就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

デブやハゲは笑いのネタにして良いのに、障害は不謹慎と言われる謎

【スポンサードリンク】

乙武洋匡さんが、自身のTwitterで、障害を笑いにしてはいけない風潮を疑問視するツイートを行っていた。障害の話題で言うと、以前このブログでも欠損女子というジャンルを紹介したが、そのときにもいわゆる不謹慎厨がいたことを指摘した。私は不謹慎しかいえない人間は、結局オレが気に入らないものはやるな。しかし、合理的な理由は説明できない。そういう態度だと思っている。そんな人たちをわざわざ相手にする必要もないと思うが。「乙武洋匡氏がトレンディエンジェルの薄毛ネタと障害者ネタの違いを指摘 - ライブドアニュース」の記事では、その詳細が載っている。

 

同日に開催された「M-1グランプリ2015」(テレビ朝日系)では、「2人ともハゲ」がトレードマークのトレンディエンジェルが優勝した。トレンディエンジェルの斎藤司は漫才冒頭、自分の頭頂部を指さしながら「めっちゃハゲで〜す」と言うなど、薄毛ネタで笑いを取っていた。

乙武Twitterで、トレンディエンジェルの薄毛ネタを「不謹慎」だと言う人がいないことを指摘。その上で「デブやハゲはOKで、障害がNGなのはなぜか」「話芸の巧みな障害芸人なら素直に笑えるのか」と、障害者をネタにすることを「不謹慎」と捉える世の風潮に対し、問題提起をしていた。

 

確かに何でなんですかね?デブやハゲも同様に気にしている人はたくさんいるだろう。かといって、それをネタに笑いをとるなと言うつもりはない。障害も同様だろうか?本人がそれで笑いをとりたいとか、商売をしたいとか、そんなものは彼らの自由としかない言いようがない。それを不謹慎という人がいるのも事実だ。先ほども紹介した「不謹慎厨」という言葉が出回ったのは、東日本大震災のときだ。この頃は、被害に遭ったのは東北と関東地方の一部だったが、何だか日本全体が葬式ムードだった。そして、何かそういうムードで生きない人を不謹慎だと連呼する風潮があった気がする。例えば、震災発生から間もない時期に、例えばレジャーに出かけたりすると、(こんなに苦しんでいる人がたくさんいるのに)遊びに出かけるとは不謹慎だ!というような具合に、ここまで酷い同調圧力は見たことがないくらいに、不謹慎厨が沸いていたと思う。私は完全に当時は無視していたが、大学の卒業式が中止になるなど、めでたいことをしてはいけないという風潮が蔓延していて、これは異常だと思った。

 

で、これの何が問題か?っていうと、不謹慎!不謹慎!叫んで一体何の意味があるのか?ということ。誰のためになっているのか?ということ。当時、不謹慎厨を一蹴するような発言も度々飛び出していて、例えば、レジャーなどに出かける人がいなくなれば、日本経済が回らなくなり、東北の復興も進まなくなる。だから、そういう人間はいてくれないと困るんだというような反論もしばしば見た気がする。まあ、どう考えてもこっちの方が正しいと思うよ。不謹慎叫ぶ連中は結局被災者の気持ちを考えていないでしょう。彼らの行為はただの自己満足であり、誰のためにもなっていない。むしろ、レジャーとかを楽しめない人が増えているのは、私たちのせい?と申し訳ない気持ちにさせるだけだろう。そんなことも4年前にはあったわけで、不謹慎を連呼する人間はどうもそういう目で見てしまう。不謹慎なんて言葉は、基本的に主観で決まるものである。また、不謹慎というというのは、それ自体に何らかの正当性が担保されている言葉でもない。不謹慎だったら何がいけないのか?という問題があるし、不謹慎だから悪いという図式は成り立たない。それらは全く別個である。不謹慎という言葉は非常に便利だ。まるで誰かを庇うような表現に聞こえる言葉だから。だが、その実態は、基本的には自己満足に終始するケースが多い気がする。

 

デブやハゲは笑いのネタにしてもOKだが、障害はダメだという理屈は、感情論以外の理由がほぼないだろうから、やっても良いと積極的に言うのは難しいかもしれないが、やってはいけないという明確な理由を提示するのも難しい。個人的な意見を述べると、勝手にしてくれとしか思えない。私はこの問題に特に感情がない。少なくとも自分の障害をネタにしているならば、それはその人の自由だろとしか思えない。乙武さんはしばしばユーザーからのジョークにも笑って対応している感じだが、目指すところは、結局「障害」ていうのを特別扱いしてほしくないってところじゃなんじゃないか?だから、デブやハゲと同じように扱ってほしいと思っているのだと思います。不謹慎という言葉自体が、そもそも障がい者である乙武さんを苦しめているのならば、それ自体が、障害をネタにすることを不謹慎呼ばわりすることのおかしさを証明する1つの根拠にもなるかな?と思います。

 

自分を愛する力 (講談社現代新書)

自分を愛する力 (講談社現代新書)

 

 

あわせて読みたい記事