害者側」は日本では、くさいものとして扱われ、蓋をされるために

 

この少年Aは事件を起こすまでは普通の少年だったという。殺人者も元を辿れば普通に人間ならば、今自分のことを普通だと感じている私も危ないかもしれないし、あなたも危ないかもしれない。「平和ボケ」という言葉が使われているが、まさにそのとおりで、ちょっと油断したら被害者にも加害者にもなりうる社会が日本だし、人間が生きる社会なんだ。そういった意味では、今回のこの本の意義はそこにあるのかもしれない。長谷川氏は少なくともそこに意義は認めているらしい。長谷川氏は、少年Aが自らの体験を克明に語ってくれたことは、後世に語り継ぐべきサンプルとしての意義を認めているのでしょう。つまり、こういう経験をするとこういう人間になります。それを「言い訳」として捉えている人もいるみたいだし、長谷川氏のように、そうならないための貴重な経験を語ってくれたと意義を認めているケースもある。どちらで捉えるか?は人それぞれだろうが。

 

「被害者の家族のことを考えろ!」
というコメントを頂戴したが…もちろん、そんなこと分かった上で、前回のブログは書いている。被害者家族の思いとは、100人に聞いても200人に聞いても同じである。そう。たった一つだ。

もう、二度と同じような悲劇を繰り返させないでほしい。この一点だ。これは全員が同じことを言うのだ。

犯人を恨んでしまう人も多い。生きる気力を失ってしまうことも多い。だが、何を言っても、もう亡くなった人は帰ってこない。被害者家族を救うべく、我々がするべきことは一つだ。

「同じような悲劇を繰り返させないこと」だ。

 

長谷川氏の真意とは異なるだろうと思うけど、私は元も子もないことを言ってしまうが、同じような悲劇を繰り返さないことは多分無理じゃないか?と勝手に思っています。すでに述べたとおり、こういった事件が起きる理由は人間の感情によるものが多い。そして、人間には欲求があり、その欲求を満たすように行動する。感情や欲求はコントロールできない。コントロールできないが、殺人はコントロールできるだろう。という意見もあるかもしれないが、例えば2chでどう考えてもこれ言った相手は傷ついているよね。というような書き込みが多数散見される。2ちゃんがそういう場だといえばそれまでかもしれないが、それだけじゃない。現実世界だって、言葉によって行動によって人を傷つけている人、傷つけようとする人は後を絶たない。殺人というのは、その中の極端なケースであって、人を傷つけることを人が辞められないならば、当然その中の稀なケースである殺人も消えようがないのです。人が人を何らかの方法で傷つけることを根絶できると思うか?これに即座にYES!と答えられないならば、多分こういった事件は起きない保証はない。私は殺人というのは、人類の歴史上、人が人を傷つける歴史が途絶えたことが無いならば、今後も一定頻度で起きるでしょう。自然災害と性質を異にするものとは思えないのだ。啓蒙や教育だけでは防げないからこそ、私たちは自分たちが加害者、被害者にならないように、自然災害に備えると同じ気持ちで生きないといけないのだと思います。

 

こんな記事をかいているうちに、長谷川氏のブログを読んでいるうちに、私も何だかこの本を読みたくなってきしまった。多分、買わないと思うが、何かのついでにショッピングカートに入れているかもしれない。読んだらまた感想を書くと思う。

 

 

絶歌

絶歌

 

 

あわせて読みたい記事