就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

忘年会に行きたくない、欠席したいなら「残業代を出せ!」と言えば良い

【スポンサードリンク】

季節的には忘年会の幹事が動き出す時期なんでしょうか?私は会社の事情とかはよく分からないが、だいたい幹事みたいな役割は若手社員がやらされるのでしょうか?そういう光景があっても不思議じゃないですよね。理不尽にも感じたりするのかな?個人的には参加者を募って、その希望者の中から幹事を決めるべきだろうと思う。お花見とかの場所取りも一緒です。ただ、現実的には、全員参加が基本みたいな会社が多いだろうし、そうであれば参加したくないと言う余地もないということでしょうか。こういうイベントごとに行きたくない人が出るのは毎年のことですよね。仕事の一環という人もいるが、仕事の一環というのであれば、当然給料は出るんだよな?となる。ただ、現実的には出ないでしょう。会社が払わなくて良いと思っているのでしょう。法律的には、一定の条件を満たせば、忘年会だろうが給料を支払わないといけないケースもある。だから、行きたくない人はまずその意思表示をすることでしょう。

 

行きたくないと意思表示をしたのにもかかわらず、幹事をやらせるとか、無理矢理参加を強要するのであれば、それは完全なる嫌がらせだろう。だって、忘年会の真の目的は社員同士の親睦だろう?最初からその気が無い社員を幹事にしたり、実際に呼んだところで彼らが誰と親睦を図るのあろうか?むしろ、彼らは全く楽しくないわけだから、空気を壊すことも十分考えられる。つまり、本当に親睦が目的ならば、行きたくない社員を無理に感じにしたり、連れて行くことに何の意味があるのか?となる。親睦なんか無理だろうと。私は会社で働いたことがないし、忘年会とやらに出たこともないし、出たいとも思わないからよく分からないが、恐らく会社は「行きたくない」と言ったところで、何かしら咎めてくるんだろう。そのときに使われる言葉が「忘年会も仕事のうち」と言う言葉だと思うんですよね。仕事のうちっていうのならば、当然給料は払われるべきだ。先ほど言ったけど。でも、それは拒むよね?何でだろうか?会社からしてみれば「これは仕事とは別」という認識なんでしょう。でも、仕事とは別ならば断ったって良いでしょう?となる。どっちに転んでも会社には矛盾がある。

 

つまり、どう見ても本来の基幹業務とは違う。仕事とは違う時間を過ごすのだから、丘陵なんか払う必要ないだろうという認識なんだろうが、じゃあ参加しなくても問題ないですよね。となる。先ほど給料請求権が場合によってはあるということを述べたが、その詳細については「「会社の忘年会には出たくない!」 参加を命じられたら「残業代」を請求できる?|弁護士ドットコムニュース」のページに載っている。

 

「労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれていると、客観的に判断される時間をいいます。たとえ労働者が実作業を行っていない時間でも、労働からの解放が保障されていない場合には、使用者の指揮命令下に置かれていると考えられています」

(中略)

「忘年会に必ず参加するよう会社から指示された場合、労働者にとって、参加を拒否することや途中で帰宅することは、事実上困難と思われます。したがって、労働者は会社の指揮命令下にあったと考えられますので、忘年会に参加した時間は労働時間にあたると思われます。

ただし、実際には参加しない人がおり、参加しなくても特段の不利益を課されないような場合は、客観的にみれば単なる参加のお願いであり、参加の指示があったとまではいえず、残業にはあたらないと考えられます」

ちょっと微妙な感じではあるが、強制性がどこまで働いているか?がポイントらしい。だから、断りづらい雰囲気が存在するだけではダメで、事実上全員が参加しており、行きたくないと言ったにも関わらず、認められなかったというようなケースになるのでしょう。だから、少なくとも「行きたくない」という意思表示はしないといけないのでしょう。それでもダメだ!絶対に参加しろ!と言われて、実際に全員が参加しているというような状況があれば、これは法律的にも残業の扱いになり、その分の給料を請求できる可能性が高くなるということです。そういう意味では、どうしても行きたくない人の言い訳や断り方としては、この点を強調するのが良いのではないでしょうか?客観的に条件を満たしていると確認したうえで、法律を盾に参加を断る。それがダメなら残業代を請求する。それが認められないならば、労基に告発すると言えば良いでしょう。会社の人間の多くは法律について無知だろうから、は?って感じになるかもしれないが、忘年会を休みたい人は、事前にちょっとは勉強して理論武装してから話しに行くと良いでしょう。あとは、同じく欠席したい仲間を多く募っていくのが良いと思いますよ。1人で行くのと大勢で行くのでは、向こうの受ける印象が違いますからね。

 

社内にこんなに忘年会に行きたくない人間がいるのか・・・。となれば、会社も考えるんじゃないですか?社内にはなたたちと親睦なんか深めたくありません。と思っている人間が多くいるのは、それはそれで問題だと思ってくれるかもしれませんから。冒頭でも言ったが、幹事をそもそも行きたいと思っていない人間に任せることがどう考えても得策だと思わない。そんな人にやらせて彼らが真面目にプランを考えるだろうか?お店を選ぶだろうか?どう考えても参加に乗り気な社員から選ぶべきだろうと思うのだが。自分たちがやりたくない面倒な仕事を他人に押し付けているのだから、その結果に不満でも当然言うべきじゃないとなる。文句があるならば、次回からは自分たちでやれという話になる。年功序列、身分による縦社会によって、こういったことは起きるわけだが、忘年会への参加を強制にして、生まれるのは親睦よりも、サボりたい社員からの不満の渦の方が大きい気がします。これが親睦なのか?と思うと、疑問ですね。

 

 

 

あわせて読みたい記事