就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活で業界選びで絞り方、決め方がわからない場合にいくつに絞る?

【スポンサードリンク】

就職活動をするときに志望業界が決まっていないという方も非常に多くいると思います。業界は別に1つに絞らなくても良いと思います。私もあまり絞ってなかったですね。漠然と、マスコミとかが良いかな?なんて今思えば、相当高望みをしていたような気がします。業界はすでに決まっている人はそこを中心に回れば良いでしょうし、決まっていない方は、決めなくても良いと思うんですよね。決まっていないという方は、少なくとも現段階では、別にこれじゃないと困るとか、ここじゃないと働きたくないという業界は存在しないってことですよね。就職活動では、いろいろな業種を受けてはいけないみたいな風潮がありますが、別にそんなことはないと思いますよ。結局は、何かしらの軸があれば良いと思う。それが業界ならば、同じような業界を受けるということになるし、給料が高いところ、仕事が楽そうなところ、家から近いところ、職場の雰囲気が良さそうなところ、潰れなさそうなところ、仕事が面白そうなところなど、軸になっりそうなものはいくらでもあります。

 

1つでも、2つでも良いですが、何かしらの軸というか、自分が会社に求めるこだわりを見つけて、そこに当てはまるところを受けていけば良いと思います。そういう基準やこだわりが何1つないと、業界もそうですけど、そもそも受ける企業すら絞れません。業界は絞らなくて良いのです。志望業界がないというのであれば、仕事が面白そうなところという軸を持って、説明会などに出て、その中で本当に面白そうなところだけを受けていく。その結果、業種はバラバラというのでも構いません。業界を無理に絞る必要はないと思うのです。何が自分に向くか?なんて分かりませんからね。自分の希望した業界が、自分を必要としていない可能性もあれば、自分の希望した業界はイメージは良かったかもしれないが、入ってみて実態はイマイチだったとか、そういうギャップは存在します。何が自分が合うか?分からない。何を目指しているのか?自分ではまだ分からないからこそ、志望業種を絞れないでいるのでしょうし。そうなれば、そんなものを絞って就職活動をする必要はないと思います。

 

就職活動をしていく中で、ここが自分に合っているのかな?というのを見つけていけば良いと思うし、それが企業ごとに業界がバラバラでも良いのではないですか?会社に求めている条件やこだわりは人それぞれ違うのですから、何度も言いますが、無理に絞る必要は無いです。どうしてもある程度絞りたい方は、合同説明会などに出てみてはどうでしょうか?合同説明会は、いろいろな企業が一堂に会する場ですが、合同説明会に参加する企業は、多くが業種はバラバラです。統一されているケースもあるかもしれませんけど、基本的にはいろいろな業種が混じっていると思うので、その中に行けば、いろいろな業界の企業から話が聞けるはずです。できるだけ幅広い業界の企業の話を聞けば、意外と知らなかったこと、初めて聞いて興味を持てることなどがあるのではないでしょうか?それを踏まえて業界を絞っていけば良いと思いますけど、実際、いろいろなジャンルの企業から話を聞くと、どこもある程度は興味を喚起させてくれると思います。何気ない話が心に響いたりするデスよね。

 

私の例で言うと、マスコミ関係を当初希望していたと言っていましたが、そんな中で大学に企業の偉い人を呼んで講師として授業してくれる授業があったんです。それをとっていたのですが、そのとき物流業の会社の社長さんが来てくださっていて、その話を聞くと、結構物流についてもちょっと気になっている自分がいたのです。それまで物流なんて全く興味なかったのですが、自分で視野を狭くしていたせいで、恐らく選択肢の中にも入らなかったでしょうし、そういう業界への関心が全くなかったのですが、それをきっかけにして、ちょっとは興味が沸いてきたんですね。だから、合同説明会などを利用して、多方面の企業の話を聞いても、結局1つには絞るのは難しいのでは?と思います。だから、無理に絞らなくて良いと思うのです。絞る気なんかなくても良いと思うし、自分の感覚で良いと思った企業は片っ端から説明会に参加してみたりして、その中から自分に合っているところを無差別に受けていけば良いと思います。合同説明会がすでに終わっているという場合には、通常の会社説明会を、業界関係なく個別に何社も出てみれば良いと思います。絞り方云々以前に絞る必要性なんかないのでは?という話をさせていただきました。

 

これから就職活動をしていく学生は、いろいろな点において困難にぶつかると思います。例えば、エントリーシートや面接が代表例だと思います。エントリーシートがなかなか通らない、面接に受からないという悩みは誰もが持つと思います。これらに共通しているのは、どういうモノが評価されるのか?その基準が公表されていないので、分からないという点です。基準が分からないと、どうすれば通るのか?受かるのか?が見えてこないため、対策も大変でしょう。そこでオススメしたいのが以下の本になります。こちらは就職活動におけるエントリーシートや面接の合否基準、評価基準について解説してくれている本で、実際に人事を務めていた人間によって書かれたものです。だから、かなり参考になる部分が大きいと思います。エントリーシートや面接はどこを見られているのか?どうすれば通るのか?受かるのか?そのためのコツやアドバイスなどを学べます。就職活動も情報戦ですから、そういった情報を手にしている学生とそうじゃない学生では対策にも差が出て、結果にも差が出てくるはずです。Amazonでも毎年改訂版が出ていて評価が高いので、良かったら参考にしてもらえればと思います。本気で内定が欲しいと思っている就活生にとっては、内定を近づけるために欠かせない情報になるかと思いますし、こういうのを知らない学生も多くいるので、そういう人たちと差をつけるチャンスでもあります。

 

 

内定力2017 ?就活生が知っておきたい企業の「採用基準」?

内定力2017 ?就活生が知っておきたい企業の「採用基準」?

 

 

あわせて読みたい記事