就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

短期職歴があると転職は不利なのか?それでも成功する方法!

【スポンサードリンク】

短期職歴しかないと、転職活動をするときに不利になるんじゃないか?という気持ちを持っている人も多いのではないでしょうか?短期職歴が必ず不利になるとはいえないものの、そういう風潮があるとどうしても不安になってしまいますよね。問題は短期職歴について、各企業がどう考えているのか?が分からないということです。とりあえず受けてみたは良いが、結果落とされたとしたら、短期職歴を自分で気にしている以上、それが原因だったんじゃないか?と思ってしまいますよね。実際、それが原因か?は分かりませんが、1つ自分で気になっている要素があるとどうしてもそれが気がかりになって集中できないようなことはあると思います。それが本当に関係あるのか?はなかなか明らかになりませんから、その中でどうやって自分でも採用してもらえる企業を探すか?が問題になります。短期職歴だったとしても就職できる企業が中にはあるはずですから、そこを見つけて、なんとか転職を果たしたいですよね。

 

問題はそういう企業をどうやって見つけるか?なんですよね。職歴が短いことは、そもそもハンデなのか?という問題もあります。自分で企業を探して応募をしていると、自分が応募した企業が自分の職歴を見たとき、どういう反応をするのか?がとても気になると思います。それはその企業が自分の短期的な職歴についてどう考えているのか?分からない中で応募して、選考を受けるからです。そして、受かれば問題ないですが、落ちたら、もしかしたら短期職歴が原因だった?と思うわけですよね。それが原因か?どうかは分からないものの、本人は絶対に気にすると思います。で、どうせならば短期職歴を気にしない企業を受けていきたい。そうしないと時間の無駄になる可能性が高くなるから。ということでしょう。短期職歴を気にするか?どうかは見た目じゃ分からないわけですよね。1番早くて書類選考でしょう。書類を見れば、過去の職歴が分かるので、そこで落とされたら、そういうことなのかもしれないですね。ただ、従来の転職活動の方法をとっていると、短期職歴を気にする企業、そうじゃない企業というのは分かりません。

 

そこで、オススメしたいのはスカウトですよ。スカウトを使うと、そこが問題ではなくなりますから。スカウトというのは、ある求職者に対して、企業から声をかけていくもので、従来は求職者が企業を検索して、そこに応募していくというスタイルだったのですが、その逆のパターンによって転職活動を行うというものです。これによって何が可能になるか?というと、ある職歴を持った人に対してスカウトが着たならば、そのスカウトを送った企業というのは、その職歴で問題ないという判断をしたということになります。つまり、短期職歴を持っている人に対して、スカウトが着たならば、その企業は短期職歴を気にしないという姿勢の表れだということになるのです。これによって、短期職歴を気にしない企業が分かるということなのです。スカウトを行っている転職サイトはそんなにないんです。ただ、1番オススメしたいのは「Switch.」で、ここはスカウトだけに特化したサイトになります。つまり、転職におけるスカウト専門サイトです。スカウト機能を備えているサイトは何個かあるものの、スカウトだけに特化した専門サイトは恐らくここしかありません。だから、オススメしたいのです。開設後間もないサイトなのですが、いろいろなメディアで取り上げられて、かなり話題になりました。それによって利用者もかなり増えてきており、ネット上には利用者の声なども散見されますが、実際に利用された方の評判も結構高いですね。

 

ここはFacebookアカウントを利用して登録するのですが、登録をしても、別にその情報がスカウトを送ってくる企業に筒抜けになるわけじゃありません。基本的には、登録したときに入力する経歴などの情報が分かるだけで、それを見てスカウトを送ってくることになります。スカウトを送ってくる時点ではあなたの名前も分からないので、1番困る自分が働いている企業が自分を見つけて、会社にバレるという事態がほぼありません。また、Swicth,では、ブロック機能もあるので、あらかじめこちらの情報を一切見られたくないという企業があれば、調べておいて、そこをブロックしておけば、スカウトを送ってくることができないですし、そもそもこちらの銃砲を一切見られないので、ほぼ100%会社に自分が転職しようとしている事実がバレないというメリットがあります。これがあるからこそ、利用者は心置きなく転職活動ができるわけです。実際、バレたら相当大変な目に遭っているという話を聞きます。もうそこにはいづらくてしょうがないと。だから、絶対にバレてはいけないのです。

 

そういう安心感を持ちながら利用できるというメリットも、Swicth,利用者に支持されている理由の1つですし、評判が良いのです。基本的には登録したら、何もすることはないです。スカウトが来るのをただ待ちましょう。そして、スカウトが来ればそれに反応します。承認するか、しないか?を決められます。承認をすると、こちらの個人情報がある程度相手に伝わります。Facebookアカウントの情報は伝わりませんが、名前とかは伝わります。だから、承認したくない場合はしなくて結構です。承認をすると、以降はサイト内でチャットを使ってお互いコミュニケーションをとって、転職について話していくことになります。チャットを使って会話をしていくというところも斬新ですよね。ただ、これもSwicth,の魅力の1つですし、利用者から支持されている点の1つになると思います。チャットで転職活動を進めるなんて良い意味で前代未聞なんですよね。だいたいメールや電話で連絡を取って、詳しい話は直接会って、選考を受けたりして、面接等を通じてやるものじゃないですか?それか説明会に参加して行うものだと思います。ただ、面接や説明会が、従来のお互いを理解する場だとすると、会社側は良いかもしれないですけど、求職者側は聞きたいことを聞きづらいでしょう。

 

立場的に企業の方が上なので、企業はある程度聞きたいことをズバズバ聞けるかもしれませんが、求職者の方はどう考えても聞きたいことをズバズバ聞けるとは思えないのです。それは立場的に弱いというのもあれば、顔を直接合わせて、かつ相手の声も聞いて、こちらの声も聞かれて、という場で行われるため、当然萎縮してしまうからです。たあ、チャットってどうでしょうか?萎縮を全くしないわけではないですが、顔も見ません。声も聞かれません。メールみたいな感じですよね。メールをリアルタイム交換し合っている状態です。だから、メールよりも優れています。メールは出しても、返事がリアルタイムですぐ来るケースは少ないです。ただ、チャットはお互いがチャットにリアルタイムで参加して成立するので、返事がすぐに来ますし、どんどん会話が弾んでいくので、メールみたいに返信まだかなー?とやきもきする必要がありません。直接会ってはいないが、直接会って、顔を合わせず、声も聞かれずに会話している状態に等しいのです。だから、聞きたいことをスバスバ聞きやすい。そういう点が考慮されているチャットは、利用者からも評判が良いです。ここもSwicth,の特徴の1つになります。

 

そして、チャットでお互い会話をして聞きたいことを聞いていきますよね。その結果、お互いがお互いのことを理解して、求職者側が納得して、今回者受けてみたい!と思ったら、チャットの中で恐らく具体的な今後の話が出ると思います。説明会に来て見ないか?とか、面接を受けてみないか?とか、そういった話になると思うので、考えてみると良いと思います。そして、採用されれば、そこで働けるということになるのです。Swicth,はきっかけを与えてくれるサイトですから、あえてオファーをくれたということは、経歴などを見て、この人が欲しい!と判断したということになるので、短期職歴でも別に気にしないという企業がオファーをくれたわけです。だから、どこが短期職歴など、自分の特定の属性を気にするのか?普通なら受けてみないと分からないものの、受ける前から分かって、かつそれを気にしない企業に出会える、見つけられるというのは、非常に転職活動がスムーズにいく可能性があるので、非常に大きいですね。また、通常は求職者から応募をするのに、企業からオファーが着ている時点で、通常よりも採用可能性が高いと言えるかもしれません。すでに企業の方が自分に興味を持っているので。

 

そして、短期職的とか、一見すると不利になりそうな要素を持っている人でも、全然気にしないという企業が多くあるので、それに出会えるチャンスになります。自分から企業を検索するやり方だと、どの企業が気にしない企業なのか?が分かりませんから。だから、企業の方から声をかけてくれると、それがすぐに分かる。見つけやすいというメリットがあるのです。そんなわけで、多くの方にとって魅力的なのですが、ここはすでに説明したように1度登録してしまえば、後はスカウトを待つだけで良いので放置ですね。スカウトがくれば対応すれば良いだけなので。そうなると、非常に楽ですよ。スカウトを待っている間は特に何もする必要はありません。だから、その間にいわゆる普通の転職求人サイトを利用して、自分で企業を検索したりすることができます。通常はこのタイプのサイトで自分で企業を検索するだけじゃないですか?これは手間と時間をとられてしまいますけど、Swicth,みたいなサイトは基本的にすることがないので、そういう一般的な転職求人サイトと組み合わせることができる。併用することができるというのも魅力の1つになります。チャンスが2倍あるってことですね。

 

自分の希望の会社の条件って、ある程度あると思うんですよ。それに近い会社を見つけるには、出会うためには何が必要か?というと、その確率を上げることでしょう。自分で検索をしている作業に加えて、スカウトを待つという作業を加えれば、物理的に使える時間や手間の中で、それだけ自分が出会える企業の数が増えます。その数が増えれば増えるだけ、自分にとっての理想的な企業がその出会った企業の中に含まれている可能性が増えます。1社でも多く出会えればその可能性が増えるのです。自分が知る企業の数、出会える企業の数を増やすことは、理想的な企業に転職する可能性をも増やすことにつながるので、そういった地道な努力、少しでも可能性を上げる努力をしていけると良いのではないでしょうか?短期職歴等の悩みを持っていて、企業に低評価されるのではないか?と思っている方、それでも転職活動で成功して、良い企業、自分が思い描いていた企業に入りたいと思う方は、今本当に流行りといっても良いような、利用者からの人気や評判の高いサイトなので、無料で利用できますし、良かったら参考にしてみてください。

 

人気企業からの「いいね!」が毎日届く!
Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

 

 

あわせて読みたい記事