就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

法政大学国際文化学部はボーダーは高いが2科目の全学部入試が有効?

【スポンサードリンク】

法政大学は、ここ10年くらいで一気に学部の数を増やしてきて、多くの学生を擁する大学になってきました。それによって新しいビルを建てたりとやらないといけないことも多いようですが、それだけのマンモス大学になってきているのです。さて、その中でも女子学生に特に人気なのが国際文化学部です。ここは女子学生の比率が高いことでも有名で、文学部と同様に女子学生の方が男子学生よりも多いと思います。国際系の学部はどちらかというと、女子学生の人気が高いのです。そんな感じで、偏差値もそれなりに高いです。法政大学の中でも上の方ではないでしょうか?58、59くらいはあると思います。そのため、法政大学の入試の中でもそれなりの難易度だということは覚えて起きましょう。この国際文化学部は一般入試、全学部入試、センター利用など、いろいろな入試形態で受けられます。

 

やはり多いのは個別日程の一般入試になるでしょう。この一般入試が1番募集人数も多く、入るための間口は大きいですから。センター利用や全学部入試もあるので、それらを受けても構わないと思いますが、基本的には一般入試を中心に勉強していきましょう。国際文化学部の一般入試は、通常のオーソドックスな3科目になります。英語、国語、選択科目です。ただ、全学部入試のT日程と呼ばれているものは、2科目になるんですね。英語と国語または数学です。英語は必須ですが、文系の人は英語と国語の2科目で受験が可能ですから、選択科目が特に苦手という方はこちらの2科目受験のT日程を受験した方が有利ということもいえると思います。T日程は一般入試の個別日程よりも倍率が上がりやすいので、合格率という意味では下がるかもしれません。ただ、倍率上がったとしても、英語国語選択科目の3科目よりは、2科目の方が偏差値がかなり上がるような人の場合には、こっちの方が合格率が高い場合もあります。

 

例えば、英語55国語60選択科目50といった受験生の場合は、3科目で受けるよりも2科目で受けた方が確率が上がると思うんですよね。この受験生は3科目で偏差値55くらいだと思いますけど、英国の2科目だと偏差値57くらいあるんじゃないですか?だから、得意科目のみで勝負した方が倍率が上がって、最低合格点も上がったとしても、受かる可能性が上がるということもあるのです。したがって、国際文化学部を受験される方は、恐らくT日程も個別日程の一般入試も両方受けられるんじゃないか?と思いますから、英国が特に得意という方は両方受けてみると良いと思います。そして、センター利用に関してなんですが、国際文化学部は、85%くらいいるのかな?と思いましたが、どうやら国際文化学部はセンター利用はやっていないみたいですね。その他の学部は軒並みやっているみたいですけど。国際文化学部のセンター利用のボーダーを調べても、「2015年大学入試センター試験|合否判定基準一覧|私立大学」のページには法政大学の欄には国際文化学部はありません。結構人気学部なので、チャンスを増やしたい人は受けたかったかもしれませんけど。

 

一般入試で受験をされる方がほとんどでしょう。国際文化学部は、一般入試は2015年のデータになりますが、5.8倍とそこそこ高いですね。最低合格点も62%程度必要で酢~、結構難しいと思います。また、T日程の方はさらに難易度が高くて、倍率は驚異の14.8倍です。なかなか出ないですよ。この数字は。1人で日程関係なく何学部も出願できるので、募集人数に対して受験者数は増えやすいので、高くはなりますが、15倍近い数字は初めて見ました。最低合格点の割合も70%程度いりますから、これは厳しいでしょうね。英国が得意な人はT日程の方が望みが高い場合もありますが、この倍率は結構厳しそうです。ただ、今年も同じようになるか?は分かりませんけど。T日程は科目が2科目で良いというのは楽にも思えるかもしれません。軽量入試と揶揄されることもありますが、2科目の方が客観的に見て難易度が高いです。予備校の発表する偏差値も高くなる場合も多いですけど。2科目や全学部入試は、3科目入試や個別日程の入試よりも受かるのは難しいので、受かれば誇って良いと思います。英語と国語がかなり秀でていて、残りの選択科目よりも大分得意な人じゃないと厳しいかもしれませんけどね。

 

法政大学も一応MARCHですから、そう簡単には受かりませんが、一般入試と全学部入試が主に選べますけど、どちらもそれなりの難易度ですから、簡単には受からないということは知っておきましょう。ここに受かるには偏差値60くらい欲しいですが、50後半くらいであっても可能性はあると思うので、積極的に受けてみてください。そして、得意科目によっては全学部入試の2科目受験も有効ですから、選択肢に入れておいてくださいね。全学部入試は倍率も高いし、ボーダーも結構高くなると思いますけどね。法政大学も難しいですけど、なんとか勉強を頑張って合格してみてください。

 

 

 

あわせて読みたい記事