就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

ランサーズのタスクはいくら稼げる?文章作成は稼ぎやすいと評判に!

【スポンサードリンク】

クラウドソーシングサイトとして有名な「 Lancers 」ですが、以前にも増してタスク業務が稼ぎやすくなっている気がします。このランサーズは、私もライティング(文章作成)の点において利用させてもらっていますが、高単価の案件が増えた気がします。タスクというのは、基本的に作業者制限がないもので、登録している人はほぼ誰できてしまうものが多いです。一部、本人確認とかをしないと参加できないものもありますが、それも容易くできてしまうので、本人確認などを済ましておくと良いかもしれませんね。より高単価な案件をやりたいのであれば、そういう手間をかけておくと良いかもしれません。で、最近思うのは、以前よりも単価の高い案件が増えたと思うことです。特に増えたのは800字324円や1000字432円です。常に存在するわけじゃないですけど、探すと見つかる可能性が高いです。何でこんなに中途半端な金額なのか?というと、消費税が含まれているからです。

 

つまり、本当は300円や400円での募集なんですが、消費税分が上乗せされているので、利用者にとっては本来貰える金額よりも、ちょっとだけ得になるということです。これは別に義務ではないので、消費税分を上乗せしていないケースもあります。ここからランサーズに手数料として2割ほどいくので、それぞれ260円、350円くらいが実際に貰える金額になります。ただ、私の場合ですけど800字であれば、1時間で8個くらいは書けます。10分あれば1記事書けるので。そうなると260×8ですから、時給は2000円くらいになります。やろうと思えばこれくらいは稼げると思います。これは私みたいに慣れている人間はこれくらいいけると思いますよ。でも、初めての人は、もっと時間がかかるかもしれないので、1時間あたりで書ける数も少ないかもしれません。ただ、与えられたテーマに沿って、たまに指定のキーワードなどもありますが、そういったところを守りながらやれば、ほとんど承認されます。だから、そういった高単価な案件を見つけたらすぐにやることが重要です。

 

すぐにやらなくても良いんですけどね。一応枠を確保してしまえば、2時間は作業ができるので、その間に書き終えれば良いので、枠を確保しておくことがまず大切です。タスクというのは、基本的に審査などもなく、先ほどいった作業者制限などもない場合には、誰でも参加できます。本人確認などを済ましておくと作業者制限があるような案件にも参加できますからね。時給2000円くらいはやろうと思えばいけると思います。それは慣れと高単価な案件を見つけるコツを学んでいかないといけませんけどね。見つけるコツとしてはライティング・ネーミングのページで、左の方に検索窓があるので、そこに800とか、1000とか入れて検索すると、800字や1000字の案件がざーっと出てきます。500とか600でも良いですけど、個人的に高単価が多いと感じるのは800や1000なんですよね。そういう検索をすると見つかりやすいですね。タスクは単純作業で、書けば書いただけもらえる金額が増えます。やりたい案件だけ選んで、やりたい数だけ参加して、稼ぎたい金額だけ稼げるのです。ライティングのタスクへの参加方法は簡単です。

 

登録をすると、上の方にメニューがあって、「仕事をさがす」にカーソルを合わせると、その下にまたメニューが表れて、「すべての仕事」の欄の上にカーソルを合わせると、「ライティング・ネーミング」があるはずです。そこをクリックすると、文章作成のページに移動できます。そして、左側の下の方にある方式指定のタブをクリックすると、コンペ、プロジェクト、タスクと選べますが、その中でタスクの欄にチェックを入れて検索すると、タスクのみの仕事が検索できるのです。コンペ形式の仕事はライティング(文章作成)の仕事ではほとんど募集されません。これは画像やロゴなどのデザインの仕事で主に使われている形式です。そして、プロジェクトというのは、1記事ずつではなく、10記事など、まとめて1人に依頼をして、その人に記事を書いてもらうというもので、これは始めたばかりの人はほとんど採用されないと思います。実績が必要なので、タスクで実績を積んでからの方が良いです。サンプル記事を書いてもらって採用されることもありますが、そもそもライティングのスキルがなければ、そのサンプル記事を書いてみても、依頼者の求めているスキルに達していない可能性もあるので、まずはタスク形式でライティングの仕事に慣れて、文章作成のスキルが自然に身につくのを待った方が良いと思います。

 

すると、プロジェクト形式の仕事も採用される確率が上がると思います。プロジェクトは1記事ずつではなくて、まとめて多くの記事を指定された期限までに書かないといけないので、そういう意味ではタスクの方が楽だと思いますよ。1記事ずつ好きな案件を選んで自由に書いていければ良いのですから。すでに紹介したように、上手く探せれば単価の高い案件もありますからね。ただ、テーマがそれぞれ違うので、書きやすいものが見つかるか?どうかはそのときに募集されている案件によります。人それぞれ書きやすいテーマ、得意ジャンルが違うと思いますから。無料で始められる仕事で、パソコンがあれば、どこでも仕事ができますし、24時間いつでも好きなときに参加できるという魅力もあります。そして、かけた時間によって、書ける記事数が増えますし、記事数が増えると、それだけ貰える金額も増えますから、稼ぎたい人はとにかく時間をかけまくれば、月収、5万、10万、15万と、どんどん比例的に増えていきますよ。どれだけ時間をかけるか?どれだけ稼ぎたいか?個人の希望によって労働量を調節できますからね。お小遣い稼ぎや副業としてやっている方も多いですし、本業にしている人もいます。良かったら参考にしてみてください。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい! 月10万円の小遣いを稼ぐ副業術 (しごとハンドブック)

サラリーマンよ「2つの財布」を持ちなさい! 月10万円の小遣いを稼ぐ副業術 (しごとハンドブック)

 

 

あわせて読みたい記事