就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

通信制大学は大卒資格、最終学歴になる!オススメはサイバー大学

【スポンサードリンク】

高卒と大卒だと、かなり人生が変わってくるということをひしひしと感じている方もいるかもしれません。先日テレビで放送していましたが、クビになったプロ野球選手でも、無事に就職できる人とそうじゃない人がいるらしいのです。その差は何か?っていうと、高卒か?大卒か?ということです。大卒の元選手は割と就職が決まりやすいということも言われていますが、高卒の選手はなかなか思うようにいかないというのもあります。例えば、皮肉なことに日本ハム斎藤佑樹投手は、高校時代あれだけ騒がれたのに、プロ野球に入ってほとんど活躍できていません。いつ戦力外通告を受けてもおかしくないです。ただ、彼の場合は早稲田大学を卒業しているので、もしクビになっても、その後の仕事という面においては非常に有利に働く可能性もあり、大学を出ておいてよかったと本人が思う瞬間があるかもしれません。そういう後ろ盾のようなものがある選手とない選手がいるということです。

 

それは一般の方にとっても同様で、高卒と大卒では入社するときに選べる会社の数や種類も違います。また、クビになったとき、リストラされたとき、会社が倒産したときに再就職を目指すときにも、高卒と大卒ではやはり大きな差が生まれるでしょう。採用してもらえる確率もそうだし、選べる会社、受けられる会社の数も違うと思います。そして、仕事だけじゃないですね。まだ独身の方も多いかもしれませんが、結婚相手を見つけるときにも、高卒の人はどうしても敬遠されがちなのです。大学進学率がかなり上がってきたので、大学に進学することが当たり前まではいかなくても、そういう人が多い時代になってきました。その中で高卒の人は、別に人間的に劣っているわけではありませんが、相手から見た場合、大卒の人の方がいいと思われてしまう可能性はあります。それは先ほど言った理由も含まれています。仕事を失ったときに再就職できる可能性が、やはり大卒の方が高いので、経済的な部分を考えたら、大卒の人を選んでおいた方が良いという結論になってしまうのです。後はイメージの問題もあるかもしれません。高卒と比べたら、大卒の方が印象がどうしても良い。有名大学でならば余計にですよ。そういった結婚においても高卒はちょっと不利になってしまう面もあるかもしれません。

 

短大や専門学校であっても、高卒よりはやはり見る目が変るのではないでしょうか?ただ、高卒として生きてきた人がいきなり大卒に変わるのは難しいのですが、現実的にとれる手段としては通信制大学に通うことです。通信制大学は働きながらでも通えます。そして、卒業をすればちゃんと学歴になります。大卒資格になるのです。通信制大学の場合、そんなに名が通ったところは少ないのですが、それでも高卒よりは全然違います。世間の見方、仕事や結婚において全然違った可能性が見えてきますから。通信制大学は、基本的に自宅などを通じて、パソコンで授業を受けて、試験も受けて単位を取得していきますから、働いている方でも利用可能なのです。仕事のない時間帯を利用して授業を受ければ良いので。キャンパスに通う手間がいらないのが大きいです。正社員として働いている人ももちろんですが、フリーターとして働いている方も大卒資格が手に入れば、正社員への就職の可能性もかなり広がるでしょう。正社員だって、クビやリストラになったときに大卒資格があれば、再就職先が見つかる可能性も変わりますから。

 

通信制大学といっても、いくつかあるのですが、特にオススメしたいのはサイバー大学です。ここはソフトバンクグループが経営している大学で、歴史はそこまで長くありませんが、すでに多くの卒業生が存在しています。ソフトバンクグループなので、授業を教えてくれる講師陣もかなり充実した人たちが用意されており、かなり恵まれた環境で学ぶことができます。特にIT総合学部は人気で、こちらはITについての授業が中心なので、IT企業などを今後受けることがあったときには、そこでの経験や学歴が有利に働く可能性もあります。普通の四年制大学で学ぶ内容は、多くの場合は民間企業で働くならばあまり役に立ちませんが、ITの授業であれば、これは一部の業界においては直接役に立つ可能性があるため、企業にとっても興味が沸く存在になるのではないでしょうか?そういう意味では、ここで学んだことが将来、別の仕事を探すとき、就職をするときなどに大いに貢献してくれる可能性を持っているのです。

 

また、学費を払うシステムがかなり充実しているのです。サイバー大学では、履修単位の数によって授業料が決まります。通常の大学では、履修する単位がいくつであっても、毎年同じだけの金額を納めないといけないはずですが、サイバー大学の場合には、単位が多ければ授業料も増えて、単位が少なければ授業料は減るという仕組みになっているので、卒業までの計画を無理なく立てられます。毎年同じだけの金額を請求されると、毎年たくさん授業を履修しないといけなくなりますが、そうであれば社会人やフリーターの人は通うのが難しいです。でも、そういう人たちが空いた時間のみを利用して授業を受けていくには、こういった制度が必要なのです。時間がそこまでとれないからこそ、履修する授業の数も多くないが、学費がそれだけかからなければ問題ないですから。その分卒業までには時間がかかりますが、サイバー大学は4年で卒業する人の方が少ないと思います。少しずつ毎年授業を受けて、単位を積み重ねて、長く時間がかかっても卒業が可能なのです。単位を落とさない限りは、4年で卒業しようが、8年かかろうが、支払う金額は一緒です。だから、忙しくてそんなに頻繁に授業を受けられない方でも十分卒業が可能なのです。これから働き始めるにあたって大卒資格が欲しいという方、すでに働いている方でも、最終学歴を大卒にしたいと思っている方には、1番手っ取り早い方法かもしれません。サイバー大学のホームページからは、無料の資料請求も可能なので、以上の話を聞いて、興味を持たれた方、もっとサイバー大学について詳しく知りたいという方は良かったら参考にしてみてください。

 

日本初!通学不要のネット大学

 

 

通信制大学で学ぼう

通信制大学で学ぼう

 

 

あわせて読みたい記事