就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

大学受験の模試の判定は関係ない!当てにならい!気にしない方が良い

【スポンサードリンク】

大学受験を控えている受験生は、センター試験まで2ヶ月を切っているわけですが、受験んの先輩から言わせてもらうと、模試の判定はあてにならないです。それは良い意味でというよりは、悪い意味でかもしれないです。センター試験用のマーク模試はまだ良いと思うんですよ。こちらも模試の点数と本番の点数が違うということはよくあることですが、センター試験の場合は易化、難化というのがあるので、それはしょうがないです。ただ、目安にはなります。でも、記述模試ってあると思うんですよ。記述模試って、今もそうなのか?分からないですけど、特に国語と英語は結構記述量が多い印象なんですよね。ああいうのって、私立大学ではあまり出ないんです。国公立大学センター試験で足きりをするから、記述量が多くてもちゃんと採点できると思うんです。でも、私立大学は足きりがありませんから、受験生の受ける人数には制限がないため、記述量を多くしてしまうと、採点に時間がかかってしまうのです。

 

つまり、私立大学では記述問題も一応出るところは出ますが、あんなに多くないです。特に英語はそんなに記述問題は出ないですよ。和訳が1題、英作文が1題くらいじゃないでしょうか?少なくとも、模試で出るような長文を書かせるような問題は出づらいです。私立大学の場合、上位大学であっても、和訳は30文字くらいで収まるくらいのものが多いと思うのですが、模試だと60、70~100文字くらい埋めないといけないような問題が出たりします。あと、和訳じゃなくて、国語の現代文にありがちな「この〇〇(指示語)は何を指しているのか?」みたいな問題が私は解いた記憶があるんですけど、本番ではまず見ませんでした。赤本でもね。私立大学はほとんどがマークシートです。これは英語、国語、選択科目共通しています。記述も一部出ますが。ほんの一部である場合も多いし、全問マーク式という大学も珍しくないです。だから、皆さんがこれまで受けてきた記述模試は、国公立組のものであって、私立大学用のものではないのです。だから、その成績は真に受けない方が良いです。良い意味でも、悪い意味でも。

 

だから、マーク模試はある程度参考にしてもらって良いと思いますが、記述模試は、よくても油断してはいけないし、悪くても落ち込む必要ないかな?と思います。あまりあてにならないんじゃないか?と今更になって思います。そして、大切なのは赤本です。赤本を解けば、その大学、学部に特化した入試問題に触れられるので、模試よりもよっぽど参考になると思います。ただ、問題点としては配点が分からないんですよね。全問マーク式のところは、もしかしたら全問同じ配点かもしれませんが、記述が入るとそれはさすがにないだろうし、マーク式の部分でも配点が違う可能性があります。センター試験はそうですよね。文法や発音の問題は配点低くて、長文読解が配点高いですから。それと同じ傾向になっている可能性は高いです。だから、赤本を解いても、分かるのは正答率だけで、実際何点とれたのか?正確な点数は分かりません。でも、赤本を解けば、正解できている部分とそうじゃない部分が明白になるので、弱点が分かり、そこを今後突き詰めていけば、合格率が上がるのでは?という道しるべにはなると思います。

 

全体の正答率(正解した問題数/全ての問題数)もある程度目安にはなると思いますけどね。模試の成績や判定を気にしてもしょうがないですよ。だいたい、模試って、予備校によっても相性があります。今はもう模試はやってないんだっけ?私は代ゼミの模試は相性が悪かったですけど、河合塾の模試はまあまあ良かったと思います。あと、判定の基準になる偏差値がそれぞれの予備校で違います。だから、同じ偏差値をとっても、受けた模試が違うと、判定も異なる。2段階くらい違うってことは普通にあります。EがCになったり、BがDになったりは普通にあります。模試ごとに判定が異なるなんていうのはよくある話です。同じ大学、学部を書いているのに、それがどの模試を受けても、ずっと判定が一緒ということは通常はありえません。だから、判定なんてそんなもんですよ。そして、先ほど言ったように、私立大学を受けている人にとっては、あまり模試は参考にならないかもしれませんから。当日の入試問題の難易度が赤本で解いたときと変わることもあるし、傾向も変わる可能性があります。また、受験生が多かったり、少なかったりして、倍率も例年と変わる可能性があり、ボーダーもそれによって変動するでしょう。

 

いろいろな不確定要素が予想されるので、結局、本番の問題を解いてみないと始まりません。だから、A判定のところはともかくとして、B判定くらいが出ているのに、そこが軒並み落ちるとかも普通にあります。逆にD判定くらいが最高だけど、受けたら受かってしまったみたいなケースもたまにあります。判定とおりに入試結果が出る人もいれば、判定が全然当てにならなかったという人もいると思います。だから、模試の結果を受けて、志望校を変える必要はあまりないと思うし、好くなくとも1つ言いたいのはE判定しか出ていないとしても、第1志望は絶対に受けてください。そこがどんなに可能性低くても。私が高校生のときに、高校にきていた予備校の先生がいるんだけど、その人が「第1志望を受けないなんて、大学受験をする意味がない」って言っていたんですね。万が一ってこともあるから、絶対に受けた方が良いでしょう。第1志望以外の大学、学部については模試や赤本の結果を受けて、ちょっと再考しても良いかもしれないですけど、第1志望は絶対に受けましょう。第1志望を受けないって、最初からモチベーションがあまり高くないまま入試に突入するわけですからね。第1志望以外は、現実的に日程を考えても構いませんが、第1志望だけは、何度も言いますが、受けてください。落ちても構いません。第1志望に受かる人の方が少ないですから。そんなもんですよ。

 

センター試験を多くの人が受けると思うんですけど、もう全て模試を受け終わったという方、もっとたくさん練習したいという方は、以下のような直前問題集をやっても良いかもしれません。こちらはセンター試験の模試とほとんど同じですね。判定とかは出ませんが、本番を想定したセンター試験の問題集で、全科目が入っているので、最後の仕上げにやってみると良いと思います。私も受験生の頃やりました。それまでの模試では出なかった点数が出て自信がつきました。本番ではちょっと上手くいかない部分もありまあしたけど・・・(笑)だから、時間があるときにはセンター試験の過去問もやっているかと思いますけど、それの合間や過去問に載っている問題全部解き終わってしまったというときには、やってみると良いと思います。全国の受験生もこういったセンター試験直前パックを買っている方は多いですからね。

 

センター試験対策問題パック 2016 (河合塾シリーズ)

センター試験対策問題パック 2016 (河合塾シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事