就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

大学進学の授業料などの学費は誰が払うべき?親が払うのは当然?

【スポンサードリンク】

大学進学をする人間は非常に多いが、その費用を負担しているのは誰か?というと、親が多いのではないでしょうか?子供が負担しているケースもあるが、割合的には親が負担しているケースの方が多いと思う。親が負担できるケースとそうじゃないケースがあるはず。大学に行きたいと思っても、親が学費を負担できなければ、自分で捻出するか、諦めるしかない。ただ、その学費は親が出すのか?当然なのか?海外ではむしろ自分で出す方が多いということすら言われているが、どうなのでしょうかね?私は大学進学の必要性だと思います。学歴が生きていくうえで重要なのはあるし、特に生きていくうえでは仕事をしないといけない。その仕事をするうえでは学歴も重要です。大学生になれないことが仕事を探すときにどれだけ不利に働くか?そこで決まると思います。例えば、高校に進学する費用を負担できない家庭があったとする。高校に進学できなければ、中卒になってしまうから、それはかなり厳しい。

 

現実的に中卒という学歴では、まともな職を探すのは困難でしょう。そういう意味では、高校は最低限出ておかないと、人生に大きな影響があるといわざるを得ない。だから、高校への進学は義務教育ではないと言っても、現実的な側面から見た場合、私は学費を出す義務が親にはあると思う。親からしてみれば中卒の人間の人生がハードモードになることくらい容易に想像がつくだろう。だからこそ、自分の身を削ってても学費を捻出すべきじゃないか?と思う。では、大学はどうか?というと、高校への進学率と比べては大分低い。大学以外の短大、専門学校も同様かもしれないが、一応高校を卒業していれば、中卒と比べたら大分職が見つかる余地は大きい。中卒で就職できる人間がいないわけじゃないが、選べる余地が少ない。また、仕事以外の面でも影響は大きいと思う。間違いなく中卒と聞けば、周囲の印象はよくない。結婚などにおいても圧倒的に不利だと思う。高卒までいければ、今のところはそこまで悪くは思われない。今後、大学進学率が驚異的に上がれば、高卒の人間も今の中卒と同様の評価になるかもしれないが、今のところは中卒と高卒は雲泥の差があると思います。

 

結局、高校までは出ておかないと致命的なので、高校までは子供が進学できるように配慮すべき、またはそれが可能な人たちが子供を産むべきだという見方もできるでしょう。別に親でなくても、国が出してくれても良い。一方、大学は高校ほど出ておかないと致命的とは、現在のところは言えない。不利であることは確かな気はするが。そうなれば、大学進学の必要性は高校よりは乏しいと言えるため、大学進学の費用、そこでかかる授業料などを親が、または国が負担しないといけない理由がそれだけ減少することになりそう。それを踏まえたうえで、親や国が負担すべきか?という問題はほとんど個人の感想の域を出ないため、答えを決められる話ではないが、1つ言えるのは、こういった問題は親子間の溝にも発展するものだけに、やっぱり大学進学を諦めないといけない子供はそれだけ、劣等感を感じやすい。大学に進学しない子供の中にも進学しなかった場合とできなかった場合があるはずで、自力で学費を稼げないと進学できないような子供はやはり少数派になると思う。

 

だからといって、大学進学の費用を捻出できない親はおかしいのか?というと、それはまた別の問題だ。ただ、他人とどうも比較して生きることが多い日本人はそういう自分が劣っていると思える部分があれば、間違いなく気にするものです。それが自分のせいならばまだしも、自分のせいではない部分だから、尚更です。親が貧乏だからといって、子供の人生がうまくいかなくなるわけじゃないが、もしかしたらその比率は高いのかもしれない。親の収入や資産の格差は子供にはどうにもできないし、生まれた時点では問題なくても、その後何らかのアクシデントにより、貧乏に陥るかもしれない。親の方も子供が生まれてから20年足らず経つ間に劇的に状況が変わる可能性もあるから、どうしようもできない部分も間違いなくあるのだが、子供からしてみれば、だからといって自分に影響が出ないようにしてもらいたいという思いもあるかもしれない。何が当たり前で、当たり前じゃないか?その答えがはっきり出ているならば、そんなに問題にならないのかもしれないが、当たり前か?どうか決められない問題だからこそ、親子で意見が食い違う可能性が高くなる。大学進学の費用を親が出すべきか?どうかの問題については、正直どちらの言い分も理解できると思うので。やっぱり子供を産むってことは、自分自身の生き方で他者の人生を左右するってことだと思うし、子供からしてみれば、大人になれば大分変わるだろうが、少なくとも未成年の間は、親次第で自分の人生が大きく変わるというのはあるでしょう。それをそういうもんだと妥協してくれる子もいれば、それは言い訳だろうと反論されてしまう子もいるということです。本当に子供っていうのは、親目線からいうと、自分の思い通りにならないものだし、それは子供も親に対して思っている部分もあると思う。

 

 

あわせて読みたい記事