就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

2016年横浜DeNA三浦兼任監督やラミレス監督はやめてくれ

【スポンサードリンク】

今年のプロ野球もそろそろ終焉のときを迎えつつありますね。パリーグソフトバンクが早々に優勝を決めて、セリーグは稀に見る大混戦の中、2年連続最下位のヤクルトが優勝しました。私が応援していた横浜DeNAベイスターズはシーズン途中までは好調だったものの、その後全く前半戦の調子の良さは復活せず、最下位が濃厚という事態です。2番目に好きなヤクルトが優勝してくれたのがせめてもの救いですが、今揺れているのは来季以降の監督問題です。すでに中畑監督が辞任の意向を示しており、来季以降の監督候補があがっています。三浦大輔投手の兼任監督、ラミレス氏、古田敦也氏などです。この中で1番ありえないと思うのは、三浦投手ですよ。2つの意味でありえないです。それは三浦投手が兼任監督を受け入れるとは思えないというありえないという意味もあれば、兼任監督で今以上に成績がよくなるとも思えないという意味のありえないです。

 

兼任監督自体は私は大反対です。すでにコーチ兼任の経験があるとはいえ、指導者としての経験が少な過ぎます。そもそも、監督に向かないと思いますよ。三浦投手は。兼任監督自体、谷繁監督や古田監督を見てきましたが、やっぱりイマイチかな?と思います。二刀流が非難されたこともありますが、私は選手と監督業の兼任はやっぱり難しいというか、現実的に厳しいと思う。最近の兼任監督が成績を残せていないというのもありますけどね。あと、ラミレス監督も正直ありえないですね。外国人だからというわけではありませんが、彼も監督向きではないと思います。コーチ向きだと思う。そうなると、まだ古田監督の方が良い。彼がヤクルト以外の監督をやるとは思えないのだが、一応監督や指導者経験があるというのと雰囲気や考え方、リーダーシップが一応監督には向いていそうだということです。横浜の場合は、監督云々の前にコーチ陣も正直言って刷新した方が良いと思うんですよね。そして、選手の問題もある。打つほうはともかくとして、投手がやっぱりダメだわ。

 

先発も中継ぎもまだまだ駒が足りない。ヤクルトが優勝できたのは、やはり長年の課題の投手陣が改善されたからだと思うが、横浜の場合はやっぱり圧倒的に選手層の問題がある。それが10年くらい解決されていない気がする。それは選手自身の問題なのか?指導するコーチ陣の問題なのか?は分からないが、鍛えられた選手を使って試合の采配をしていく監督を変えても、そこが変わらないと順位の浮上は見込めない。今年の低迷の原因の多くは去年結果を出して、今年期待された山口俊、モスコーソ、井納翔一あたりが全くダメだったことでしょう。他の先発陣もイマイチだったけど、特にこの主力3人がこけてしまっては、そりゃ勝てなくて当然です。この3人がある程度復活するか、ドラフトで即戦力の当たりを引くか、期待の若手が伸びるか、しないと監督変えても5位争いがやっとでしょう。今年の低迷の原因は監督の問題もあるかもしれないが、やっぱり選手の問題の方が大きいと思う。

 

さらに言うとキャッチャーですかね?全く持って育っている気配がない。バッティングはともかくとして、本職のキャッチングなどの面で若いなーという気がしてならない。2年前かな?にベテラン捕手の鶴岡一成阪神に人的保障でとられたときに、これは正直終わったなと思ったけど、その予感が当たってしまいましたね。私はそのとき鶴岡をとられたことが問題だとは思っていません。キャッチャーっていうのは、なかなか育たないポジションなのに、チーム内で唯一のベテランで経験豊富な鶴岡をプロテクトから外すような、杜撰なやり方をしたことが問題だと思ったのです。つまり、選手の扱い方が雑というか、特に大切なキャッチャーというポジションにおいて、まさかとられないだろうと思って油断したら、とられたという失態もそうだが、そんな油断をするような人がチームの中心にGMとしていることが問題だと思った。横浜DeNAの中には、以降中堅以上のキャッチャーは存在しません。

 

コーチも現役時代はキャッチャー経験がほとんどない新沼慎二ですから、あまり期待もできなさそうだし、これは当分キャッチャーで苦しみそうだと感じた瞬間でしたが、今年の野球を観ていると、本当にそうだったなという気がしています。30代以上のキャッチャーがいない中でずっとやっていかないといけない。1番年上の黒羽根だって、レギュラーとして出た経験がそんなに多いわけじゃない。だから、ある意味未熟で当然なのだが、それを陰で支えてくれる人もいない。まともない教えられる人もいないかもしれない。チームの大黒柱であるキャッチャーがこんなんでは、そりゃなかなか上位には食い込めないでしょうね。逆に春咲調子良かったのが不思議なくらいです。だから、監督云々以前に解決しないといけない問題もあるから、それが残されている限り、名称を持って来ても無理じゃないか?と思う。誰がやってもそんなに変わらないと思うから、私は本人がやりたいのであれば、佐々木主浩氏とかでも良いんじゃないか?と思う。逆に見てみたい。正直言って、来年も期待できるチーム状況ではないが、キャッチャーがある程度育つまではなかなか低迷時代は抜けられないと思う。黒羽根、嶺井、高城あたりがヤクルトの中村悠平みたいに若手でも有能なキャッチャーに育ってくれることを願うしかありません。

 

 

4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史

4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史

 

 

あわせて読みたい記事