就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

短期バイトに受からない、落ちる人が受かるにはどうすれば?

【スポンサードリンク】

バイトはレギュラーのバイトだけじゃなくて、短期バイトという手段もあります。こちらの方が受かりやすいという認識の方もいるかもしれないですね。短期バイトは、一定期間のみ募集して、結構多くの人数が必要な場合もあります。また、結構そこまで厳しく審査しないというか、採用、不採用の条件が厳しくない、ほぼ先着順みたいな求人も中にはあると思いますし、能力や経験などをより問わない、誰でもやる気があればできる仕事というイメージもあるかもしれません。そういう仕事が相対的に多いというのはあると思います。ただ、短期バイトも人気は人気で、レギュラーのバイトよりも受かりやすいと思って、こっちを受けにきたり、ずーっと同じところでバイトをしているのはきついので、短期バイトをあえて選んで、短期バイトを繰り返しているという人もいるかもしれません。そんな理由もあり、短期バイトも結局、採用人数を大幅に超える応募者がいたりして、それだけ採用のハードルは上がっているのです。

 

短期バイトがいくら受かりやすかったとしても、人数がオーバーしていれば、その人数は確実に不採用ですから、難しいのです。短期バイトは面接とかをやるにしても、そこまで厳しいことを聞かないでしょう。志望動機とかも聞くかもしれませんけど、そんなに重要視しているとは思えない。とにかく真面目に働いてくれそうで、ばっくれそうにない人、問題を起こさない人が優遇されそうです。あとは、短期バイトの指定した期間全部確実に出られるという人、仕事ができる、できないよりは確実に人材として計算できる人が優遇されているというか、そこを見ているのではないか?と思います。そうなると、短期バイトで受かるためには、その点を踏まえれば良いかもしれません。つまり、採用側にとって都合のいい人材になるということです。例えば、年末年始の年賀状のバイトとかは、とにかくここが重要だと思うのです。年末年始の前後の1週間くらいにとにかく多く出られる人が重用されていると思います。

 

短期バイトで必要なのは、いかに採用する側にとって都合の良い人材を演じられるか?ではないでしょうか?仕事ができる、できないは二の次だと思うのです。できれば尚良いということでしょう。まあ、短期バイトは能力や経験を問わない仕事が多いですから、そこはあまり関係ないのでしょね。したがって、今後短期バイトを受けるときには、そこを考えていくと良いのではないでしょうか?また、今後短期バイトを受ける、長期バイトでも良いんですけど、そのときに参考にしてもらいたいのが「【おてつだいネットワークス】 」です。ここは多くのアルバイトを探している方にとって、役に立ってくれる求人サイトだと思います。このおてつだいネットワークスは、短期バイトを含めて、長期バイト、日払いのバイトの求人をお探しの方にオススメしたいサイトです。ここは1つ大きな特徴を持っていて、それは採用にあたってそもそも面接がないということです。会員登録をしたときの情報で採用を決めるそうです。つまり、面接が苦手で、上手く話せなくて、言動が挙動不審で、コミュニケーション能力がなくて、といった理由でもしかしたら落ちていた可能性もありますが、その懸念材料がなくなります。

 

面接がないと、そもそも精神的な負担も相当軽くなりますよね。面接の前夜や当日は緊張して大変という方もいると思いますからね。長期バイトについていえば、短期バイト以上に面接が重視されているので、このおてつだいネットワークスから応募すれば、長期バイトも面接がないわけですから、長期バイトを本当はやりたいのだが、受からないから短期バイトを探していたという人にとっても朗報です。長期バイトも同じく面接がないので、長期バイトに受かるチャンスも同時に広がります。また、ここは履歴書も必要ありません。毎回履歴書を書いて出していたという苦労もあると思いますけど、それも必要ありませんから、その手間が削減されるのもありがたいですよね。短期バイトの方が受かりやすいというのはあるかもしれないが、確実に受かるわけではないですから、落ちてしまう人もいます。そういった方の中には、面接による原因を抱えた人もいるかもしれないですから、そういった方々にこのおてつだいネットワークスは使えそうな気がします。短期バイトだけじゃなくて、長期バイト、日払いのバイトを探すときにも有効なので、良かったらこれからのバイト探しの参考にしてもらえればと思います。

 

 

絶対トクする!学生バイト術―クイズに挑戦「これだけは知っておきたい」働くルール

絶対トクする!学生バイト術―クイズに挑戦「これだけは知っておきたい」働くルール

 

 

あわせて読みたい記事