就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

大学受験の全学部入試とは?難易度は高いがメリットもある

【スポンサードリンク】

大学受験では、ここ数年全学部入試を導入する大学が増えてきました。全学部入試はメリットもありますが、結構癖のある入試なので注意が必要です。通常は個別入試や個別日程と言われる、学部や学科ごとに日程が違う入試が一般的でしたが、それに加えて少人数の募集をこの全学部入試で行うことも多々あります。募集人数が少なくて、倍率が上がりやすいので、合格するのは簡単ではないですが、チャンスが増えるという意味では利用してみてもいいかもしれません。簡単に全学部入試って何?という方に説明をすると、全学部入試というのは、センター利用とほとんど同じです。複数の学部に出願して、1度の試験で合否判定を行うものです。受ける試験がセンター試験か?大学が個別に作った入試問題か?の違いしかありません。だから、1度の試験で複数の学部に合格する可能性もありますが、失敗すると1個も受からないということもあります。

 

メリットとしては、1回の試験のみで良いので負担が少なく、かつ日程が被っている学部同士を併願できたりして、本来ならばA学部とB学部は日程の都合上、併願は不可能だけど、それが可能になったりします。そして、全学部入試は個別入試とは別日程になる場合が多いので、個別日程と全学部入試の2回チャンスがあることになります。1つの学部学科が2回受けられるという意味ではこれも大きいですね。全学部入試は、センター利用みたいに出願数にそんな制限はないと思うので、1個から何個でもOKな場合もあると思います。それだけお金はかかりますが、メリットも大きいわけです。確かにメリットは大きいものの、受かる可能性は個別入試よりも低いと思います。個別入試と違って、複数の学部、学科を受けられるので、日程がかぶることによる重複が起きませんから、どの学部、学科も倍率が上がりやすいです。元々個別日程がメインなので、全学部入試はそんなに多く募集していませんから、余計に倍率は高くなりやすいです。

 

かといって、10倍とかになるか?というと、そこまでなるケースは少ないと思います。全学部入試は受かりづらいということを知っている人は、あまり受けないと思いますから。ただ、全学部入試は試験会場が結構多様なんですよね。個別日程は、その大学のメインキャンパスのみが会場になることが多いです。立教大学なら池袋、青山学院なら渋谷、法政なら市ヶ谷などです。だから、地方から受けに来る人は、上京してホテルなどに泊まって試験を受けないといけません。ただ、全学部入試は全国のいろいろな会場で受験することができる場合が多いです。その地方の大学や予備校などが試験会場になることが多く、わざわざ上京しなくて良いのです。個別日程も受ける場合には、結局上京しないといけませんけど。全学部入試は、倍率などを考えるとやはり難易度は高いです。個別日程よりも、客観的に合格率は低いと思いますが、受けるチャンスが1個増えるという意味では負担も大したこと無いですし、あとはお金の問題だけですね。1学部ごとに3万円くらいかかるので、受験料が払えるならば、全学部入試を受けて、たくさんの学部に出願しても良いのではないでしょうか?

 

全学部入試は一部の大学でやっているので、全ての大学で受けられるわけではありません。ただ、年々やっている大学は増えてきていますし、有名大学、偏差値が高い大学でも結構実施しているところが多いですから、志望大学でもしやっているのならば受けてみても良いと思います。センター利用よりは受かりやすいかもしれませんが、個別入試よりは難しいと思った方が良いでしょう。個別日程の入試が1番募集人数も多いですし、倍率も上がりづらいので、確率的には上かもしれません。ただ、全学部入試は受験科目が同じ学部であっても個別日程の入試と違う場合もあります。違うということは、個別入試と比べて有利になる場合もあるし、不利になる場合もあるということです。詳しく各大学の全学部入試の受験科目なども見てから、受けるか?どうか決めましょう。場合によっては個別日程よりも受かる確率は上がるかもしれません。私も受けましたよ全学部日程は。某有名大学です。全学部日程ですが、受けたのは1つの学部だけでした。

どうして1つしか出願しなかったのか?というと、その当時はまだ全学部日程の草創期で導入している大学も今ほど多くはありませんでした。ある大学のある学部を受けようとしたのですが、その日程は別に受けたい大学学部の日程とかぶっていて両方は受けられなかったのです。だから、全学部入試をやっている方の大学で、全学部入試でその大学のある学部を受けて、かぶっている方のもう1個の大学を個別入試で受けたのです。そういうケースでも使えるの全学部入試の良いところだと思います。もし受ける機会があれば、受けるメリットが感じられれば、利用しても良いのではないでしょうか?

 

 

 

あわせて読みたい記事