就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

説明会や面接後のお礼状は必要?出したほうが良い?←いらない

【スポンサードリンク】

就職活動をしていて、会社説明会や面接においてお礼状を出したほうが良いのか?と考える場面はあるかもしれません。ただ、このページに辿りついた時点で、あなたはお礼状は出す必要はないでしょう。お礼状っていうのは、自らお礼の気持ちを認めたい場合に出すものであって、出したほうが良いとか、奨められて出すものじゃないと思うからです。それはもはや「お礼」ではなく「媚び」でしょう。こういうページを検索して辿りついた人は、恐らくお礼状のメールとか、手紙を出したほうが有利になるのでは?という予測かたしているものと思われますが、有利にならないとは言わないけど、あまり関係ない企業が多い気がするんですよね。ちなみに私は出したことないです。そんなに受けてないですけど。出そうかな?って考えたことすらない。それは会社説明会や面接を終えて、向こうからお礼が着たことがないからです。あくまでも立場は本来は対等なはずで、企業が送ってこないならば、こちらも出す必要ないわ。と思っていました。

 

実際、お礼状の有無が選考にあまり関係ないだろうと思うのは、企業側としても、お礼状はそんなに送ってくれなくても良いと思っているいるだろうということと、私みたいに送ってきた学生は媚を売りにきていると思われて逆効果になりかねないという2つの理由があります。また、面接終了後にお礼は言っているはずですよね?面接が終わって無言で立ち去る人はまずいないと思うし、ちゃんとお礼を言って、頭を下げて帰りますよね。そこにまたお礼状を送るというのは、しつこいですよ。あまりになどもお礼をするのは、逆にマナー違反とする声もあります。あと、メールなら良いですけど、手紙で送る場合には、その手紙はどうするのでしょうか?捨てるのでしょうか?それともとっておくのでしょうか?これも人事を悩ます1つの種になってしまいます。あと、そもそも特に面接の場合ですけど、面接が終了した時点で合否が決まっているケースも多々あると思うので、その後にお礼状を送っても、全く意味がないということもあると思います。

 

そして、最大のポイントは、面接のときにお礼をしたのに、あえてまたお礼をするということは、そのときのお礼が不十分だったと自ら認めてしまうことにつながりかねないということです。面接終了後もお礼は当然します。それで私は十分だと思うのですが、それでも足りないと思ったからこそまたお礼をするというのであれば、面接のときのは何だったのか?となってしまいます。1回やれば十分であって、再度やる必要はないと思います。お礼はやっぱりすぐに済ませるべきというか、表すべきだと思うのです。面接が終わってからやや時間が空いてからしても、そのお礼の気持ちが向こうに伝わるでしょうか?その面接官は1日に何回も面接をこなしている可能性もある市、その中の誰かからお礼状が来ても、誰だっけ?ああ、あの人か。程度の認識しかないと思うのです。お礼状にきちんと目を通してくれるかも分からない気がします。

 

お礼状を出すタイミングとしては、せいぜい内定を貰ったときで十分じゃないでしょうか?内定は向こうから連絡があると思います。電話などで内定をまず告げられたときには、そこでお礼を言えば良いでしょう。その場合にはお礼状は不要だと思います。どうせ内定式でもお礼を言うことになりますから、相当しつこいと思いますよ。逆に郵送かなんかで内定通知が着ただけの場合には、それに対するお礼をすぐに言うタイミングが他にないので、この場合にはお礼状を出しても良いかな?と思いますけどね。内定式がない企業もありますから。お礼状自体は、すでに述べたようにあくまでも気持ちが大切なわけですから、出さないといけないと思って出すお礼状であれば、あまり意味がないんじゃないか?と思います。それは貰う側としても分かっている可能性もありますけど。

 

 

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

 

 

あわせて読みたい記事